【七夕賞2023】出走馬・予想オッズ・枠順/あなたの願いは?

七夕賞2022 エヒト

七夕賞2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。七夕賞は2023年7月9日に福島競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第59回を迎え、昨年はエヒトが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

あなたの願いは?

2023年7月9日(日) | 2回福島4日 | 15:45 発走
第59回 七夕賞(GIII)芝・右 2000m
Tanabata Sho (G3)

2023年・七夕賞の出走予定馬たち

七夕賞の枠順決定!(7月7日)

七夕賞2023 枠順

2023年・七夕賞の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではフェーングロッテンが6枠11番、セイウンハーデスは8枠15番、バトルボーンは2枠3番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・七夕賞の追い切り・コメントをチェック!
七夕賞2023の追い切り・コメントの記事です。七夕賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(7月6日)

新潟大賞典2021 サンレイポケット

2023年の七夕賞の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • エヒト(田中勝春)
  • カレンルシェルブル(斎藤新)
  • ガロアクリーク(永野猛蔵)
  • ククナ(石川裕紀人)
  • グランオフィシエ(戸崎圭太)
  • サンレイポケット(M.デムーロ)
  • シフルマン(大野拓弥)
  • ショウナンマグマ(菅原明良)
  • セイウンハーデス(幸英明)
  • テーオーソラネル(三浦皇成)
  • トーラスジェミニ(木幡育也)
  • バトルボーン(津村明秀)
  • ヒンドゥタイムズ(団野大成)
  • フェーングロッテン(松若風馬)
  • ホウオウエミーズ(丸田恭介)
  • レッドランメルト(田辺裕信)
除外馬
  • スタッドリー
  • レインフロムヘヴン
  • ロングラン
  • ヴァンケドミンゴ
  • ホウオウイクセル
  • フライライクバード
【参考レース】2023年 七夕賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・七夕賞の出走馬参考レース動画です。
出走予定馬の過去のレースを振り返り、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は函館で騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
プロキオンステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。プロキオンSは2023年7月9日に中京競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第28回を迎え、昨年はゲンパチルシファーが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

ラジオNIKKEI賞2022 フェーングロッテン

福島競馬場で行われるG3「七夕賞」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

フェーングロッテン(Feengrotten)

フェーングロッテン・4歳牡馬
父:ブラックタイド
母:ピクシーホロウ
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2022年・ラジオNIKKEI賞
馬名の由来:ドイツにある妖精の洞窟と呼ばれる鍾乳洞

今年の3戦はいずれも逃げて【0-2-1-0】と勝ち切れていないものの安定した成績を残している。
初めて重賞を制した福島コースで惜敗続きにピリオドを。

エヒト(Echt)

エヒト・6歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ヒーラ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2022年・七夕賞
馬名の由来:本物(独)

昨年は54kgの軽斤量を生かして後続に2馬身半差をつけ優勝している。
2008年、2009年を勝利したミヤビランベリ以来の連覇なるか。

セイウンハーデス(Seiun Hades)

セイウンハーデス・4歳牡馬
父:シルバーステート
母:ハイノリッジ
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2022年・プリンシパルステークス
馬名の由来:冠名+ギリシャ神話の冥府の神

昨年はG1出走のために適性外の距離で苦戦していたが、中距離戦に専念するようになって成績が安定してきた。
冥府の神の願いは届くのか。

バトルボーン(Battle Born)

バトルボーン・4歳牡馬
父:シルバーステート
母:コンカラン
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2022年・ウェルカムステークス
馬名の由来:ネバダ州の別称

新馬戦こそ2着に敗れたが、そこから4連勝で条件クラスを突破。
日経賞を鼻出血で回避した影響がどこまであるか。

他にも七夕賞には2021年の新潟大賞典勝ち馬のサンレイポケットやメトロポリタンステークス覇者のグランオフィシエ、大阪城ステークス3着のフライライクバードなども出走を予定しています。

七夕賞は2023年7月9日(日)の15時45分発走予定です。

七夕賞2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・七夕賞の予想オッズはこのように予想しています。
福島実績のある4歳馬フェーングロッテンが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. フェーングロッテン(3.0)
  2. セイウンハーデス(5.0)
  3. バトルボーン(6.0)
  4. エヒト(9.5)
  5. テーオーソラネル(10.5)
  6. カレンルシェルブル(13.0)
  7. グランオフィシエ(15.0)
  8. サンレイポケット(18.0)
  9. ホウオウエミーズ(23.5)
  10. ヒンドゥタイムズ(29.0)
  11. ガロアクリーク(35.0)
  12. レッドランメルト(38.5)
  13. ククナ(41.0)
  14. ショウナンマグマ(☆)
  15. シフルマン(☆)
  16. トーラスジェミニ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

七夕賞2023の日程・賞金

七夕賞

七夕賞2021 トーラスジェミニ

日程・発走予定時刻
2023年7月9日(日)15時45分発走予定

場所・距離
福島競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
4,300万円

七夕賞・プレイバック

七夕賞2022 エヒト

2022年・七夕賞(GIII)

1着:エヒト
2着:ヒートオンビート(2-1/2馬身)
3着:アンティシペイト(1馬身)
4着:エヴァーガーデン(1-3/4馬身)
5着:ヒュミドール(3/4馬身)

勝ちタイム:1.57.8
優勝騎手:田中 勝春
馬場:良

動画・全着順をチェック!
七夕賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の七夕賞の着順は1着:エヒト、2着:ヒートオンビート、3着:アンティシペイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

七夕賞2022 エヒト

レース後のコメント
1着 エヒト(田中勝春騎手)
「(勝利騎手インタビューは)久しぶりだな~これ。うれしいですよ。具合がいいと聞いていたし、外枠も良かったんじゃないかな。いいスタートを切れたし4コーナーも馬なりで上がっていけた。先行有利だと思っていたけど、抜群にいい手応えでいいペースだったしいい反応をしてくれた。新馬の時からずっといい馬だと思っていた。まだ緩いところがあるのでもう一段階パワーアップしてくれるのでは。今までで一番いいスタートだったんじゃないかな」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
アイビスサマーダッシュは2024年7月28日に新潟競馬場の直線コースで行われる1000m戦。アイビスサマーダッシュは2024年で第24回を迎え、昨年はオールアットワンスが優勝した。アイビスSDの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
札幌記念は2024年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2024年で第60回を迎え、昨年はプログノーシスが制した。札幌記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。