【日経賞2018】動画・結果/ガンコが抜け出し重賞初制覇

日経賞 2018 ガンコ

日経賞 2018の動画・結果です。日経賞の結果は1着:ガンコ、2着:チェスナットコート、3着:サクラアンプルール。「ガンコ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

藤岡佑介騎手騎乗の3番人気ガンコが抜け出し重賞初制覇

2018年3月24日(土) | 3回中山1日 | 15:45 発走
第66回 日経賞(GII)芝・右 2500m
Nikkei Sho (G2)

動画

関連記事
昨年の日経賞はシャケトラが制していた。
【日経賞 2017】動画・結果/シャケトラが鮮やかに差し切り勝ち
日経賞は天皇賞春の前哨戦となっている。
【天皇賞春2018】出走予定馬・日程・賞金/長い道のりの先に

結果

1着:ガンコ
2着:チェスナットコート(3/4馬身)
3着:サクラアンプルール(3/4馬身)
4着:ロードヴァンドール(アタマ)
5着:トーセンバジル(3/4馬身)
6着:ゼーヴィント
7着:ソールインパクト
8着:ノーブルマーズ
9着:キセキ
10着:アルター
11着:ピンポン
12着:ショウナンバッハ
13着:ナスノセイカン
14着:アクションスター
15着:サイモントルナーレ

勝ちタイム:2.33.9
優勝騎手:藤岡 佑介
馬場:良

レース後のコメント

1着 ガンコ(藤岡佑介騎手)
「(2周目2コーナーで一旦先頭を奪ったキセキは)オーバーペース気味でしたし、(ガンコの)ペースはうまくコントロールできました。しっかりラストまで脚を伸ばしましたね。もっと脚をためてもよかったかもしれませんけど。(コンビを組んで3戦3勝で)ものすごく馬が良くなっています。天皇賞? 頑張ります。距離(3200メートル)は心配していません」

2着 チェスナットコート(蛯名正義騎手)
「道中でムダなパワーを使わないし、どこからでも競馬ができて色んな流れに対応しやすいのがえらい。いい経験になったと思う」

3着 サクラアンプルール(田辺裕信騎手)
「外枠だったし僕も初騎乗だったので意識的に下げていった。3~4角でゴーサインに反応したが、もう少し勝ち馬を他馬も捕まえに行くようだったらよかった。」

4着 ロードヴァンドール(昆調教師)
「ハナに行かない競馬もできると思っていたが、初めての上に展開が入れ代わり立ち代わりできつかった。それでも踏ん張ってるし成長している。」

5着 トーセンバジル(M.デムーロ騎手)
「馬場が緩くて良くなかった。滑って右にもたれた。」

6着 ゼーヴィント(戸崎圭太騎手)
「距離は大丈夫だけど最後は久々の分ですね。」

7着 ソールインパクト(福永祐一騎手)
「上手く立ち回ってくれたけど現状はいっぱい。」

8着 ノーブルマーズ(高倉稜騎手)
「一瞬伸びかけてオッと思ったが力尽きた。」

9着 キセキ(C.ルメール騎手)
「フレッシュだった。スローで後ろからだったのでポジションを上げたかった。道中はリラックスしていたが直線では疲れていた。」

10着 アルター(津村明秀騎手)
「内々でいい位置で積極的に競馬をしたが、終始外に張る感じだった。」

11着 ピンポン(武藤雅騎手)
「思った通りにせこく回って最後に外に出せたが、馬を気にする面が出た。」

12着 ショウナンバッハ(F.ミナリク騎手)
「リラックスして道中の手応えは良かったが、直線で思ったほど伸びなかった。」

13着 ナスノセイカン(丸山元気騎手)
「休み明けと、このクラスだと少し距離が長いようです。」

14着 アクションスター(大野拓弥騎手)
「追走にいっぱいになってしまった。」

15着 サイモントルナーレ(柴田大知騎手)
「ついていくのにいっぱいでした。」

関連記事
日経賞と同じ天皇賞春の前哨戦・阪神大賞典はレインボーラインが勝利した。
【阪神大賞典2018】動画・結果/レインボーラインが一気に抜け出す

勝ち馬プロフィール

日経賞 2018 ガンコ

ガンコ(Ganko)牡5/青鹿毛 松元 茂樹(栗東)
父:ナカヤマフェスタ 母:シングアップロック 母父:Singspiel
馬名の由来:ごうじょっぱり、かたくな

関連記事
注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする