【中山金杯2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは

中山金杯2023 追い切り

中山金杯2023の追い切り・コメントの記事です。中山金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年1月5日(木) | 1回中山1日 | 15:35 発走
第72回 中山金杯(GIII)芝・右 2000m
Nakayama Kimpai (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・中山金杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
中山金杯は2023年1月5日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2023年で第72回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はレッドガランが優勝した。中山金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都金杯などが開催される。
京都金杯は2023年1月5日に中京競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2023年で第61回を迎え、昨年はザダルが優勝した。京都金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
シンザン記念は2023年1月8日に中京競馬場で行われる3歳限定のマイル重賞。シンザン記念は2023年で第57回を迎え、昨年はマテンロウオリオンが優勝した。シンザン記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

中山金杯2023の追い切りをチェック!

中山金杯2023 追い切り

中山金杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
京都金杯2023の追い切り・コメントの記事です。京都金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アラタ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 70.3-54.2-38.8-11.9(G前仕掛け)
ニシノファンフェア(一杯)の内1.0秒追走同入

和田勇調教師
「順調ですね。前走を1回使った分、今回の方がいいと思う。中山は条件戦でも勝っているし、左回りよりはいい。ハンデもいつも通り。あとは乗り役(横山武)に任せます」
ウインキートス

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 53.4-38.5-25.1-12.5(馬なり)

宗像調教師
「動きはいいですね。2000メートルは気持ち短いので、うまく順応できれば。引退戦なのでいいレースを」
エヴァーガーデン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 69.5-53.4-38.3-11.7(一杯)
エリオトローピオ(馬なり)の内1.0秒追走・0.1秒遅れ

カレンルシェルブル

最終追い切り
栗東・CW・良(斎藤)
6F 84.0-68.4-52.6-37.6-11.9(馬なり)
オメガリッチマン(馬也)の外・同入

斎藤騎手
「凄く状態は良さそうです。前回も良かったけど、動きに切れがあり、反応も前回以上。体も大きく見せて毛ヅヤもいい。見た目通りの状態の良さですね」
クリノプレミアム

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 68.3-53.4-38.7-12.0(馬なり)

伊藤伸調教師
「先週しっかりやったので速くなり過ぎないように。いい感じだった。掛かるところがあるので、うまく我慢できれば」
コスモカレンドゥラ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
4F 52.2-37.4-12.0(馬なり)

田中博調教師
「ブリンカーを着けて効果を感じた。昨年の中山金杯(17着)の時より体調もいい。スムーズな競馬ができれば」
ゴールドスミス

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 54.0-39.8-25.7-12.6(馬なり)

高柳瑞調教師
「短期放牧を挟んで変わりなく順調にきている。年齢を感じさせない走りをしてくれている」
スカーフェイス

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
5F 66.8-51.2-37.0-12.2(強め)

橋田調教師
「前走はレース間隔が空いていたからね。のんびりしていたのでピリッとさせる意味合いを込めてやった。ここを狙って調整してきた。舞台は問題ない」
ヒュミドール

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 69.5-53.6-38.9-12.2(馬なり)

小手川調教師
「いい時のこの馬の動き。前走は輸送で体も減ってしまったので。このまま終わらせたくないです」
フェーングロッテン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.7-39.4-25.4-12.3(馬なり)

宮本調教師
「動きがいいね。好仕上がり。菊花賞はさすがに距離が長かった。2000メートル前後の距離が合う」
フォワードアゲン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 82.9-66.6-51.9-37.5-11.5(馬なり)

マテンロウレオ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 97.3-67.0-52.4-37.7-12.0(馬なり)

昆調教師
「走る方に気が向いている。ただ、もう一つ上の舞台に行くには、もっと良くならないといけない。中山で結果が出ていないけど、あの時とは馬が全然違う。最近の競馬ぶりなら、むしろ合うと思う」

丸山助手
「落ち着いてレースに臨めるようになりました。成長してくれていますね。大人になってきました。『春よりいい』と典さん(横山典騎手)も言ってくれています。(前回の)競馬を使った後も順調にきています。今回は長距離輸送がありますが、心配はしていません。小回りの中山になりますが、前々走、前走のような走りができれば」

ラーグルフ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 68.9-53.2-38.4-12.1(馬なり)

宗像調教師
「美浦に戻った当初はもう一つだったけど、レールに乗ってからはどんどん良くなっていますね。追った後の雰囲気も良かった」
ラーゴム

最終追い切り
栗東・CW・良(団野)
6F 85.7-69.0-53.0-37.2-11.7(強め)
アルサトワ(一杯)の外1.6秒先行・0.2秒先着

斉藤崇調教師
「迫力のある動きでした。前走(名古屋グランプリ3着)の疲れが取れていい状態。(芝起用については)ダートを使ったことで折り合い部分がだいぶ良くなりました。この感じで芝に使ってみたいなと。競馬にいってズブいところがありますが、どういうふうな感じで競馬ができるか楽しみです」
レインカルナティオ

最終追い切り
美浦・南W・良(石川裕)
7F 99.1-68.2-53.4-38.5-11.6(G前仕掛け)

石川騎手
「初めて乗ったのでどれぐらい反応できるのか確認しました。できれば内枠を引いてロスなく上手に立ち回りたい」

小西調教師
「しっかり動けていた。中山コースも距離も結果が出ている条件なので合っている」

レッドランメルト

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 81.5-64.8-50.6-37.1-11.7(強め)
ウィンターダフネ(強め)の内2.1秒追走・同入

国枝調教師
「前との差はかなりあったけど、追ってからしっかりしていたし、しまいは動いていた。順調にきている。体はそう変わっていないけど、メンタル面の成長が大きい。掛かる面があるので、むしろ重賞の速いペースの方がいいと思うよ」
ワンダフルタウン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.0-39.0-25.7-13.1(末強め)

高橋義調教師
「脚元が悪かったんですけど、今のところ大丈夫ですし、状態自体も上がってきています。どのジョッキーに聞いても背中はいいって言ってくれているので。このクラスでもメドが立つ走りをしてほしい」

2023年・中山金杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 中山金杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・中山金杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は中山で騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/4・2/5)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
日経新春杯は2023年1月15日に中京競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2023年で第70回を迎え、昨年はヨーホーレイクが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
東海ステークスは2023年1月22日に中京競馬場で行われる年始初のダート重賞。東海ステークスは2023年で第40回を迎え、昨年はスワーヴアラミスが優勝した。東海ステークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。