【中日新聞杯2022】出走馬・予想オッズ・枠順/伏兵の健闘目立つ

中日新聞杯2021 ショウナンバルディ

中日新聞杯2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。中日新聞杯は2022年12月10日に中京競馬場で行われる中距離G3戦。2022年で第58回を迎え、昨年はショウナンバルディが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

伏兵の健闘目立つ

2022年12月10日(土) | 6回中京3日 | 15:35 発走
第58回 中日新聞杯(GIII)芝・左 2000m
Chunichi Shimbun Hai (G3)

スポンサーリンク

2022年・中日新聞杯の出走予定馬たち

中日新聞杯の枠順決定!(12月9日)

中日新聞杯2022 枠順

2022年・中日新聞杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではプログノーシスが3枠6番、マテンロウレオは8枠16番、キラーアビリティは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2022年・中日新聞杯の追い切り・コメントをチェック!
中日新聞杯2022の追い切り・コメントの記事です。中日新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(12月8日)

ホープフルステークス2021 キラーアビリティ

2022年の中日新聞杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アイコンテーラー(菱田裕二)
  • アスクワイルドモア(岩田望来)
  • アルジャンナ(角田大和)
  • イクスプロージョン(和田竜二)
  • カントル(D.イーガン)
  • ギベオン(西村淳也)
  • キラーアビリティ(団野大成)
  • コトブキテティス(今村聖奈
  • ソフトフルート(酒井学)
  • ダンディズム(富田暁)
  • トゥーフェイス(M.デムーロ)
  • バジオウ(岩田康誠)
  • ハヤヤッコ(浜中俊)
  • フォワードアゲン(江田照男)
  • プリマヴィスタ(坂井瑠星)
  • プログノーシス(藤岡佑介)
  • マテンロウレオ(横山典弘)
  • ワンダフルタウン(幸英明)
関連記事
武豊騎手は香港で騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/4・2/5)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
阪神ジュベナイルフィリーズは2022年12月11日に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦。阪神JFは2022年で第74回を迎え、昨年はサークルオブライフが制した。阪神ジュベナイルフィリーズの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

プログノーシス

中京競馬場で行われるG3「中日新聞杯」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

プログノーシス(Prognosis)

プログノーシス・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ヴェルダ
母父:Observatory
主な勝鞍:2022年・京橋ステークス
馬名の由来:予知(ギリシャ語)

前走のカシオペアステークスで連勝が止まってしまったが、休み明けの影響か道中で力むなどこの馬らしさが出し切れなかったのが痛かった。
ここらのクラスに収まる器ではないはずだ。

マテンロウレオ(Matenro Leo)

マテンロウレオ・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:サラトガヴィーナス
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2022年・きさらぎ賞
馬名の由来:摩天楼+星座の名

春のG1戦線では苦戦したものの、ひと夏を超えて一気に成長。
前走のアンドロメダステークスではムキになる面を見せず、直線で弾けてみせた。
まだまだ成長中ながら、きさらぎ賞以来の重賞制覇も十分あり得る。

キラーアビリティ(Killer Ability)

キラーアビリティ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:キラーグレイシス
母父:Congaree
主な勝鞍:2021年・ホープフルステークス
馬名の由来:素晴らしい能力、才能。母名、一族名より連想

2021年のホープフルステークス勝ち馬が久々に中距離戦に戻ってくる。
止まった時間を再び動かせ。

ギベオン(Gibeon)

ギベオン・7歳牡馬
父:ディープインパクト
母:コンテスティッド
母父:Ghostzapper
主な勝鞍:2021年・金鯱賞
馬名の由来:ナミビアで発見された隕石の名で、発見場所の名

中京コースを得意としており、2018年の中日新聞杯の勝ち馬。
人気が無くてもこのコースでは軽視禁物。

カントル(Cantor)

カントル・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2022年・佐渡ステークス
馬名の由来:歌手(ラテン語)

前走のアルゼンチン共和国杯では積極的にレースを進めて4着と健闘。
全4勝中3勝を挙げている芝2000mなら更なる前進も。

トゥーフェイス(To Face)

トゥーフェイス・4歳牡馬
父:モーリス
母:マスクオフ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2022年・江の島ステークス
馬名の由来:立ち向かう

全15戦中14戦で4着以内と安定した成績。
重賞初挑戦でどんな走りを見せてくれるか。

中日新聞杯は2022年12月10日(土)の15時35分発走予定です。

中日新聞杯2022の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2022年・中日新聞杯の予想オッズはこのように予想しています。
古馬重賞初挑戦となるプログノーシスが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. プログノーシス(2.5)
  2. マテンロウレオ(3.5)
  3. キラーアビリティ(5.5)
  4. アスクワイルドモア(8.0)
  5. イクスプロージョン(16.0)
  6. ハヤヤッコ(20.5)
  7. ソフトフルート(22.0)
  8. トゥーフェイス(26.5)
  9. ギベオン(30.0)
  10. バジオウ(31.5)
  11. カントル(33.0)
  12. ワンダフルタウン(44.0)
  13. プリマヴィスタ(☆)
  14. フォワードアゲン(☆)
  15. アイコンテーラー(☆)
  16. アルジャンナ(☆)
  17. ダンディズム(☆)
  18. コトブキテティス(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

中日新聞杯2022の日程・賞金

中日新聞杯

中日新聞杯2020 ボッケリーニ

日程・発走予定時刻
2022年12月10日(土)15時35分発走予定

場所・距離
中京競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
4,300万円

中日新聞杯・プレイバック

中日新聞杯2021 ショウナンバルディ

2021年・中日新聞杯(GIII)

1着:ショウナンバルディ
2着:アフリカンゴールド(1/2馬身)
3着:シゲルピンクダイヤ(クビ)
4着:ボッケリーニ(1/2馬身)
5着:キングオブコージ(クビ)

勝ちタイム:1.59.8
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

動画・全着順をチェック!
中日新聞杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の中日新聞杯の着順は1着:ショウナンバルディ、2着:アフリカンゴールド、3着:シゲルピンクダイヤとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

中日新聞杯2021 ショウナンバルディ

レース後のコメント
1着 ショウナンバルディ(岩田康誠騎手)
「素直にうれしかったです。しぶとい馬で、内枠(2番)を生かして逃げることを考えていました。自分のペースで行けたらと思っていたのですが、素晴らしい走りをしてくれました」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
朝日杯フューチュリティステークスは2022年12月18日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2022年で第74回を迎え、昨年はドウデュースが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
有馬記念は2022年12月25日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2022年で第67回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。