【東海ステークス2021】結果・動画/オーヴェルニュが3連勝で重賞初V

東海ステークス2021 オーヴェルニュ

東海ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の東海ステークスの着順は1着:オーヴェルニュ、2着:アナザートゥルース、3着:メモリーコウとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の東海ステークスはオーヴェルニュが3連勝で重賞初V

2021年1月24日(日) | 1回中京8日 | 15:35 発走
第38回 東海ステークス(GII)ダート・左 1800m
Tokai Stakes (G2)

スポンサーリンク

2021年・東海ステークスの動画

関連記事
昨年の東海ステークスはエアアルマスが制していた。
東海ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の東海ステークスの着順は1着:エアアルマス、2着:ヴェンジェンス、3着:インティとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・東海ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:オーヴェルニュ
2着:アナザートゥルース(1-3/4馬身)
3着:メモリーコウ(ハナ)
4着:デュードヴァン(クビ)
5着:グレートタイム(1-1/4馬身)
6着:ハヤヤッコ
7着:ケイアイパープル
8着:タイキフェルヴール
9着:ダノンスプレンダー
10着:コマビショウ
11着:テーオーフォース
12着:インティ
13着:ムイトオブリガード
14着:ダイシンインディー
15着:ロードアクシス

勝ちタイム:1.49.2
優勝騎手:川田将雅
馬場:不良

関連記事
G1・フェブラリーステークスをにぎわす馬は?
フェブラリーステークスは2021年2月21日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2021年で第38回を迎え、昨年はモズアスコットが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

東海ステークス2021 オーヴェルニュ

1着 オーヴェルニュ(川田将雅騎手)
「騎乗は久しぶりですが、最近いいレースをしていたので、どういう変化があるのか楽しみにしていました。流れが速かったのですが、それでも手応え良く追走できていたので、我慢させるよりも先のことを考えずに勝ちに行って、ああいう形になりました。(この日の馬場では)どうしても前の方で競馬をしないと苦しくなると思います。(久々に乗ってみて)大きな変化はなかったですが、もともとの能力は高い馬です。条件が上がった方が、ペースの面で楽に運べると思います」

(西村真幸調教師)
「行く馬はいて前も止まらないので、それを見ながら好位から運ぶのが良いだろうという競馬で作戦通りでした。雨が降っても不安はありませんでした。兄のヴォージュも含めて晩成ですね。以前川田騎手が乗ってから感じていた我慢させるという課題をクリアしてきました。ここ2戦折り合いをつけて終いを伸ばすような競馬をしたことで、川田騎手の乗り方が合ったのでしょう。最近は輸送しても体重が減らなくなりました」

2着 アナザートゥルース(松山弘平騎手)
「スタート良く、勝ち馬を見ながらいい形で運べました。最後苦しくなってからもうひと踏ん張りして根性を見せてくれました」

(高木登調教師)
「外枠もよかったので、揉まれないようにという感じでした。前が行ってくれたので良いペースで運べました。4コーナーで手応えが怪しいかと思いましたが、そこからまたしぶとく頑張ってくれました。今後は賞金も加算できたので様子を見て交流も含めて考えたいと思います」

3着 メモリーコウ(古川吉洋騎手)
「展開も出来も良かった。内にうまく潜り込めて、ソツなく運べた。できれば賞金を加算したかったけど、ホントに良く頑張ったね」

4着 デュードヴァン(幸英明騎手)
「しまいを生かして良く伸びてくれましたが、展開に左右されますね。能力はあります」

5着 グレートタイム(福永祐一騎手)
「やりたい競馬ができて、よく頑張った。メンコ(覆面)を外したり、(2走前からつけている)ブリンカーも効果がある。残り100メートルの踏ん張りだけなんですが…。いい方向には向かっています」

6着 ハヤヤッコ(田辺裕信騎手)
「流れが速くて、この馬にとって今日の馬場は不運でした。最後もいい脚は使ってくれていますが、道中忙しかったですね」

7着 ケイアイパープル(中井裕二騎手)
「頭が上がりません。ホントによく頑張ってくれました。ゲートをしっかり決めて、インティを見ながら理想の形で運べました。勝ち馬に強い競馬をされましたが、久々でよく踏ん張ってくれて人馬ともに自信になりました」

8着 タイキフェルヴール(内田博幸騎手)
「前走でガス抜きができて、ゲート内でも暴れずスタートを出ました。中団につけられて、人気馬を見ながら運べましたが、3角で手応えがなくなりました。結果的に内で我慢してた方が良かったのかも知れませんが、馬場も馬場でしたからね。能力は高いし、力のいる馬場で仕切り直しですね」

10着 コマビショウ(松若風馬騎手)
「流れが速くて前が止まりませんでした。最後はこの馬なりに脚を使ってくれているんですが」

11着 テーオーフォース(国分恭介騎手)
「(手綱を)持つところがなく、脚がたまりませんでした。流れが速すぎました」

12着 インティ(武豊騎手)
「展開が厳しかった。1~2角で内から競られてリズムに乗れなかった。3角でも早めに来られたけど、それにしても止まりすぎ。波があるね」

(野中賢二調教師)
「さすがにあの展開では…。逃げ馬は難しいなあ。この後、状態に問題がなければ、フェブラリーステークスへ行きたいが…」

13着 ムイトオブリガード(北村友一騎手)
「ここを使って良くなれば」

14着 ダイシンインディー(岩田望来騎手)
「自分の競馬ができませんでした」

15着 ロードアクシス(和田竜二騎手)
「左回りが初めてで、コーナーを曲がれませんでした」

勝ち馬プロフィール

東海ステークス2021 オーヴェルニュ

オーヴェルニュ(Auvergne)牡5/鹿毛 西村 真幸(栗東)
父:スマートファルコン 母:ギュイエンヌ 母父:タニノギムレット
馬名の由来:フランスの地方名