【ラジオNIKKEI賞2023】出走馬・予想オッズ・枠順/福島に夏を告げる

ラジオNIKKEI賞2022 フェーングロッテン

ラジオNIKKEI賞2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ラジオNIKKEI賞は2023年7月2日に福島競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第72回を迎え、昨年はフェーングロッテンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

福島に夏を告げる

2023年7月2日(日) | 2回福島2日 | 15:45 発走
第72回 ラジオNIKKEI賞(GIII)芝・右 1800m
Radio Nikkei Sho (G3)

2023年・ラジオNIKKEI賞の出走予定馬たち

ラジオNIKKEI賞の枠順決定!(6月30日)

ラジオNIKKEI賞2023 枠順

2023年・ラジオNIKKEI賞の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではレーベンスティールが7枠14番、バルサムノートは5枠10番、ウヴァロヴァイトは5枠9番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・ラジオNIKKEI賞の追い切り・コメントをチェック!
ラジオNIKKEI賞2023の追い切り・コメントの記事です。ラジオNIKKEI賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(6月29日)

バルサムノート

2023年のラジオNIKKEI賞の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アイスグリーン(幸英明)
  • アグラシアド(津村明秀)
  • ウヴァロヴァイト(菅原明良)
  • エマヌエーレ(石橋脩)
  • エルトンバローズ(西村淳也)
  • オメガリッチマン(横山典弘)
  • グラニット(嶋田純次)
  • コレペティトール(田辺裕信)
  • シルトホルン(大野拓弥)
  • シーウィザード(三浦皇成)
  • スズカハービン(M.デムーロ)
  • セオ(松若風馬)
  • ダイシンヤマト(吉田豊)
  • バルサムノート(松岡正海)
  • マイネルモーント(石川裕紀人)
  • レーベンスティール(戸崎圭太)
回避馬・除外馬
  • ウイニングライブ
  • ドンデンガエシ
  • ヨリキリ
  • ラファドゥラ
【参考レース】2023年 ラジオNIKKEI賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・ラジオNIKKEI賞の出走馬参考レース動画です。
出走予定馬の過去のレースを振り返り、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は函館で騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/20・4/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
CBC賞2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。CBC賞は2023年7月2日に中京競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第59回を迎え、昨年はテイエムスパーダが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

レーベンスティール

福島競馬場で行われるG3「ラジオNIKKEI賞」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

レーベンスティール(Lebensstil)

レーベンスティール・3歳牡馬
父:リアルスティール
母:トウカイライフ
母父:トウカイテイオー
主な勝鞍:2023年・3歳1勝クラス
馬名の由来:生き様(独)。父名、母名より連想。生き様で魅了する馬になるように

3歳1勝クラスを5馬身差で制した注目の一頭。
デビューからの4戦はいずれも上がり最速タイムを計測しており、是非とも春のクラシックで見てみたかった。
今後のためにもしっかり結果を残し賞金を加算してほしい。

バルサムノート(Balsam Note)

バルサムノート・3歳牡馬
父:モーリス
母:エピセアローム
母父:ダイワメジャー
主な勝鞍:2023年・白百合ステークス
馬名の由来:香調の1つで、樹脂系の重みがある甘い香り

白百合ステークスではハミを噛んだり、直線でモタれるなど課題を見せながらもきっちり勝ち切るあたり素質の高さが成せる技。
2戦2勝の1800m戦で重賞制覇なるか。

アイスグリーン(Ice Green)

アイスグリーン・3歳牡馬
父:モーリス
母:グリューネワルト
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2023年・あすなろ賞
馬名の由来:緑みを帯びた水色。母名より連想

前走の白百合ステークスでは先頭に立つと気を抜く面を出してしまいクビ差の2着と涙をのんだ。
次こそは。

グラニット(Granite)

グラニット・3歳牡馬
父:ダノンバラード
母:インティワタナ
母父:フサイチコンコルド
主な勝鞍:2022年・2歳未勝利
馬名の由来:花崗岩。母名より連想

サウジアラビアロイヤルカップ2着やスプリングステークス4着など重賞戦線で揉まれてきたグラニットも参戦。
これまで積み上げてきた経験値を武器に上位争いを演じられるか。

他にもラジオNIKKEI賞にはスイートピーステークス覇者のウヴァロヴァイトや白百合ステークス3着のセオ、連勝中のエルトンバローズなども出走を予定しています。

ラジオNIKKEI賞は2023年7月2日(日)の15時45分発走予定です。

ラジオNIKKEI賞2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・ラジオNIKKEI賞の予想オッズはこのように予想しています。
1勝クラスを圧勝してきたレーベンスティールが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. レーベンスティール(2.5)
  2. アイスグリーン(6.5)
  3. ウヴァロヴァイト(7.0)
  4. バルサムノート(8.0)
  5. グラニット(10.5)
  6. エルトンバローズ(13.5)
  7. オメガリッチマン(14.5)
  8. マイネルモーント(16.0)
  9. シルトホルン(20.0)
  10. セオ(22.0)
  11. コレペティトール(26.5)
  12. シーウィザード(30.5)
  13. スズカハービン(33.5)
  14. アグラシアド(41.0)
  15. ダイシンヤマト(☆)
  16. エマヌエーレ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

ラジオNIKKEI賞2023の日程・賞金

ラジオNIKKEI賞

ラジオNIKKEI賞2021 ヴァイスメテオール

日程・発走予定時刻
2023年7月2日(日)15時45分発走予定

場所・距離
福島競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
4,000万円

ラジオNIKKEI賞・プレイバック

ラジオNIKKEI賞2022 フェーングロッテン

2022年・ラジオNIKKEI賞(GIII)

1着:フェーングロッテン
2着:ショウナンマグマ(3/4馬身)
3着:サトノヘリオス(クビ)
4着:ソネットフレーズ(2馬身)
5着:ゴーゴーユタカ(クビ)

勝ちタイム:1.46.7
優勝騎手:松若 風馬
馬場:良

動画・全着順をチェック!
ラジオNIKKEI賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のラジオNIKKEI賞の着順は1着:フェーングロッテン、2着:ショウナンマグマ、3着:サトノヘリオスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

ラジオNIKKEI賞2022 フェーングロッテン

レース後のコメント
1着 フェーングロッテン(松若風馬騎手)
「先行した好位で競馬できればと思っていましたが、いいところに収まることができました。行ければ行くという選択肢もありましたし、行けなければ行けなくてもと思っていました。イメージ通りの競馬でした。折り合いも大丈夫でしたし馬込みも大丈夫なので(脚が)たまっている状態で直線を迎えられました。最後は外も見ていたのですが空かなかったので一か八か内に行って、かなり狭かったですけど馬に感謝したい。気持ちに幼さが残ってテンションも上がっていなかったし成長しています。距離も大丈夫ですね。重賞を勝てて今後に幅が出ました。夏は好きな季節ですし調子がいいので、今後も夏競馬を盛り上げていけたら。お客さんも増えてきたのでうれしい」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
アイビスサマーダッシュは2023年7月30日に新潟競馬場の直線コースで行われる1000m戦。アイビスサマーダッシュは2023年で第23回を迎え、昨年はビリーバーが優勝した。アイビスSDの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
札幌記念は2023年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2023年で第59回を迎え、昨年はジャックドールが制した。札幌記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。