【ラジオNIKKEI賞2018】動画・結果/メイショウテッコンが力強く抜け出す

ラジオNIKKEI賞 2018 メイショウテッコン

ラジオNIKKEI賞 2018の動画・結果です。ラジオNIKKEI賞の結果は1着:メイショウテッコン、2着:フィエールマン、3着:キボウノダイチ。「メイショウテッコン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

松山騎手騎乗の2番人気・メイショウテッコンが力強く抜け出す

2018年7月1日(日) | 2回福島2日 | 15:45 発走
第67回 ラジオNIKKEI賞(GIII)芝・右 1800m
Radio Nikkei Sho (G3)

動画

関連記事
昨年のラジオNIKKEI賞はセダブリランテスが制していた。
【ラジオNIKKEI賞 2017】動画・結果/セダブリランテスが三連勝で重賞制覇

結果

1着:メイショウテッコン
2着:フィエールマン(1/2馬身)
3着:キボウノダイチ(3/4馬身)
4着:マイハートビート(1-1/4馬身)
5着:エイムアンドエンド(ハナ)
6着:ケイティクレバー
7着:ロードアクシス
8着:マルターズルーメン
9着:グレンガリー
10着:キューグレーダー
11着:イェッツト
12着:シセイヒテン
13着:ロードライト

勝ちタイム:1.46.1
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

レース後のコメント

1着 メイショウテッコン(松山弘平騎手)
「内枠(2枠2番)だったので、あまりもまれたくなくて、できればスムーズに運びたいなと思いました。3コーナーを過ぎて外に出してから、しっかりと反応してくれましたね。抜け出してからはジリッぽくなるところがあるんですけど、(急追するフィエールマンを退け)よくしのいでくれました。強い競馬でしたね」

(高橋義忠調教師)
「強い競馬だった。馬はもう少し大人になるとよい。秋まで休ませてトライアルから菊花賞を目標にしたい。4着マイハートビートは夏使って馬がしっかりしてきたら秋大きいところを使いたい。こちらは夏頑張ってもらいたい」

2着 フィエールマン(石橋脩騎手)
「課題のスタートはよく出てくれた。ペースも流れていたし気を持たせて良い位置でいけた。ただ3コーナーで当てにしていた馬が動いてくれなかったので自分も動くことが出来なかった。でも我慢した分すごい弾け方をしてくれた。申し訳ないです。」

(手塚貴久調教師)
「4コーナーで前の馬が下がってきて仕掛け遅れた。4角最後方だもの。まあ残念だが、オープン入りしたので秋まで休ませたい。それにしても残念・・・・」

3着 キボウノダイチ(戸崎圭太騎手)
「トップスタートを切ってスムーズにいけた。この馬の持ち味の先行力も生かせた。まだ緩さもあるし今後更に良くなる馬だと思います。」

6着 ケイティクレバー(小林徹弥騎手)
「残念でした。最後はきていますが、位置を取りに行くのに距離が足りませんでした」

7着 ロードアクシス(酒井学騎手)
「いつもは1コーナーでかんでくる所があるのですが、今日は終始スムーズに追走してくれました。4コーナーの反応も良かったのですが、なかなか伸びなかったです」

9着 グレンガリー(津村明秀騎手)
「大外枠で、競馬がしづらかったです。最後は伸びていますが、これから良くなる馬だと思います」

10着 キューグレーダー(田辺裕信騎手)
「スタートはそれなりに出てくれました。向正面での脚も良かったのですが、もう一度上がってくることができませんでした」

11着 イェッツト(蛯名正義騎手)
「終始手応えがなかった。ペースも速く忙しくて、追いっぱなしで追走に余裕がなかった。頑張りきれる体力がまだない。ただこれからの馬ですからね。」

関連記事

勝ち馬プロフィール

ラジオNIKKEI賞 2018 メイショウテッコン

メイショウテッコン(Meisho Tekkon)牡3/青鹿毛 高橋 義忠(栗東)
父:マンハッタンカフェ 母:エーシンベロシティ 母父:Lemon Drop Kid
馬名の由来:冠名+鉄魂

関連記事