【ラジオNIKKEI賞2023】追い切り/調教を見てわかる事

ラジオNIKKEI賞2023 追い切り

ラジオNIKKEI賞2023の追い切り・コメントの記事です。ラジオNIKKEI賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2023年7月2日(日) | 2回福島2日 | 15:45 発走
第72回 ラジオNIKKEI賞(GIII)芝・右 1800m
Radio Nikkei Sho (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・ラジオNIKKEI賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ラジオNIKKEI賞2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ラジオNIKKEI賞は2023年7月2日に福島競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第72回を迎え、昨年はフェーングロッテンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもCBC賞が開催される。
CBC賞2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。CBC賞は2023年7月2日に中京競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第59回を迎え、昨年はテイエムスパーダが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ラジオNIKKEI賞2023の追い切りをチェック!

ラジオNIKKEI賞2023 追い切り

ラジオNIKKEI賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
CBC賞2023の追い切り・コメントの記事です。CBC賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アイスグリーン

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.9-38.8-24.8-12.1(馬なり)

池添調教師
「先週はハミにモタれ、ラストの伸びがひと息だったが今週はしっかり修正され、入りも我慢できていた。馬なりで動きは良かったと思う。(福島初参戦については)小倉で2勝しているので問題ない」
「気性の幼いところがあるので、環境に慣らすため、金曜日に福島に輸送して調整する」
アグラシアド

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 51.8-37.1-24.2-12.3(馬なり)
エグモント(強め)を0.8秒追走・0.2秒先着

中村調教師
「前の馬に並びかける時の反応が良かった。予定通りに来られている。(レースでは)一瞬の脚を生かせる展開が理想です」
ウヴァロヴァイト

最終追い切り
美浦・南W・良(菅原明)
6F 86.3-70.1-54.9-39.5-12.2(馬なり)

菅原明騎手
「疲れを残さないように乗ったが、先週に引き続きいいフットワークでした。単走で力を抜いて気分良く走れていましたね。いいものを持っているし、コーナー4つのコース形態も大丈夫」
エマヌエーレ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.2-37.8-24.3-11.9(馬なり)

平田調教師
「先週(坂路4F49秒9~1F12秒2)が好時計だった。今朝も動きは良かったし状態はいい」
エルトンバローズ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 56.6-42.0-27.1-12.9(馬なり)

杉山晴調教師
「暑さと輸送を考えて直前は軽め。いいですよ。使いつつ力をつけている」
オメガリッチマン

最終追い切り
栗東・CW・稍重(調教師)
6F 83.5-68.5-53.1-37.7-11.3(一杯)
カレンノンノ(末一杯)の内1.2秒追走・0.1秒先着

安田翔調教師
「そんなに動けている感じではないが、しっかり走りなさい、という感じで動かした。反応していたしコンディションは良さそう。(前走は)外々に逃げる面があった。今回はハミを替えるので上手に走れれば」
「本来は距離があった方がいいタイプだけど、現状では口向きの悪さがあるから1800メートルぐらいがいい」
グラニット

最終追い切り
美浦・南W・良(嶋田)
6F 85.1-68.3-53.9-39.4-11.9(馬なり)
テトラルキア(馬なり)の内1.1秒追走・同入

嶋田騎手
「前の2頭を見て、ゆっくり併せに行く指示。開幕週の馬場は魅力。この馬の競馬をさせたい」
「放牧でリフレッシュされて、やるごとに少しずつ良くなっています。具合はいい。強引にでもハナに行きます」
コレペティトール

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.8-38.7-25.4-12.3(一杯)

中竹調教師
「間隔は空いたが仕上がりはいい。今、考えると前走は相手が強かった。素直で折り合いはつくし舞台は問題ない」
シルトホルン

最終追い切り
美浦・南W・良(大野)
6F 83.8-67.6-52.7-37.8-11.3(馬なり)
ロジティナ(強め)の内0.9秒追走・同入

新開調教師
「適度に気合が乗って、いいんじゃないの。動きも反応も良かった。1800メートルの距離も問題ない。スピードが生きる平たんコースは合っている」
シーウィザード

最終追い切り
美浦・南W・良(三浦)
5F 70.2-53.8-38.8-12.0(馬なり)
フォローウィンド(馬なり)の内0.6秒追走・同入

鹿戸調教師
「稽古は余裕を持って走れていた。スタートが合えば大負けはしないはず」
「穏やかにはなったが、当日落ち着いて走れるかがポイント。小回りに対応する器用さはあるのでゲートを決めてほしい」
スズカハービン

最終追い切り
栗東・CW・稍重(秋山稔)
7F 98.2-67.5-52.6-37.4-11.6(馬なり)
サンレイポケット(一杯)の外0.8秒先行・同入

高橋義調教師
「先週よりも動きが良くなっている。小回りはいいが現時点では1800メートルに対応できるトモになっていない。できれば、もう1Fは欲しい」
セオ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.2-39.2-25.3-12.6(馬なり)
ラストレムナント(馬なり)を0.3秒追走・同入

岸本助手
「息を整える程度だったが、これで十分です。福島は合いそうなイメージだったので、ここを目標に調整。前々で運びたい」
「1週前にジョッキーが乗ったので、当週はサラッとやった」
ダイシンヤマト

最終追い切り
美浦・南W・良(吉田豊)
5F 68.2-53.1-38.5-12.2(馬なり)

吉田豊騎手
「ずっと使ってきているので単走で追い切った。テンションも上がらずいい感じ。レースは馬の後ろで脚をためるイメージ」
「1800メートルやコーナー4つのレース初めてだけど、馬の後ろに入れば折り合いはつくし、距離もこなせる」
バルサムノート

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.2-39.1-24.4-11.6(馬なり)

高野調教師
「時計ではなく、人間との整合性を求めました。口向きは問題なかったし動きも良かった。中間は折り合い面を重視して穏やかに走れている。馬具は替えず、いつも通り。パワー、馬格があるので(ハンデ)57キロは大丈夫だし上手に走れれば」
マイネルモーント

最終追い切り
美浦・ポリ・良(助手)
5F 67.4-51.1-37.2-11.6(直強め)
マイネルビジョン(馬なり)の内0.4秒追走・同入

高木調教師
「能力、出来ともに重賞で通用するレベル。(課題となる輸送後のテンションについては)馬房で立ち上がったり暴れてしまう。厩舎としてやれることは全てやる。まずは無事にゲートインできれば」
レーベンスティール

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 69.4-53.7-39.0-11.4(馬なり)
セイルオンセイラー(末強め)の内0.3秒追走・同入

田中博調教師
「先週末にしっかりやっているので整える程度。余力がありそうだったから、併せ馬でリズムと反応の確認をして、予定通りの調整ができました。間隔が詰まっている中で、この馬としてはまずまずやれたね。この馬は問題がなかったことがない。ただ今回は疲れが動きに表れてはいないからね。弱さが解消されればもう一段階上がるイメージ。そんな中でもいいレベルのパフォーマンスをしてくれているように能力は確かなので」

2023年・ラジオNIKKEI賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 ラジオNIKKEI賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・ラジオNIKKEI賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は函館で騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
アイビスサマーダッシュは2024年7月28日に新潟競馬場の直線コースで行われる1000m戦。アイビスサマーダッシュは2024年で第24回を迎え、昨年はオールアットワンスが優勝した。アイビスSDの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
札幌記念は2024年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2024年で第60回を迎え、昨年はプログノーシスが制した。札幌記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。