【京都金杯2023】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

京都金杯2023 追い切り

京都金杯2023の追い切り・コメントの記事です。京都金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年1月5日(木) | 1回中京1日 | 15:35 発走
第61回 京都金杯(GIII)芝・左 1600m
Kyoto Kimpai (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・京都金杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
京都金杯は2023年1月5日に中京競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2023年で第61回を迎え、昨年はザダルが優勝した。京都金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも中山金杯などが開催される。
中山金杯は2023年1月5日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2023年で第72回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はレッドガランが優勝した。中山金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
シンザン記念は2023年1月8日に中京競馬場で行われる3歳限定のマイル重賞。シンザン記念は2023年で第57回を迎え、昨年はマテンロウオリオンが優勝した。シンザン記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

京都金杯2023の追い切りをチェック!

京都金杯2023 追い切り

京都金杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
中山金杯2023の追い切り・コメントの記事です。中山金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アルサトワ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.3-67.9-52.1-36.4-11.8(一杯)
ラーゴム(強め)の内1.6秒追走・0.2秒遅れ

斉藤崇調教師
「相手が動きますから。追い切るごとに体調は上向いています。展開に左右されやすく(他馬に)絡まれたらもろいところはありますけど、自分のリズムで走れれば。幸さんがそのあたりはよく分かってくれていると思う」
イルーシヴパンサー

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 70.3-54.1-38.5-11.2(馬なり)

久保田調教師
「年末の追い切りで終える予定もありましたが、冬場でやや絞りづらいのでしまいを伸ばしました。前走(GⅢ関屋記念11着)は暑さがこたえたのか本来の走りができませんでしたが、その後はじっくり立て直したし、冬場は実績ある季節。ここでいいレースをして、また大きなところに挑戦できれば」
ヴィクティファルス

最終追い切り
栗東・坂路・良(団野)
800m 51.8-37.2-24.3-12.3(馬なり)

団野騎手
「背中の良さを感じましたね。2、3F目で力んでいた部分はありましたけど、加速していく時の体の使い方は“力があるな”と思いました」

池添学調教師
「力は通用すると思うので、かみ合ってくれれば。今回はリングバミに替えたり、馬具も工夫します。コーナー4つよりワンターンの方が競馬はしやすいと思う」

エアロロノア

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.1-39.0-25.3-12.4(馬なり)

笹田調教師
「時間帯を考えてもあの馬場で十分に時計が出ている。乗り手も動きは良かった、と言っていた。叩いて良くなるタイプなので、おそらくここ2走よりは状態はいい」
エントシャイデン

最終追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 57.7-41.0-26.7-13.4(馬なり)

オニャンコポン

最終追い切り
美浦・坂路・良(調教師)
800m 53.6-39.0-25.4-12.5(馬なり)
アシェットデセール(馬なり)を0.2秒追走・同入

小島調教師
「やらなくてもいいぐらいだったので、他の馬に胸を貸す形で。欲を言えば、トモ(後肢)にグッと力が入れば理想だけど、時計も出ているし、内面も問題ない」
カイザーミノル

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.9-40.0-26.5-13.3(馬なり)

北出調教師
「気分良く走らせて、動きはまずまず。(近走の大敗については)気持ちの問題なのかな…。舞台はいいし、条件替わりできっかけをつかみたい」
シャーレイポピー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.4-39.0-24.9-12.3(末強め)

石坂調教師
「状態は良さそうですし、ハンデ戦で斤量が軽いのもいいですね」
シュリ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.2-37.4-24.1-11.9(馬なり)

兼武助手
「ある程度我慢が利いた感じで反応もいい。追うごとに良くなっています。今のところ歩様の硬さもないです。筋肉を痛めやすかったり、調整が難しいところがある。やりすぎないように気をつけて、順調にきているのがいいですね。重賞でもやれる力はあるので」

岩崎助手
「歩様の硬さもなく、順調にきています。攻め馬の動きも良かったです」

タイムトゥヘヴン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.9-69.3-54.5-39.3-12.3(馬なり)

斎藤助手
「今日は外を回って体もしっかり使えていたし状態は良いです。中京への輸送が控えているし、ちょうどいい感じ。前走(キャピタルS8着)は内枠で前が詰まって脚を使えませんでしたが、G3は実際に勝っているし、能力的にも引けは取らないと思います」
ダイワキャグニー

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 54.1-39.8-26.1-13.0(馬なり)

ピースワンパラディ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
4F 53.1-37.8-11.9(馬なり)
マジカルワード(馬なり)の内0.2秒追走・同入

岩藤助手
「ここを目標にずっと在厩で調整してきて、本来はズブい馬なのに調教でもちゃんと動く。デビュー以来で一番いいかもしれない」
プレサージュリフト

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 52.8-38.8-25.1-12.0(末強め)

太田助手
「冬場がいいタイプなのか。毛ヅヤや馬体の張り、カイバ食いもとてもいい状態で帰厩し、今までで一番遠慮せずに乗り込めている。今日の動きもシャープで良かった」
ベレヌス

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.4-39.4-25.3-12.4(馬なり)

小関助手
「時期的に絞りづらくて数字は増えるかもしれないけど、動きはいいからね。前走はラストでバッタリ止まったように距離が長かった。今回はマイルに戻るし、強力な同型も不在で競馬はしやすいと思う」
マテンロウオリオン

最終追い切り
栗東・坂路・良(横山典)
800m 53.4-38.7-24.9-12.5(馬なり)

昆調教師
「やっと理想とする感じになってきた。ここ2走よりは良くなっている。速い時計が簡単に出るようになった。目標はもっと先。教え込んできた成果が出るかどうか、今回は内容を重視したい。もともと持っているポテンシャルは高いし、ここから軌道に乗せたい」

榎本助手
「体に張りが出て重厚感があります。触っていても落ち着きがあります」

ミッキーブリランテ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 59.9-44.2-29.0-14.7(馬なり)

2023年・京都金杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 京都金杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・京都金杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は中山で騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/4・2/5)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
日経新春杯は2023年1月15日に中京競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2023年で第70回を迎え、昨年はヨーホーレイクが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
東海ステークスは2023年1月22日に中京競馬場で行われる年始初のダート重賞。東海ステークスは2023年で第40回を迎え、昨年はスワーヴアラミスが優勝した。東海ステークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。