【AJCC 2023】結果・動画/ノースブリッジが一気に抜け出す

AJCC 2023 ノースブリッジ

アメリカジョッキークラブカップ2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年のAJCCの着順は1着:ノースブリッジ、2着:エヒト、3着:ユーバーレーベンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2023年のAJCCはノースブリッジが一気に抜け出す

2023年1月22日(日) | 1回中山8日 | 15:45 発走
第64回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)芝・右・外 2200m
American Jockey Club Cup (G2)

スポンサーリンク

2023年・アメリカジョッキークラブカップの動画

関連記事
昨年のアメリカジョッキークラブカップはキングオブコージが制していた。
アメリカジョッキークラブカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のAJCCの着順は1着:キングオブコージ、2着:マイネルファンロン、3着:ボッケリーニとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2023年・アメリカジョッキークラブカップの結果

スポンサーリンク

1着:ノースブリッジ
2着:エヒト(3/4馬身)
3着:ユーバーレーベン(3/4馬身)
4着:ラーゴム(3/4馬身)
5着:ガイアフォース(3/4馬身)
6着:スタッドリー
7着:アリストテレス
8着:バビット
9着:レインカルナティオ
10着:ブラックマジック
11着:エピファニー
12着:レッドガラン
13着:シャムロックヒル
14着:オウケンムーン

勝ちタイム:2;13.5
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

関連記事
G1・大阪杯をにぎわす馬は?
大阪杯は2023年4月2日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2023年で第67回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はポタジェが制した。大阪杯の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

AJCC 2023 ノースブリッジ

1着 ノースブリッジ(岩田康誠騎手)
「本当に厩舎であり、奥村武先生であり、この馬に対してずっと滞在(在厩)することをやってきて、結果が出たのは本当によかったです。(前走の)去年の天皇賞・秋(11着)は敗因はありましたけど、心機一転、2023年にアメリカJCCで勝利できたのは、この馬にとって一歩踏み出して、G1に届くようになれるレースだったと思います。(レースは)なだめながら、本当に中山の2200メートルというすごい難関なコースで向こう正面から動きがあったなか、この馬自身が冷静でいたからこそ、ラスト3ハロンで自分の進路を見いだしてファイトしてくれたと思います。本当に奥村厩舎にお世話になっているので、恩返しするのが自分の使命。G1の舞台に行って、勝利できる騎乗であり、パフォーマンスを見せたい」

2着 エヒト(田中勝春騎手)
「前走はハミを取って走ったが、今回はフワフワして追走に手間取った。最後は伸びているし、安定してきた。賞金は稼いだが、勝ってもっと大きなお年玉が欲しかった」

3着 ユーバーレーベン(M.デムーロ騎手)
「頑張っていましたが、気持ちの問題のようです。ペースがゆっくりで手応えが良さそうに思えて行かせると止まってしまいます。最後の直線でフワッとしましたが、エヒトが来たらまた伸びました」

4着 ラーゴム(T.バシュロ騎手)
「前回よりいい競馬はできた。スタートは遅かったが、ちょっと難しいところがあるので馬のリズムを重視して行かせました。ただ、右に張るようなところがあったので左回りの方がいいと思う」

5着 ガイアフォース(C.ルメール騎手)
「休み明けということもあり速い脚が使えなかった。大きい馬ですし、次にはいい脚を使えると思う」

6着 スタッドリー(坂井瑠星騎手)
「馬の状態はすごく良さそうでしたし、取りたいポジションは取れました。一気にメンバーが強くなったことを考えれば頑張っていたと思います」

7着 アリストテレス(横山和生騎手)
「前回乗った(武)豊さんからも話を聞いていましたし、最近は道中で力みがあったようなのでそこを取るようにしました。しまいまで諦めずに頑張って走っていましたし、次に希望がもてる走りでした」

8着 バビット(浜田多実雄調教師)
「内に行く馬がいたから2番手からの競馬になったが、ハナに行かなくても十分折り合えていました。荒れた馬場が影響したかな。もう少しきれいな馬場なら」

9着 レインカルナティオ(石川裕紀人騎手)
「スムーズならそこまで差はないだろうと思っていましたが・・・。ペースに戸惑っていたところがありました」

10着 ブラックマジック(三浦皇成騎手)
「行く馬が多かったので自分のリズムに専念していきました。今日ぐらい我慢して折り合えれば能力を出せると思います」

11着 エピファニー(戸崎圭太騎手)
「距離が延びて重賞でどうかと思ったが、課題の折り合いは問題なかった。その点では成長を感じた。ただ、まだ背腰の甘さなどが残っている。重賞で戦うにはさらに成長してほしい」

12着 レッドガラン(田辺裕信騎手)
「イメージと違ってついて行けませんでした」

13着 シャムロックヒル(藤懸貴志騎手)
「自分の競馬はできました。枠が枠ですし、メンバーも強かった。55キロで勝った時とは条件は違いましたからね。でも最後まで頑張ってくれました」

14着 オウケンムーン(岩戸孝樹調教師)
「最近の中ではポジションを取れていたと思います。勝負どころで走りが上に高くなるような感じだったのは休み明けの影響でしょうね。ブランクが長かったので1回使って良くなってくれるんじゃないかなと思います」

勝ち馬プロフィール

AJCC 2023 ノースブリッジ

ノースブリッジ(North Bridge)牡5/鹿毛 奥村 武(美浦)
父:モーリス 母:アメージングムーン 母父:アドマイヤムーン
馬名の由来:北+橋。人名より

関連記事
ノースブリッジは2022年のエプソムカップ勝ち馬
エプソムカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のエプソムカップの着順は1着:ノースブリッジ、2着:ガロアクリーク、3着:ダーリントンホールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。