【安田記念2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

安田記念2020 追い切り

安田記念2020の追い切り・コメントの記事です。安田記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年6月7日(日) | 3回東京2日 | 15:40 発走
第70回 安田記念(GI)芝・左 1600m
Yasuda Kinen (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・安田記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
安田記念は2020年6月7日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2020年で第70回を迎える。昨年はインディチャンプが接戦を制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも鳴尾記念が開催される。
鳴尾記念2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年の鳴尾記念の出走予定馬にはサトノルークスやパフォーマプロミスなどが名を連ねています。鳴尾は阪神競馬場の前身、鳴尾競馬場に由来されているとのこと。歴史に名を刻むのはどの馬か。
スポンサーリンク

安田記念2020の追い切りをチェック!

安田記念2020 追い切り

安田記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
鳴尾記念2020の追い切り・コメントの記事です。鳴尾記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アーモンドアイ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 70.6-55.1-40.6-12.9(馬也)

国枝調教師
「しまいだけサラッと。レース間隔も詰まっているのでこれで十分。最終追い切りはルメール騎手に乗ってもらう予定だ」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 66.5-51.8-37.9-12.4(馬也)
外・サトノラディウス(強め)を5Fで0秒4追走・1F併せで0秒4先着

ルメール騎手
「(状態は)良さそうです。今朝はいい追い切りをしました。いつも通りな感じ。彼女は心身ともに充実しています。フットワーク、息とか全部良かった」

国枝調教師
「中2週でも、ヴィクトリアマイルが楽な勝ち方だったので反動はない。まったく懸念材料はない」

アドマイヤマーズ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 78.6-64.5-50.6-37.4-12.1(一杯)
内・アンコールプリュ(一杯)に6Fで0秒8先行・1F併せで0秒4先着
外・トリコロールブルー(一杯)を6Fで0秒4追走・1F併せで0秒7先着

友道調教師
「折り合いが付いて、追ってからも伸びた。休み明けでも動ける馬だし、太め感もありません。(2週連続で騎乗した)ジョッキー(川田)は“切れないけど、長く脚を使えますね”と。それが分かってもらえて良かったです」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 80.7-64.7-49.8-36.1-11.5(馬也)

友道調教師
「休み明けを感じさせないくらい、いい感じに仕上がった。背が高くなり、体もひと回り大きくなった。長く使えるいい脚と勝負根性を生かしたい」
インディチャンプ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.7-37.9-25.0-13.0(一杯)
内・ブラックスピネル(一杯)と併せで0秒3先着

音無調教師
「いい動きでした。前走(マイラーズC1着)はアーモンドアイほどのインパクトこそなかったけど、強い内容だったね。今が完成形だと思うし、東京マイルも合うので」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.6-37.4-24.7-12.7(一杯)
外・アメリカズカップ(一杯)と併せで0秒3先着

音無調教師
「去年の安田記念より、いい状態になっていると思う。相手が強いから、それを意識した仕上げです」
クルーガー

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.9-38.8-25.1-12.2(一杯)
外・センテリュオ(一杯)と併せで0秒2先着

高野調教師
「順調だし、8歳という年齢を感じさせません。ただ、今の東京は時計が速いので、雨乞いしています。土砂降りがいいですね」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.6-37.8-24.4-12.0(一杯)

高野調教師
「いい反応で走れていたと思います。疲労を残さず、フレッシュな状態でこられました」
グランアレグリア

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.0-52.0-38.2-12.3(馬也)
外・ランフォザローゼス(仕掛)を5Fで1秒8追走・1F併せで併入

藤沢和調教師
「順調だよ。ただ今回はアーモンドアイが強いけどな(笑い)。ただウチだって桜花賞馬だし、レースに行けば一生懸命に走る。東京マイルに替わるのもいいと思うから」

最終追い切り
美浦・南W・良
6F 80.0-64.7-51.0-37.7-12.7(馬也)

藤沢和調教師
「順調にきています。気のいい馬で調教は走るので、今日もオーバーワークにならないように。前走で増えていたが、今回も少し増える感じになると思います。東京は広い競馬場だし、直線も長い。牝馬のレースでG1を勝たせてもらっていますが、牡馬相手でも勝てるように期待しています」
ケイアイノーテック

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 56.4-40.7-26.2-12.8(馬也)

佐々木助手
「前走は勝負どころの反応が良くなっていたし、チーク効果がありました。状態は上向き」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.6-38.0-24.4-11.8(一杯)

平田調教師
「京王杯SC(6着)から中2週。先週も時計を出したから軽くていいと思っていたが、全体的に速い馬場だったのでそれなりに出た。具合はいい。ようやく噛み合ってきた」
セイウンコウセイ

1週前追い切り
美浦・坂路・良
800m 58.0-42.3-28.4-14.0(馬也)

最終追い切り
美浦・坂路・良
5F 68.5-54.3-39.9-12.3(馬也)

上原調教師
「今回は1600メートル。ソフトな感じで仕上げたが、直線は1ハロン11秒台が出ているし、変わらず状態はいいですね。前走は久々の1400メートルも問題なかったし、直線で他馬にワーッとこられても盛り返していたので、1600メートルへの挑戦を決めました。馬も大人になってきている。以前はかわされると、嫌気が差していたので、距離の融通が出てきている」
ダノンキングリー

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.6-52.3-39.1-12.1(一杯)
外・リングアベル(一杯)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入

戸崎騎手
「どんな感じか楽しみだったけど、またがった感じ、ひと回り大きくなっているし、昨秋(毎日王冠1着)と比べて成長を感じる。精神面もやんちゃなところはあるにしても、全体的にドッシリしてきた。来週が楽しみ」

萩原調教師
「いい動きだった。中間も特に変わったところはない。前走(大阪杯3着)もいい競馬だったし、東京マイルは悪くない条件」

最終追い切り
美浦・南W・良
6F 81.0-65.0-50.3-37.2-12.2(仕掛)
外・ノームコア(強め)を5Fで1秒追走・1F併せで0秒6先着

萩原調教師
「反応が良かった。前走の2000メートルよりも1600メートルの方が競馬はしやすい」
ダノンスマッシュ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.9-39.4-25.3-12.3(馬也)

安田隆調教師
「状態は前走から変わりない。馬体重も変わらず順調。あとは1F距離が延びてどうか」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-38.6-25.1-12.5(馬也)

安田隆調教師
「今日はプレッシャーをかけない調教で、楽に上がってきた。この中間は距離を考えてリラックスさせる調教を心がけてきた」
ダノンプレミアム

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.3-65.6-50.7-36.9-11.6(一杯)

猿橋助手
「トレセンへ戻ったことでピリッとしてきた感じになってきています。残り2週で(前走のいい状態と)変わりない状態に仕上がってくると思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-37.5-24.3-12.3(仕掛)

中内田調教師
「先週の時点で動きは良かったですし、今日は坂路でさっとやりました。体に少しボリュームがでたし、精神的にも海外を経験しているので心身ともに成長しています」
ノームコア

1週前追い切り
美浦・南W・良
4F 54.5-40.2-12.3(馬也)

萩原調教師
「前走のダメージもなく順調に調整できている。間隔が詰まる点は大丈夫。相手関係がどうか」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 66.6-51.8-38.7-12.8(強め)
内・ダノンキングリー(仕掛)に5Fで1秒先行・1F併せで0秒6遅れ

萩原調教師
「状態については不安はない。前走よりもいいんじゃないかな」
ペルシアンナイト

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.7-66.1-51.7-37.1-11.6(馬也)
外・トゥザフロンティア(馬也)を6Fで0秒6追走・1F併せで併入

池江調教師
「いい動き。東京なら末脚を生かせるし、マイルもベスト。ただ、相手がむちゃくちゃ強いですね」

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 67.0-51.9-38.8-11.8(馬也)
内・サトノルークス(馬也)に5Fで0秒5先行・1F併せで0秒2先着
外・コバルトブルー(強め)を5Fで0秒5追走・1F併せで0秒3先着

池江調教師
「体に余裕があるように感じるし、まだ息づかいがもうひとつだけど、動きは良かった。(府中については)広いコースでコーナー2つ。距離も合う。いいと思う」
ミスターメロディ

1週前追い切り
栗東・CW・良
4F 50.8-36.6-12.1(馬也)

北村友騎手
「先週は少し力んでテンが速くなったけど、今日はリラックスして走れていました。息遣いも良くなっていましたよ」

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 52.4-35.6-11.8(馬也)

藤原英調教師
「ジョッキーともコンタクトをしっかりとって、人馬の呼吸を重点に追い切った。動きはすごく良かったし、いい状態。(休み明けに関しては)能力は感じる馬だし、精神、肉体とも成熟してきている」
ヴァンドギャルド

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.8-66.3-51.5-37.7-11.9(馬也)

岩田望騎手
「具合はよさそうです。前回はゲートが響きましたが、しまいはいい脚をつかってくれました。東京マイルはいい条件だと思います」

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 54.9-39.5-12.8(馬也)

岩田望騎手
「先週は抑え切れないくらいだったが今週は折り合えた。変わらず状態はいい。この中間、駐立の練習をしている。強い馬は前にいると思うし後ろからだと…。いい位置を取って競馬をしたい」
関連記事
武豊騎手は鳴尾記念でサトノルークスに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/5・12/6)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
宝塚記念は2020年6月28日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2020年で第61回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
帝王賞は2020年6月24日に大井競馬場で行われる春の中距離ダート王を決める一戦。帝王賞は2020年で第43回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はオメガパフュームが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。