【AJCC 2024】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

AJCC 2024 追い切り

アメリカジョッキークラブカップ2024追い切り・コメントの記事です。AJCCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2024年1月21日(日) | 1回中山7日 | 15:45 発走
第65回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)芝・右 2200m
American Jockey Club Cup (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・アメリカジョッキークラブカップの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
アメリカジョッキークラブカップは2024年1月21日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2024年で第65回を迎え、昨年はノースブリッジが優勝した。AJCCの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも東海ステークスが開催される。
東海ステークスは2024年1月21日に京都競馬場で行われる年始初のダート重賞。東海Sは2024年で第41回を迎え、昨年はプロミストウォリアが優勝した。東海ステークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

アメリカジョッキークラブカップ2024の追い切りをチェック!

AJCC 2024 追い切り

アメリカジョッキークラブカップに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
東海ステークス2024の追い切り・コメントの記事です。東海Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アドマイヤハレー

前走・最終追い切り(迎春ステークス・1着)
美浦・ウッド・良
5F 68.0-52.6-37.6-11.6(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 84.8-67.8-52.7-38.0-11.9(馬なり)

宮田調教師
「チークピーシーズを着用してから覚醒。メンバー的に強気なことは言えないが、ジョッキー(田辺)はこの馬のことを分かってくれているので」
「馬体はフレッシュ。2走前から着用したチークが効いている」
カラテ

前走・最終追い切り(宝塚記念・16着)
栗東・坂路・良
800m 54.0-39.1-25.4-12.5(馬なり)

辻野調教師
「上がってきてからの息づかいも良かったですし、いい状態。この馬のことを一番知っている(菅原明)騎手ですからね。出たなりのポジションでいかにリラックスできるか」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.8-38.9-24.8-12.1(馬なり)

辻野調教師
「過去の休み明けの中で、反応は一番良かったです。間隔は空いていますが、力は出せると思います。暑い時期よりも寒い時期の方が良くて、今は冬毛も生えておらず、毛づやがいいです。若々しさもあります」
「間隔は空いたが、態勢は整った。距離がどうか」
クロミナンス

前走・最終追い切り(ノベンバーステークス・1着)
美浦・坂路・良
800m 51.7-37.5-24.9-12.2(強め)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 65.6-50.5-36.3-11.4(G前仕掛け)

尾関調教師
「下のクラスを走っていたときにどこまでいくのかと期待していた馬がようやく重賞に出られます。中山金杯の除外は早めに想定し、ここを目標に順調にやってきました」
「今週は単走でいい動き。まだ底を見せていないし、馬体も成長して伸びが出ているので距離も大丈夫。GⅡの別定戦でどこまでやれるか」
サンストックトン

前走・最終追い切り(ディセンバーステークス・8着)
美浦・ウッド・稍重
5F 67.8-52.5-37.8-11.9(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 87.0-70.0-54.4-39.1-12.0(馬なり)
ウインカーネリアン(馬なり)の内0.6秒追走・同入

鹿戸調教師
「ここ2戦は展開が向かなかったし、前走は不利もあった。中山金杯を除外された影響もないし、相手は強くなるけど、流れひとつでもう少しやれていい」
「中山金杯を除外になったが、本数を乗れた。変わらず元気」
ショウナンバシット

前走・最終追い切り(ジャパンカップ・11着)
栗東・坂路・良
800m 52.1-37.6-24.6-12.4(強め)

須貝調教師
「坂路で及第点の時計が出ているし動きは悪くない。使うたびに馬は良くなっている。(前走は)詰まる場面がありながら、そこまで負けていないから。大いなる挑戦です」

榎本助手
「輸送に不安がある馬だが落ち着いていたし、今のところ普段と変わらず過ごせている。使いつつ徐々に良くなってきている。凄いメンバー相手だが、2400メートルがダメというわけではないので」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 86.3-69.3-53.5-38.2-11.6(馬なり)
ブエナオンダ(馬なり)の外0.8秒先行・同入

須貝調教師
「けさはもう追わず。状態は徐々に良くなっている。やれるチャンスはあると思うけど、それにしても人気がないねえ」
「状態は徐々に良化。中山もいいし、チャンスはあると思う」
シルブロン

前走・最終追い切り(ステイヤーズステークス・7着)
美浦・ウッド・良
5F 66.7-52.3-38.2-11.6(強め)

稲垣調教師
「この馬にしてはいつもより反応が良かった。息の入りもいいし、力を出せる雰囲気になっている。切れるというよりは長くいい脚を使うタイプ。中山はいい」

最終追い切り
美浦・坂路・良(調教師)
800m 52.1-38.2-24.8-12.3(一杯)

稲垣調教師
「調子は上がってきています。しまいの反応や脚取りも良く、態勢は整いました」
「気持ちを高める意味で坂路で。しまいの反応も時計も良かった」
チャックネイト

前走・最終追い切り(アルゼンチン共和国杯・3着)
美浦・ウッド・良
5F 66.3-51.2-36.2-11.4(馬なり)

モレイラ騎手
「性格を確かめるために乗りました。息遣い、元気の良さを含めて、仕上がりは完璧だと思います」

堀調教師
「在厩続戦で息はできているし、ギアの入りが良くなっている。牡馬にしてはカイ食いは細いが、落ち着きが出てきて、晩成型がいろいろとはまってきた感じがする」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 82.8-66.5-51.7-36.7-11.6(馬なり)
サトノオラシオン(強め)の内0.2秒追走・0.2秒先着

堀調教師
「この馬とすれば心身がまとまっているし、体も維持できている。去勢効果が出てきたし、使い減りするタイプなので、狙ってレースを使った方が精度も上がる。週末は雨予報。前々走で道悪を経験している点も心強い」
「12月20日に帰厩。この馬とすれば心身がまとまっているし、体も維持している。今週の追い切りではしまいが甘くなったので前走に引き続きレースではブリンカーを着用する。ここにきて去勢効果が出てきたし、使い減りするタイプなのでレースを狙った使い方のほうが精度も上がるはず。週末は雨予報なので前々走で道悪を経験している点も心強い」
ホウオウリアリティ

前走・最終追い切り(アンドロメダステークス・6着)
美浦・坂路・良
800m 53.9-39.2-25.8-12.4(強め)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 83.6-67.2-52.5-37.9-11.6(G前仕掛け)
ワープスピード(一杯)の内0.9秒追走・0.6秒先着

高木調教師
「(東京開幕週の)白富士Sも考えたが、中山のこの条件は合うので前倒し。暑さに弱いのでこの時季はいいね」
「仕上がりは問題ない。雨予報は歓迎」
ボッケリーニ

前走・最終追い切り(チャレンジカップ・2着)
栗東・坂路・良
800m 53.4-39.5-25.1-12.3(馬なり)

池江調教師
「先週CWで長めからしっかり。今朝はモレイラに馬の雰囲気を確かめてもらいました。前走は今までにないぐらい、いい状態でしたが、使って良くなっている」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 86.1-69.4-53.8-37.9-11.6(直強め)

兼武助手
「1週前追い切りはハードな調教をして動きに素軽さが出てきました。今朝はしまい重点でしたが、1週前追い切りでしっかり負荷をかけたことでしっかり反応して動きも軽かったです。前走はイメージしていたより道中は後ろになってしまったけど、直線でスペースが空いてからはいい反応を見せてくれました。間隔を空けつつ使っているので非常にフレッシュです。間隔をうまいこと空けて元気な状態を維持できるようにしていることが功を奏しています」

岩崎助手
「先週、今週と追ってだいぶ体も軽くなってきた。仕上がりはいい感じ。輸送もあるのでけさは前半をゆったりと。しまいの反応、動きとも良かった。前走はモレイラ騎手が内からうまく伸ばしてくれた。今度は乗り慣れた浜中騎手だし、中山のタフな馬場も合いそう」

マイネルウィルトス

前走・最終追い切り(ステイヤーズステークス・3着)
栗東・坂路・良
800m 54.4-39.3-25.0-12.0(馬なり)

宮調教師
「先週の段階で仕上がっている。初の距離なのでやってみないと分からないが、脚質とレース内容から大丈夫だと思う」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.0-38.4-24.5-12.1(馬なり)

宮調教師
「すごく良かったです。ここまでしっかりと追ってきているのでそこまで強くは追いませんでしたが、時計も動きも良かった。前走も内容は悪くなかったんですけどね。あと一歩。どんな流れでも崩れることなく走ってくれる。それがこの馬のいいところ。雨は歓迎。どれだけ降ってくれてもいい」
モリアーナ

前走・最終追い切り(秋華賞・5着)
美浦・ウッド・稍重
6F 82.6-67.0-51.5-36.6-11.4(馬なり)

武藤調教師
「先週の時点である程度仕上がっていたので、今日は単走で息を整えながら折り合いをつける感じ。少しタイムが速いくらいですが、それだけ具合がいいという感じですね」
「紫苑Sは届きそうもないような位置から、馬群を割ってあっぱれなパフォーマンスだった。相手は強いけどチャンスをものにしたい」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
7F 93.2-64.7-51.0-37.4-12.0(馬なり)

武藤調教師
「行っちゃったな~(と苦笑い)。この中間は気持ちが乗っているから、単走で仕上げてきたんだけど…。今回も焦点は折り合い。状態はいつにも増して抜群にいいし、とにかく折り合って運べさえすれば」
「【20日のコメント】一番時計の影響を引きずっていないのは良かったね。(18日測った時は)487キロ。ちょっと増える感じで出せそうかな。急きょホーステーピングでケアをしたけどやった前と後で反応が違うし、効果は出ているね。(当日については)元気よく走るから(カギは)序盤だよね。折り合い良く行ければ決め手は使ってくれるし、この頭数だから後ろからでも折り合えばチャンスはあるはずだよ。ここまで5戦連続で稍重馬場だからね。NHKマイルC(6着)の時は限りなく重馬場に近い稍重で内の荒れたところからあそこまで来ているわけだし、紫苑Sでも(レース)レコード(タイ)で勝っているわけだからいいんじゃないかな。今の中山は時計は早いしね。もう〝稍重女〟だよ」
ラーグルフ

前走・最終追い切り(札幌記念・8着)
函館・ウッド・重
5F 68.6-53.4-38.7-12.7(一杯)

玉舎助手
「思ったより早く(併せた)ナランフレグに離されてしまいましたが、動き自体は先週より良くなっているので悲観はしていない。順調に来ていますよ」
「能力が高い馬なので強い相手にどこまでやれるか楽しみ」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 84.5-68.0-52.4-38.1-12.2(馬なり)
トロピカルライト(強め)の内0.5秒追走・同入

宗像調教師
「グッとハミを取るところがあり、やれば伸びる感じだったので状態はいいと思う。(週末の雨予報については)札幌記念があの結果ですからね。馬場はいい方がいいと思う」
「重め感はそれほどない。寒い時季は活気があるし、この舞台も合う」
「体調が整わず、中間は間隔が空いたが、ここにきて順調に乗り込んできたし、今週も馬なりながら余裕十分の動き。距離が1ハロン延びるとはいえ、中山は得意としているし、ひっかかるタイプではないので問題ないでしょう。長くいい脚を使える強みを生かして頑張ってほしい」

2024年・アメリカジョッキークラブカップの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 アメリカジョッキークラブカップ|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・アメリカジョッキークラブカップの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は東海ステークスでスマッシングハーツに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(3/2・3/3)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
シルクロードステークスは2024年1月28日に京都競馬場で行われる短距離重賞。シルクロードSは2024年で第29回を迎え、昨年はナムラクレアが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
東京新聞杯は2024年2月4日に東京競馬場で行われるマイル重賞。東京新聞杯は2024年で第74回を迎え、昨年はウインカーネリアンが優勝した。東京新聞杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。