【プロキオンステークス2023】出走馬・予想オッズ・枠順/頭角を現せ

プロキオンステークス2022 ゲンパチルシファー

プロキオンステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。プロキオンSは2023年7月9日に中京競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第28回を迎え、昨年はゲンパチルシファーが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

頭角を現せ

2023年7月9日(日) | 3回中京4日 | 15:35 発走
第28回 プロキオンステークス(GIII)ダート・左 1400m
Procyon Stakes (G3)

2023年・プロキオンステークスの出走予定馬たち

プロキオンステークスの枠順決定!(7月7日)

プロキオンステークス2023 枠順

2023年・プロキオンステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではリメイクが5枠10番、ドンフランキーは4枠7番、タガノビューティーは7枠13番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・プロキオンステークスの追い切り・コメントをチェック!
プロキオンステークス2023の追い切り・コメントの記事です。プロキオンSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(7月6日)

オーバルスプリント2022 シャマル

2023年のプロキオンステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アティード(菱田裕二)
  • イフティファール(角田大河)
  • エルバリオ(西村淳也)
  • オメガレインボー(藤岡佑介)
  • オーヴァーネクサス(藤岡康太)
  • ケイアイターコイズ(藤懸貴志)
  • シャマル(坂井瑠星)
  • ジレトール(松山弘平)
  • タガノビューティー(石橋脩)
  • ドンフランキー(池添謙一)
  • ブルベアイリーデ(荻野極)
  • フルム(水口優也)
  • メイショウダジン(酒井学)
  • メイショウテンスイ(太宰啓介)
  • リメイク(川田将雅
  • ロイヤルパールス(中井裕二)
除外馬
  • イバル
  • クロパラントゥ
【参考レース】2023年 プロキオンステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・プロキオンステークスの出走馬参考レース動画です。
出走予定馬の過去のレースを振り返り、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は函館で騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

カペラステークス2022 リメイク

中京競馬場で行われるG3「プロキオンステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

リメイク(Remake)

リメイク・4歳牡馬
父:ラニ
母:サリエル
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2023年・カペラステークス
馬名の由来:作り直す

カペラステークスの覇者で、ドバイゴールデンシャヒーン(5着)以来の実戦を迎えるリメイク。
気になる状態だが、1週前の追い切りでは坂路で自己ベストをマークするなど調子はバッチリ。
好走必死。

シャマル(Shamal)

シャマル・5歳牡馬
父:スマートファルコン
母:ネイティヴコード
母父:アグネスデジタル
主な勝鞍:2023年・黒船賞
馬名の由来:ペルシャ湾岸地域に吹く風

前走のさきたま杯ではレース中に右後肢跛行を発症したため競争中止し心配されたが、検査の結果脚元に異常はなく、すぐに乗り込みを開始するほどで気にする必要はなさそう。
これまでの重賞4勝はいずれも交流重賞で挙げたものだけに、JRAでの重賞勝利を掴み取りたいところだ。

タガノビューティー(Tagano Beauty)

タガノビューティー・6歳牡馬
父:ヘニーヒューズ
母:スペシャルディナー
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2023年・コーラルステークス
馬名の由来:冠名+美しい

2021年の欅ステークス以降なかなか勝てないレースが続いたが、2走前のコーラルステークスで約2年ぶりの勝利を挙げ、前走のかしわ記念でも2着に入りきっちり賞金加算することができた。
狙ったレースを使える喜びをかみしめ、重賞初制覇を目指す。

他にもプロキオンステークスには京都競馬場グランドオープン記念を勝ったドンフランキーやポラリスステークス勝ち馬のオメガレインボー、麦秋ステークスを勝ち上がってきたエルバリオなども出走を予定しています。

プロキオンステークスは2023年7月9日(日)の15時35分発走予定です。

主な回避馬

バトルクライ(Battle Cry)

バトルクライ・4歳牡馬
父:イスラボニータ
母:ディアコメット
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2023年・欅ステークス
馬名の由来:ときの声、かん声

プロキオンステークスに出走を予定していたが右前脚の骨折が判明したため登録せず。
復帰まではしばらくかかりそうとのこと。

プロキオンステークス2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・プロキオンステークスの予想オッズはこのように予想しています。
川田騎手とのコンビが注目されるリメイクが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. リメイク(3.0)
  2. タガノビューティー(4.5)
  3. ドンフランキー(5.5)
  4. シャマル(8.5)
  5. オメガレインボー(13.0)
  6. ジレトール(13.5)
  7. イフティファール(23.0)
  8. メイショウダジン(26.5)
  9. エルバリオ(28.5)
  10. ブルベアイリーデ(33.0)
  11. フルム(40.5)
  12. ケイアイターコイズ(48.0)
  13. オーヴァーネクサス(☆)
  14. メイショウテンスイ(☆)
  15. アティード(☆)
  16. ロイヤルパールス(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

プロキオンステークス2023の日程・賞金

プロキオンステークス

プロキオンステークス2021 メイショウカズサ

日程・発走予定時刻
2023年7月9日(日)15時35分発走予定

場所・距離
中京競馬場・ダート・1400m


G3

1着賞金
3,800万円

プロキオンステークス・プレイバック

プロキオンステークス2022 ゲンパチルシファー

2022年・プロキオンステークス(GIII)

1着:ゲンパチルシファー
2着:ヒストリーメイカー(1/2馬身)
3着:サクラアリュール(1/2馬身)
4着:ロードレガリス(クビ)
5着:ヴェルテックス(3馬身)

勝ちタイム:1.43.7
優勝騎手:川田 将雅
馬場:稍重

動画・全着順をチェック!
プロキオンステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のプロキオンSの着順は1着:ゲンパチルシファー、2着:ヒストリーメイカー、3着:サクラアリュールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

プロキオンステークス2022 ゲンパチルシファー

レース後のコメント
1着 ゲンパチルシファー(川田将雅騎手)
「自分で動いていこうとする気持ちがありながらの4コーナーだったので、早めに押し切る競馬をしようと選択して、最後までしっかりと自分の脚を使い切ってくれました。前回乗った時(2020年1月=2勝クラス・小倉城特別)よりだいぶ時間がたってますので、はるかに馬自身成長していましたし、今日のこのメンバーの中では重賞を取るにふさわしい背中をしていたと思います」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
アイビスサマーダッシュは2024年7月28日に新潟競馬場の直線コースで行われる1000m戦。アイビスサマーダッシュは2024年で第24回を迎え、昨年はオールアットワンスが優勝した。アイビスSDの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
札幌記念は2024年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2024年で第60回を迎え、昨年はプログノーシスが制した。札幌記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。