【安田記念2024】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

安田記念2024 追い切り

安田記念2024の追い切り・コメントの記事です。安田記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2024年6月2日(日) | 3回東京2日 | 15:40 発走
第74回 安田記念(GI)芝・左 1600m
Yasuda Kinen (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・安田記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
安田記念は2024年6月2日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2024年で第74回を迎え、昨年はソングラインが制した。安田記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも鳴尾記念が開催される。
鳴尾記念2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。鳴尾記念は2024年6月1日に京都競馬場で行われる中距離G3戦。2024年で第77回を迎え、昨年はボッケリーニが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

安田記念2024の追い切りをチェック!

安田記念2024 追い切り

安田記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
鳴尾記念2024の追い切り・コメントの記事です。鳴尾記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
スポンサーリンク

ウインカーネリアン

前走・最終追い切り(高松宮記念・4着)
美浦・ウッド・良
6F 84.7-68.5-53.2-38.4-11.5(馬なり)

鹿戸調教師
「前走(東京新聞杯2着)後は短期放牧をはさんで、毎週2本ずつしっかりと追い切りをやってきた。先週、きつい稽古をやったので、きょうは単走で気持ちよく走らせた。今回は初めての1200メートルでゲートの出が鍵になるが、何とか大きなところを取らせたい」

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(三浦皇)
6F 78.8-64.6-50.8-36.4-11.2(馬なり)

鹿戸調教師
「予定より時計は遅かったけど、1週前なのでちょうどいい。雰囲気も良くなっている」
「前走は初めての1200メートル戦だったけど、スピード負けはしなかったし、いい競馬ができた。今回はマイル戦に戻るけど、いいと思うよ。昨年はドバイ遠征後だっただけに今年の方が調整はしやすいし、ハナにはこだわりません」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(三浦皇)
6F 85.3-68.7-53.0-37.9-11.7(馬なり)

三浦騎手
「単走ですがしっかりと負荷のかかった追い切りができました。放牧から帰ってきてからも雰囲気がとてもよく、いつも以上にいい調整過程を歩めていると思います。(今週末の雨予報については)そこまで気にしていないです。今の東京は馬場がいいので、田んぼのような馬場でなければこなしてくれると思います」

鹿戸調教師
「先週しっかりやっているので、(今週は)リズム良く走らせた。状態はいいです」

6枠11番について
千島助手
「枠なりの競馬で、周りを見ながらいけるかな。絶対にハナって感じではないし、あとはジョッキーの判断に任せます。年のわりに馬も若いし、ブリンカーを着けてから、メリハリをつけて競馬ができている」

ヴォイッジバブル

最終追い切り
東京・芝・良(助手)
5F 71.0-54.8-39.6-12.4(馬なり)

ラウ助手
「今日は速い追い切りではなく、緩めのスピードでギャロップをしました。うまく手前を替えることができましたし、上りの後にまた右手前に替えたりなどスムーズにできていて、うまくいったと思います。(シャティンにいた時と比べて)特に変わることもなく、どちらかというと健康面もコンディションも全て良くなっていると思います。明日の朝はゆっくりとしたキャンターをするだけです」
7枠15番について
イウ調教師
「(13着の)ドバイ・ターフは最内枠で他の馬に塞がれてしまい厳しかった。真ん中から外がいいと思っていたので、満足しています」

エアロロノア

前走・最終追い切り(マイラーズカップ・4着)
栗東・坂路・良
800m 51.3-37.4-24.2-12.2(一杯)

笹田調教師
「去勢した効果で馬っ気が解消し、集中して走れるようになった。今朝は前を目標にして力強い動き。久々でも態勢は整った」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.3-37.9-24.7-12.3(一杯)
カッコヨカ(一杯)を0.6秒追走・0.4秒先着

笹田調教師
「1週前なのである程度負荷をかけました。上積みはありますね。前走は期待以上に走ってくれました。去勢効果で素軽くなっていましたね」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.0-38.2-24.5-12.1(強め)
カッコヨカ(末強め)を0.8秒追走・0.2秒先着

笹田調教師
「ひと叩きして走りが軽くなった。上積みも見込める。(去勢明け2戦目で)余分なものが落ちて重苦しさがなくなった。筋肉もしっかり付いた」
4枠8番について
笹田調教師
「出たなりで対応できる自在性があるし、枠はどこでも問題ない。乗り方はジョッキーに任せます」

エルトンバローズ

前走・最終追い切り(チャンピオンズマイル・8着)
海外遠征

1週前追い切り
東京・ダート・良(西村淳)
6F 84.2-67.8-52.4-37.2-11.8(強め)

杉山晴調教師
「しっかりと追い切ったのが香港以来ということで少しモタモタしていましたが、これでスイッチが入ると思います」

最終追い切り
東京・芝・良(西村淳)
6F 84.0-67.5-52.2-37.0-11.7(馬なり)

杉山晴調教師
「このひと追いで競馬までにちょうど良くなると思います。単走で集中力を途切れさせないためにブリンカーを着けて調教しました。競馬に向けてゾーンに入ってきたと思います」
8枠16番について
杉山晴調教師
「どこかで内に潜り込みたい。追うごとに状態は良くなっている。輸送がないのはいいし、舞台も問題ない」

ガイアフォース

前走・最終追い切り(フェブラリーステークス・2着)
栗東・坂路・良
800m 52.9-37.6-23.6-11.7(馬なり)

杉山晴調教師
「15-14ぐらいで入り、しまいだけさっと反応を見たが、思った以上の反応だった。いい調子だと思う。(ダート初挑戦については)もちろん、やってみないと分からないが、マイルは合うし、中団から長くいい脚を使うイメージで」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(長岡禎)
800m 52.4-38.3-24.1-11.8(一杯)
イクスプロージョン(一杯)を0.9秒追走・0.6秒先着

長岡騎手
「状態は上向いていると思います。今週しっかりとやったので、これで良くなってくれれば」

杉山晴調教師
「1週前は併せ馬で気持ちを上げていく指示。反応も良かった。前走後、骨りゅうで一頓挫はあったけど、いい状態で臨めそう。芝、ダート問わず、東京マイルは走りやすい条件。昨年も強い相手に差のないレースをしている」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(長岡禎)
800m 53.0-38.3-25.0-12.5(馬なり)

長岡騎手
「リズム良くいって、先週からさらに良くなっていると感じました。今回は休養明けからの調整ですが、いい状態で臨めると思います」

杉山晴調教師
「左前脚の骨りゅうが出てレース間隔は空きましたが、仕上がりには満足しています。東京のような広いコースがいい。ビッグタイトルを取れるよう頑張っていきます」

小川助手
「当週はサラっとでしたが、形的には間に合ったね。態勢は整いました」

1枠2番について
杉山晴調教師
「枠なりにジョッキーが考えて乗ってくれると思うが、どこかで外に出したい。追い切り後も変わりなく、順調です。雨が降っても影響はないと思うし、東京マイルは走りやすい条件です」

カテドラル

前走・最終追い切り(大阪杯・9着)
栗東・坂路・不良
800m 53.3-38.5-24.9-12.3(馬なり)

池添調教師
「年齢的に大きな上積みはないですけど、順調に来ています。今年は冬場が暖かかったせいか、毛ヅヤもいいですね。硬さも見られません」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(斎藤新)
800m 53.3-38.3-25.2-12.3(末強め)

斎藤騎手
「しまいを動かしました。これで来週にやれば仕上がると思います。以前に比べて力みが取れ、リラックスして走れていました。具合はいいと思います」

池添調教師
「1週前追い切りは気合をつける程度。暖かい時季になって硬さがなくなったのがいい。久々のマイルだけど、G1でペースも流れて競馬もしやすい。中距離に使って道中の掛かる面もなくなったので、スタートを決めてほしい」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.7-38.8-24.7-12.1(馬なり)

池添調教師
「予定通りの調整です。この年齢になっても馬が若い。ここ最近、中距離を使ってきて乗りやすくなっています。しまいを生かす競馬でどこまで」
1枠1番について
池添調教師
「この枠ならロスなく運べる。出たなりの位置で脚をためたい。いつもの感じで予定通りの調整ができている。ベテランで輸送は慣れているし、馬体重もちょうどいいと思う」

コレペティトール

前走・最終追い切り(マイラーズカップ・8着)
栗東・坂路・良
800m 52.2-37.9-25.0-12.7(一杯)

中竹調教師
「いい動きだった。一杯にやって良くなっている。前走のようなレースができたのは収穫。ここへきて成長を感じるし、広いワンターンのコースもいい。あとは差し馬なので、開幕週の馬場がどうかだけ」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.6-38.0-24.7-12.3(強め)

柴田助手
「サッとやりました。しまいまでしっかり動けて、余力もありました。順調だし、落ち着いていますよ。まだ4歳ですしね。東京マイルでも大丈夫だと思うし、いい脚を持っていますから」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.2-38.4-25.4-12.7(一杯)

中竹調教師
「今日もしっかりと追った。体も動きも良くなっている。前走より動ける状態。あとは岩田康騎手に任せるだけ」
7枠14番について
中竹調教師
「枠は気にしていない。レースは(岩田)康誠に任せる。しまいを生かす競馬になると思うよ。輸送もあるので体が増えているのもいい。いい体つきを維持している」

ジオグリフ

前走・最終追い切り(大阪杯・5着)
栗東・CW・不良
6F 82.0-66.5-52.5-37.9-11.5(引張りきり)

太田助手
「課題を修正できるように取り組んできました。先週よりもフットワークの質、馬の雰囲気は上がっています」

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(北村宏)
7F 98.1-66.8-52.0-37.4-11.1(馬なり)
ガルサブランカ(強め)の内0.2秒追走・同入

太田助手
「張りつやは悪くない。緩さは残っているが、まだ1週前なので状態を上げていければ」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
6F 84.1-67.4-52.5-37.9-11.6(馬なり)
アトリウムチャペル(馬なり)の内0.4秒追走・同入

木村調教師
「いつも通りの追い切りで順調にきています。より集中力をコンパクトにしてあげたかったので、距離を詰めた方がいいかもとオーナーに相談しました」
2枠4番について
木村調教師
「決められたところで頑張りたい」

ステラヴェローチェ

前走・最終追い切り(大阪杯・4着)
栗東・坂路・不良
800m 55.2-38.7-24.7-12.3(末強め)

須貝調教師
「いいね。この馬場でしまいは動いてくれました。オーバーワークになり過ぎたくなかったので、こういう馬場でかえって良かったかも」

1週前追い切り
栗東・CW・良(横山典)
7F 93.0-63.5-50.3-36.7-12.0(馬なり)

須貝調教師
「ジョッキーに任せていた。跳びが大きいから乗っていてもそんなに速く感じないんだろうね。最後流す感じでもこの時計だから十分。来週サラッとやれば整うと思う。東京のマイルは合っていると思う。脚元のこともあって使っていない分、馬が若いね」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.7-38.5-24.9-12.3(馬なり)

須貝調教師
「先週があの時計なので今日は調整程度で、理想的な時計だった。ブランクが長い分、使い込んでないので馬が若いのは確か。何とか復活Vを」

山田助手
「先週しっかり負荷をかけているので、これで十分。いい状態で出せそうだ」

7枠13番について
須貝調教師
「真ん中あたりの枠でここなら許容範囲。脚元も順調だし、相手は強くなるけど、力があるからね」

セリフォス

前走・最終追い切り(マイラーズカップ・2着)
栗東・坂路・良
800m 52.7-37.4-24.2-12.2(馬なり)

中内田調教師
「先週の動きと大きくは変わってないが、休み明け感は否めない。次は安田記念があるので、そこを見据えての仕上げ。ここを使ってさらに良くなればと思う」

1週前追い切り
栗東・CW・良(川田将)
7F 95.1-64.6-50.7-35.9-11.2(馬なり)
エスコーラ(馬なり)の内0.5秒追走・同入

川田騎手
「1週前なので今日しっかりやり、ここから1週間しっかり回復に努めて、いい状態で東京に運べるように、と考えての追い切りでした。また来週どういう雰囲気になるか、厩舎全体で確認していくということですね」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(調教師)
800m 56.9-40.4-26.2-12.7(馬なり)

中内田調教師
「先週の追い切りをメインと考えて、サラッと体調を維持する調整程度にとどめて、フレッシュな感じでレースを迎えるようにしました。古馬になってからは調整が思うようにいかない時もありましたけど、今回は非常にいい状態と言い切れる感じです」

三上助手
「(輸送の)道中はおとなしかったですね。具合は前走より良くなっています。活気が出て体にも張りが出てきており、1回使っての変化が見て取れます。ダイワメジャー産駒の型にはまらないとみていて、この時期が成長期でも不思議じゃないですね。自分の分と(ロマンチックウォリアーに敗れた)プログノーシスの2頭分を背負っているので敵討ちです」

8枠17番について
福永助手
「与えられた枠で全力を尽くします。休み明けの前走より雰囲気が凄く良くなって、調子を上げています。折り合いや精神面の難しさを見せることなく、レベルの高い走りを見せてくれれば」

ソウルラッシュ

前走・最終追い切り(マイラーズカップ・1着)
栗東・CW・良
6F 82.6-66.1-51.0-36.4-10.9(一杯)

池江調教師
「加速力がある。ソラも使わず、最後までしっかり伸びていて、かなり動いていますね。牧場でもしっかり乗り込んでいるので、レースを使っているときと変わりない感じ。安田記念に向けていいレースができればと思うが、結果も求めたい。1着で安田記念に向かいたい」

1週前追い切り
栗東・CW・良(水口優)
6F 81.5-65.6-50.3-35.9-10.9(一杯)
スペクトログラム(一杯)の内0.5秒追走・0.8秒先着

水口騎手
「もともと動く馬ではあるけど、以前に比べて切れが増している感じがします」

池江調教師
「集中してしまいまで動けていました。はじけるような走り。キレッキレだったね。状態に関しては去年の春よりだいぶいいです。馬が前向きになってきているのかな。普通はズブくなってくるんだけどね」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.1-38.4-25.0-12.1(馬なり)

池江調教師
「先週である程度仕上がって、あまり強い負荷は必要ないので坂路でやりました。動きも上がりの息の入りも良かったですよ。たたき良化型で上積みはあります。何とかG1を勝たせて種牡馬にしてあげたい」

岩崎助手
「53秒台くらいでという指示でした。やり過ぎず、やらな過ぎずで良かったと思います。いい仕上がりですよ。反応もいいですし、息遣いもいい。集中して走れていました。走りも軽いですね。去年は動きがもうひとつでしたが、今回のほうがハツラツとしています。馬場は渋ってくれたほうがいいですね。リベンジできそうな状態ですし、頑張ってほしいです」

橋口助手
「元気いっぱいで輸送もおとなしいですし、何も心配していないです。前走(マイラーズC1着)も具合は良かったですし、いい結果を残してGⅠを迎えられて良かったです。雨が降ればなお良いですね」

5枠10番について
兼武助手
「偶数でちょうどいいところ。仕上がりに関しては言うことがない。あとは運ですね。速い時計にも対応できているし、最近の追い切りでは切れが増している。重馬場にも実績があるし、雨は歓迎」

ダノンスコーピオン

前走・最終追い切り(京王杯スプリングカップ・4着)
栗東・坂路・稍重
800m 52.1-37.6-24.5-12.2(馬なり)

福永調教師
「そんなにやるつもりはなかったけど時計は出たね。息の入りが良く、状態はいい」

1週前追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 57.6-42.1-27.2-13.4(馬なり)

田中助手
「前走後に美浦滞在するのは予定通り。1週前は3Fからペースを上げていき、最後1Fを伸ばす程度。中2週になるので微調整程度にしています。落ち着いているし、状態もいいですね」

最終追い切り
美浦・坂路・良(調教師)
6F 85.1-69.1-53.6-38.4-10.8(馬なり)

福永調教師
「時計も体調もいいが、(前走時は)躍動感がいまひとつで動きの質を上げたいと思っていました。一度使われて動きのクオリティーを確かめるためにもまたがったが、動きの質が上がっていて驚いたよ。期待以上でした。(レースに向けて)このままピークまでいけそうですね。もたれることもなかったですし。まだまだやれるんじゃないかな…」
8枠18番について
岩本助手
「いいんじゃないですか。勝った時も外枠でしたしね。なにも気にならないです。(美浦のスタッフから)具合はいいと聞いていますし、香港遠征などで環境の変化には慣れています。あとは戸崎さんに任せるだけです」

ドーブネ

前走・最終追い切り(中山記念・2着)
栗東・CW・稍重
6F 83.2-67.2-52.3-37.4-11.8(強め)

武幸調教師
「順調にきている。状態は変わらない。とにかく馬場が悪いと前走みたいにだめ。週末だけでも晴れてほしい」

1週前追い切り
栗東・CW・良(菱田裕)
6F 77.9-63.4-50.1-36.8-12.0(末強め)

武幸調教師
「いい調教だったと思います。久々にリフレッシュで放牧に出していたので、立ち上げた時は太かったんですけど、週を追うごとに良くなっています」

最終追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
6F 81.6-66.2-51.8-37.2-12.0(強め)

武幸調教師
「ここを目標に戻して仕上げてきた。先週はジョッキー(菱田)を乗せてしっかりとやった。今週は想定より速くなったけど、順調と思ってもらって大丈夫です」
3枠6番について
武幸調教師
「決まった枠でベストを尽くします。輸送で減るけどプラスで出走できそう。1カ月ほど乗り込んで体は太く見えない。昨年のキャピタルSで勝っている舞台だし、距離もマイルぐらいの方がいいと思う」

ナミュール

前走・最終追い切り(ヴィクトリアマイル・8着)
栗東・坂路・稍重
800m 54.0-39.1-24.8-12.0(末強め)

高野調教師
「時計は求めずに、バランス良く、リズム良く行かせて、最後少しだけ加速する時間を作るというイメージでやりました。リズム良く動けていましたし、終わった後の表情、歩様も良かったです。成績的にも、ここは勝ち負けに持ち込まないといけない立場というのは自覚しています。今の状況なら、しっかりと走って、いい結果が出ると思います」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 56.0-40.7-25.5-11.9(馬なり)

高野調教師
「時計は出すつもりはなかったので少し速いかなと思いますが、指示通り(手綱を)抱えて上がってこれました。ラップを見てもためが利くラップで、無理もしていないので。馬の状態がフレッシュでその分、少し速くなっただけだと思います。ゲートをしっかり出て、スムーズに走らせたい。ゲートが鍵になると思います」

平川助手
「輸送はだいぶスムーズに来たね。前走と比べて追い切りの動き自体は良くなっているかもしれないかな。いつも一緒でイレ込んだりはしないからね。見た目には分からないけど疲れはなさそうだよ」

3枠5番について
高野調教師
「決まった枠で頑張ります。(中2週でも)状態はかなりいいと思います。再度の長距離輸送ですがカイバをしっかりと食べて体も10キロ増えているのはいい。あとはジョッキーに任せます」

パラレルヴィジョン

前走・最終追い切り(ダービー卿チャレンジトロフィー・1着)
美浦・ウッド・稍重
5F 65.9-50.9-36.5-11.4(馬なり)

戸崎騎手
「凄く乗りやすくて動きも良かったと思う。パワーがあるので荒れた馬場も大丈夫じゃないか」

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 66.8-51.8-37.6-11.8(馬なり)
リーゼノアール(一杯)の内0.3秒追走・0.2秒先着

国枝調教師
「ひと息入ったが、体調の波がないタイプ。特に問題なく、順調に来ているよ。いい意味でとらえどころのない馬だが、ダートを含めてマイルは3戦3勝だからね。前が引っ張ってくれて、うまくしまいの良さを生かせるようなら」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
5F 68.3-52.4-37.4-11.4(馬なり)
エリカリーシャン(強め)の内0.2秒追走・0.2秒先着

国枝調教師
「先週もしっかりやって体的には十分仕上がっている感じだったので、前の馬を追いかけてしまい重点。ちょっと早めに抜け出しちゃったけど、しっかり動けたのではないかと思います」
「雨予報だが、できれば良馬場がいい。馬場が悪くてもこなしてくれると思うけど…」
5枠9番について
国枝調教師
「いいよ。大丈夫じゃないかな。ルメさんだしね。追い切り後も順調。何も問題ない」

フィアスプライド

前走・最終追い切り(ヴィクトリアマイル・2着)
美浦・ウッド・稍重
5F 66.9-51.6-36.8-11.1(馬なり)

国枝調教師
「今日もいい動き。1600メートルで東京なので、脚をためてしまいを生かせれば」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
6F 83.9-67.7-52.9-38.0-11.8(馬なり)
シャンドゥレール(馬なり)の内0.3秒追走・同入

国枝調教師
「前走後も特に大きなダメージはなく、様子を見ながら実質今日の1本で。スムーズにいい追い切りができました」
「条件がそろえば前走くらい走れる。力は十分あるので牡馬相手でどうかだけ。使われるたびに良化し、6歳でも崩れることなく安定しているのは強み。乗り替わる坂井騎手も以前に乗ったことがあるし、前走と同じ舞台だから」
6枠12番について
国枝調教師
「あまり気にしていないよ。外めの方がいいかもしれない。雨で内(の馬場)が悪くなるようなら。カイバ食いは大丈夫。落ち着きがあるからね。イライラしていなくていい」

レッドモンレーヴ

前走・最終追い切り(京王杯スプリングカップ・2着)
美浦・ウッド・稍重
5F 69.3-53.6-38.0-11.0(G前仕掛け)

横山和騎手
「前走で気難しさを出したので今日は競馬らしく直線で外に出して、抜けてからもしつこく馬に対してプッシュした。今までの調教と変えてみたのがどう出るかですが、今日の時点では競馬まで心配だな、という感じはない」

1週前追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 53.8-39.3-26.0-13.0(馬なり)
オールアイズオン(強め)に0.3秒先行・同入

蛯名調教師
「中2週のレース間隔になるが1度使った分、良くなっている。昨秋のような気難しい面も見せていないし、しまいの切れを生かしたい」

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(野中悠)
800m 55.3-39.7-25.4-12.4(馬なり)
オールアイズオン(馬なり)に0.4秒先行・0.1秒先着

蛯名正調教師
「先週末にWコース(5F 69.8-54.5-39.8-12.6・馬なり)でやって出来上がっているので、機嫌良くリズム重視でバリバリやる必要はない。体がしっかりしてきたし、末脚は昨年より磨きがかかってきた。体がしっかりしてきたし、末脚は昨年より磨きがかかってきた」

津曲助手
「中2週だがダメージも見られず元気いっぱい。メンタル面も前向きで、気難しいところも出していません。前走(京王杯SC2着)は敗れはしたものの内容は良かった。昨年より時計も上がりも速かったし、しまいの伸びは際立っていましたから。あれなら1ハロン延長も不安はないし、昨年(6着)以上の結果を」

2枠3番について
蛯名正調教師
「どこでも。先行するタイプでもないので。順調にきている」

ロマンチックウォリアー

最終追い切り
東京・芝・良(マクドナルド)
6F 75.7-60.8-47.3-34.3-11.5(馬なり)
ロマンチックチャーム(強め)の外0.4秒追走・0.8秒先着

マクドナルド騎手
「乗った感触が良く、前走からの疲れを全く感じさせません。ここ最近では一番の状態です」

シャム調教師
「大変健康状態が良く、ハッピーな状態です。この環境をエンジョイしているようです」

4枠7番について
シャム調教師
「ラッキー7ですから、オーナー、ジョッキーともども喜んでいます。(作戦については)スタートの速い馬だし、ポジションに不安はない。コース取りはジョッキーに任せます。ジェームズ(マクドナルド騎手)は本番までにレースをいくつか乗るし、見極めてくれると思う」

2024年・安田記念の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 安田記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・安田記念の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はナミュールに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/22・6/23)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
函館スプリントステークスは2024年6月9日に函館競馬場で行われるサマースプリントシリーズ初戦。函館SSは2024年で第31回を迎え、昨年はキミワクイーンが優勝した。函館スプリントSの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
宝塚記念は2024年6月23日に京都競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2024年で第65回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。