【中山金杯2024】追い切り・コメント/動きからレースを紐解く

中山金杯2024 追い切り

中山金杯2024の追い切り・コメントの記事です。中山金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きからレースを紐解く

2024年1月6日(土) | 1回中山1日 | 15:45 発走
第73回 中山金杯(GIII)芝・右 2000m
Nakayama Kimpai (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・中山金杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
中山金杯は2024年1月6日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2024年で第73回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はラーグルフが優勝した。中山金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都金杯などが開催される。
京都金杯は2024年1月6日に京都競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2024年で第62回を迎え、昨年はイルーシヴパンサーが優勝した。京都金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
フェアリーステークス2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。フェアリーSは2024年1月7日に中山競馬場で行われるマイルG3戦。2024年で第40回を迎え、昨年はキタウイングが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
シンザン記念は2024年1月8日に京都競馬場で行われる3歳限定のマイル重賞。シンザン記念は2024年で第58回を迎え、昨年はライトクオンタムが優勝した。シンザン記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

中山金杯2024の追い切りをチェック!

中山金杯2024 追い切り

中山金杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
京都金杯2024の追い切り・コメントの記事です。京都金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
フェアリーステークス2024の追い切り・コメントの記事です。フェアリーSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
シンザン記念2024の追い切り・コメントの記事です。シンザン記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アラタ

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 82.6-66.6-51.8-37.2-11.8(一杯)
ロードヴェスパー(一杯)の内1.0秒追走・0.4秒先着

和田勇調教師
「今回は体の苦しさがなくなった。少し太め残りだけど、去年も差のない競馬はできているので」
「夏負け気味で休ませたが、立ち直っていい感じに戻って動きは良かった」
エピファニー

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 65.7-50.3-36.4-11.5(G前仕掛け)

宮田調教師
「1週前に負荷をかけてますし、そこから右肩上がりに良くなりました。先週は息が重いかなと思っていましたが、内、内を回って65秒台でも息もそんなに乱れてなかったし、1週間で内臓面もできてきました」
エミュー

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 54.5-39.9-25.7-12.8(馬なり)

和田正調教師
「前走後はしっかりとカイバを食べられているし、体調良くレースに向かえる」
「ハンデは1キロ見込まれた感じだが、久々を感じさせない動き。体に重め感はない」
カテドラル

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.1-38.4-24.8-12.6(馬なり)

池添調教師
「いい頃の動きと比べると物足りない感じはあります。2000メートルでいいところが出てくれれば」
カレンシュトラウス

最終追い切り
栗東・坂路・良(藤懸)
800m 52.4-38.2-24.8-12.4(一杯)

平田調教師
「元気いっぱい。しっかり調教をやれて太め感もない。マイルの切れ味勝負より中山の2000メートルの方が合いそう。今の状態でどこまでやれるか」
キタウイング

最終追い切り
美浦・ウッド・良(杉原)
5F 72.5-56.5-40.4-11.8(馬なり)
ニシノリピート(馬なり)の内0.3秒追走・0.3秒先着

小島調教師
「杉原に任せていた。テンションが突然上がる馬だが、今日は落ち着いていたね。背中もいい。いかにロスなく回れるか」
ククナ

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 67.1-52.3-38.4-12.0(強め)
キープブライトン(馬なり)の内1.2秒追走・0.1秒先着

栗田調教師
「柔らかみがあって毛ヅヤもいい。動きもしっかりしていた。中山も合っている」
クリノプレミアム

最終追い切り
美浦・ウッド・良(松岡)
6F 82.3-66.9-52.0-37.4-11.7(馬なり)

松岡騎手
「時計はうまくいったし、前回より上向いている。使われて良くなる馬だしね。回復が遅くなってはきているけど、能力は全く落ちてないよ。牝馬というよりおとこ馬みたいな感じ」
「少し掛かる面があるので2000メートルが鍵」
ゴールデンハインド

最終追い切り
美浦・ウッド・良(菅原明)
6F 81.8-66.0-51.4-37.3-11.7(馬なり)
ローンウルフ(一杯)の内1.0秒追走・同入

菅原明騎手
「1週前にも乗って調子は良さそうだったので、最終追いはサラッとでしたが、動きは良かったです。休み明け感もないですね。中山2000メートルは合うと思うし、斤量差を生かして、いい競馬ができそう。楽しみです」

武市調教師
「先週の時点で仕上がっているし、中間は順調な調整を進められている。ここは自分の競馬がしやすいメンバー」

サクラトゥジュール

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 82.7-66.5-51.1-36.1-11.5(馬なり)
シアージスト(馬なり)の内0.6秒追走・同入

堀調教師
「ここを目標にリフレッシュして帰厩。心身のバランスはとれている」
「今回は距離延長より、緩急の流れの中で自分のリズムで走れるかが鍵。決め手を生かすレースができれば」
サトノエルドール

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 65.5-50.8-36.7-11.6(馬なり)
スティルディマーレ(末強め)の内0.7秒追走・同入

国枝調教師
「元気いっぱい。衰えは一切感じない。前走は前が詰まりながらもよく差を詰めた」
ホウオウアマゾン

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 82.4-67.5-53.3-38.7-12.7(馬なり)

矢作調教師
「どこかで距離を延ばしてみたいと思っていた。ただ、使った割に上積みがないかな。血統的にはこなせない距離ではないし、どんな競馬ができるか楽しみ」
ボーンディスウェイ

最終追い切り
美浦・ウッド・良(木幡巧)
6F 84.2-67.5-51.9-37.5-11.6(馬なり)
ベストリーガード(末強め)の内0.5秒追走・同入

木幡巧騎手
「もともと力はある馬だし、スムーズに運べれば」

牧調教師
「予定通りの動きでした。いい意味で変わらず。中山のこの条件は合うのでいい競馬をしてくれそうです」

マイネルクリソーラ

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 66.6-51.4-37.8-12.7(馬なり)

中野調教師
「もうそんなにやる必要はないからね。前走(アンドロメダS2着)は、馬場の悪いところを通ったので仕方がない。(ミルコ)デムーロはうまく乗ったと思う。中間も順調だし、ここでもやれる力はあるよ」
マイネルファンロン

最終追い切り
美浦・ウッド・良(嶋田)
6F 83.1-66.9-52.4-37.7-11.4(一杯)
アナンシエーション(一杯)の外0.7秒先行・0.2秒先着

手塚調教師
「ジョッキーが乗っているし、調教はいい感じ。使える脚が一瞬なので、せこく乗ってくれれば」
マテンロウレオ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.0-68.9-53.6-38.4-11.7(末強め)

昆調教師
「指示通りの内容。(除外となった)有馬記念を使うつもりで仕上げてきたので。どこまで効果があるか分からないが、今回はチークピーシズを着ける。力はあるので58・5キロでも」
リカンカブール

最終追い切り
栗東・坂路・良(高倉)
800m 53.9-38.4-24.6-12.3(一杯)
エンペザー(馬なり)を0.5秒追走・0.2秒先着

田中克調教師
「良さそうでしたね。しっかりとやりましたが、順調です。間隔を詰めて使えるようになったのは成長ですね」

2024年・中山金杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 中山金杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・中山金杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は京都金杯でアンドヴァラナウトに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
日経新春杯は2024年1月14日に京都競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2024年で第71回を迎え、昨年はヴェルトライゼンデが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
アメリカジョッキークラブカップは2024年1月21日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2024年で第65回を迎え、昨年はノースブリッジが優勝した。AJCCの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。