【阪神大賞典2018】動画・結果/レインボーラインが一気に抜け出す

スポンサーリンク

阪神大賞典 2018 レインボーライン

阪神大賞典 2018の動画・結果です。阪神大賞典の結果は1着:レインボーライン、2着:サトノクロニクル、3着:クリンチャー。「レインボーライン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

3番人気・岩田騎手騎乗のレインボーラインが一気に抜け出す

2018年3月18日(日) | 1回阪神8日 | 15:35 発走
第66回 阪神大賞典(GII)芝・右 3000m
Hanshin Daishoten (G2)

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年の阪神大賞典はサトノダイヤモンドが制していた。
【阪神大賞典 2017】動画・結果/サトノダイヤモンドが他馬をねじ伏せ完勝

同日に行われたスプリングステークスはステルヴィオが勝利した。
【スプリングステークス2018】動画・結果/ステルヴィオがハナ差の接戦を制す

結果

1着:レインボーライン
2着:サトノクロニクル(1-1/4馬身)
3着:クリンチャー(1-1/2馬身)
4着:アルバート(クビ)
5着:カレンミロティック(2馬身)
6着:ヤマカツライデン
7着:シホウ
8着:ムイトオブリガード
9着:スーパーマックス
10着:トミケンスラーヴァ
11着:コウエイワンマン

勝ちタイム:3.03.6
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

レース後のコメント

1着 レインボーライン(岩田康誠騎手)
「去年もいいレースしましたし、今年こそG1に届くレースをしたい。長丁場なので折り合いだけ頭に入れて流れに乗って…という感じで向こう正面から人気馬を見ながらレースを進めた。去年もいい競馬をしていたが、今年の方が馬体も大きくなったなと感じた。このまま順調にいってくれれば。」

2着 サトノクロニクル(川田将雅騎手)
「3000メートルでも穏やかに走ることができ、自分の脚をしっかり使ってくれました。距離にめどの立つ内容だったと思います」

3着 クリンチャー(武豊騎手)
「1周目の3、4角で馬が(最後の直線を迎えたと)間違えてかかってしまった。(2周目の)3コーナーでは手応えが悪かったのによく伸びた。次は巻き返したい」

4着 アルバート(福永祐一騎手)
「流れは絶好だと思ったし、1、2着馬の後ろから満を持して追い出したんですが、捕らえ切れませんでした。ただ、久々としては悪くない内容だったと思います」

5着 カレンミロティック(池添謙一騎手)
「スムーズに流れに乗れました。(2周目の)3、4コーナーで少し狭くなりましたが、直線は頑張ってくれました。10歳でもまだまだ元気です」

6着 ヤマカツライデン(松山弘平騎手)
「自分の競馬はできましたが、同型が多くて流れが厳しくなりました」

7着 シホウ(小牧太騎手)
「勝負どころまではいい感じだったけど、ペースが速くなってからが…」

8着 ムイトオブリガード(藤岡佑介騎手)
「注文通りに2番手から運べましたが、予想以上にタフな流れになってしまいました。それでもいったんは先頭。自己条件から力をつけて、また挑戦したいです」

9着 スーパーマックス(山口勲騎手)
「道中はいい感じでしたし、じりじりと脚は使ってくれました」

10着 トミケンスラーヴァ(秋山真一郎騎手)
「メンバーが強かったですが、頑張ってくれました」

関連記事
来週は中京で高松宮記念が開催される。
【高松宮記念2018】出走予定馬・日程・賞金/春の最速王が決まる

勝ち馬プロフィール

阪神大賞典 2018 レインボーライン

レインボーライン(Rainbow Line)牡5/鹿毛 浅見 秀一(栗東)
父:ステイゴールド 母:レーゲンボーゲン 母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:虹の道

関連記事

コメント