【ラジオNIKKEI賞2022】結果・動画/フェーングロッテンが内から差し切る

ラジオNIKKEI賞2022 フェーングロッテン

ラジオNIKKEI賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のラジオNIKKEI賞の着順は1着:フェーングロッテン、2着:ショウナンマグマ、3着:サトノヘリオスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のラジオNIKKEI賞はフェーングロッテンが内から差し切る

2022年7月3日(日) | 2回福島2日 | 15:45 発走
第71回 ラジオNIKKEI賞(GIII)芝・右 1800m
Radio Nikkei Sho (G3)

スポンサーリンク

2022年・ラジオNIKKEI賞の動画

関連記事
昨年のラジオNIKKEI賞はヴァイスメテオールが制していた。
ラジオNIKKEI賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のラジオNIKKEI賞の着順は1着:ヴァイスメテオール、2着:ワールドリバイバル、3着:ノースブリッジとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・ラジオNIKKEI賞の結果

スポンサーリンク

1着:フェーングロッテン
2着:ショウナンマグマ(3/4馬身)
3着:サトノヘリオス(クビ)
4着:ソネットフレーズ(2馬身)
5着:ゴーゴーユタカ(クビ)
6着:ボーンディスウェイ
7着:ホウオウノーサイド
8着:グランディア
9着:ミッキーブンブン
10着:オウケンボルト
11着:タガノフィナーレ
12着:ベジャール
13着:クロスマジェスティ

勝ちタイム:1.46.7
優勝騎手:松若 風馬
馬場:良

関連記事
G1・菊花賞をにぎわす馬は?
菊花賞は2022年10月23日に阪神競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2022年で第83回を迎え、昨年はタイトルホルダーが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

ラジオNIKKEI賞2022 フェーングロッテン

1着 フェーングロッテン(松若風馬騎手)
「先行した好位で競馬できればと思っていましたが、いいところに収まることができました。行ければ行くという選択肢もありましたし、行けなければ行けなくてもと思っていました。イメージ通りの競馬でした。折り合いも大丈夫でしたし馬込みも大丈夫なので(脚が)たまっている状態で直線を迎えられました。最後は外も見ていたのですが空かなかったので一か八か内に行って、かなり狭かったですけど馬に感謝したい。気持ちに幼さが残ってテンションも上がっていなかったし成長しています。距離も大丈夫ですね。重賞を勝てて今後に幅が出ました。夏は好きな季節ですし調子がいいので、今後も夏競馬を盛り上げていけたら。お客さんも増えてきたのでうれしい」

2着 ショウナンマグマ(菅原明良騎手)
「ハナに行けて自分の競馬はできました。良いペースで行った割には終いも良く頑張っています」

3着 サトノヘリオス(岩田望来騎手)
「折り合いに専念して競馬をしました。休み明けの分、馬がフレッシュというかリラックスして走れていました。それが最後の伸びに繋がったのだと思います。これからもっと良くなると思いますし、こういう競馬を続けて、精神的に落ち着いてくればさらに走れると思います」

4着 ソネットフレーズ(津村明秀騎手)
「思っていたよりもかなりうまくいきました。ゲートを出てくれましたし、番手でおさまる形になりました。良い形で4コーナーを回りました。しかし、ゴーサインを出してから思ったより伸びませんでした。最後の止まり方を見て1ハロン長いかと思います。それでもこの競馬ができたのは収穫がありました」

5着 ゴーゴーユタカ(田辺裕信騎手)
「途中が少し忙しかったです。開幕週の大外枠も不運でした。1コーナーの入りで外を回らされて引く形になりました。脚を溜めることに切り替えて、最後は差を詰めていました。初めての1800mでしたが、距離の融通は利くのではないかと思います」

6着 ボーンディスウェイ(石橋脩騎手)
「馬の状態は良かったです。スタートが決まって、3番手の内に入りたかったのですが、他に来られて入れませんでした。今日の馬場で外を回らされたのがきつかったです」

7着 ホウオウノーサイド(永野猛蔵騎手)
「ゲートの中でそわそわして立ち遅れてしまいました。それでも道中はリズム良く脚が溜まっていました。最後は狭い間を割って頑張ってくれました」

8着 グランディア(坂井瑠星騎手)
「駐立が悪く、ゲートを出てくれなかった。後手、後手に回ってしまい、最後までグッとくるところがなかった」

9着 ミッキーブンブン(菊沢一樹騎手)
「しぶとさが武器だと思っていたので、早めに動く競馬をしようと思い、イメージ通りに行きました。流れが落ち着いて隊列が決まったので、外を回らされてしまいました。内を回れば良かったです。乗り方一つで違ってくると思います」

10着 オウケンボルト(M.デムーロ騎手)
「スタートは出たけど、頑張れなかった。今日は話すことがない」

11着 タガノフィナーレ(吉田豊騎手)
「一瞬、オッと思ったけど、かわされてしまった。切れ味勝負になると分が悪い」

12着 ベジャール(戸崎圭太騎手)
「大型馬で、緩いところもあるので、福島のコース形態は合わないのかもしれない」

13着 クロスマジェスティ(内田博幸騎手)
「ペースが速かった。外に出したかったけど、押し込まれてしまった。経験を積めばやれる」

勝ち馬プロフィール

ラジオNIKKEI賞2022 フェーングロッテン

フェーングロッテン(Feengrotten)牡3/鹿毛 宮本 博(栗東)
父:ブラックタイド 母:ピクシーホロウ 母父:キングヘイロー
馬名の由来:ドイツにある妖精の洞窟と呼ばれる鍾乳洞