【レディスプレリュード2022】結果・動画/プリティーチャンスが差し切る

レディスプレリュード2022 プリティーチャンス

レディスプレリュード2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のレディスプレリュードの着順は1着:プリティーチャンス、2着:テリオスベル、3着:ショウナンナデシコとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のレディスプレリュードはプリティーチャンスが差し切る

2022年10月6日(木) | 大井 | 20:10 発走
第19回 レディスプレリュード(JpnII)ダート・右・外 1800m
Ladies Prelude (Jpn2)

スポンサーリンク

2022年・レディスプレリュードの動画

関連記事
昨年のレディスプレリュードはレーヌブランシュが制していた。
レディスプレリュード2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のレディスプレリュードの着順は1着:レーヌブランシュ、2着:テオレーマ、3着:ウェルドーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・レディスプレリュードの結果

スポンサーリンク

1着:プリティーチャンス
2着:テリオスベル(1馬身)
3着:ショウナンナデシコ(クビ)
4着:フラーレン(1-1/2馬身)
5着:リネンファッション(8馬身)
6着:メモリーコウ
7着:レディバグ
8着:ティーズハクア
9着:ダノンレジーナ
10着:サルサレイア
11着:ニーズヘッグ
12着:フワトロ

勝ちタイム:1:51.7
優勝騎手:岩田 望来
馬場:重

関連記事
Jpn1・JBCレディスクラシックをにぎわす馬は?
JBCレディスクラシックは2022年11月3日に盛岡競馬場で行われる秋の砂の女王を決める一戦。JBCレディスクラシックは2022年で第12回を迎え、昨年はテオレーマが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

レディスプレリュード2022 プリティーチャンス

1着 プリティーチャンス(岩田望来騎手)
「パドックを雰囲気良く周回していましたし、返し馬もすごく良かったと思います。前走、速い馬場で置いて行かれていたのですが、今回は手応え良く4コーナーまで来れたので、“これなら”と思って直線で追い出しました。しっかり脚を使ってくれると信じていました。必死の想いに馬が応えてくれたと思います。この馬とコンビを組ませてもらった時にはいつも以上に自信がありますし、この馬の良いところを出し切ることができて良かったです。これを機に、もっと大きな舞台で活躍できるよう、人馬ともにがんばるので、応援よろしくお願いします」

2着 テリオスベル(江田照男騎手)
「自分からスタートで出ていく馬じゃない。よく頑張ってくれた」

3着 ショウナンナデシコ(吉田隼人騎手)
「行くつもりはなかったけど、押し出される形になった。(テリオスベルが)向こう正面で来るのは想定通り。差し返されたのは予定外。一回使って良くなると思う」

4着 フラーレン(坂井瑠星騎手)
「馬の状態が良くてレースもスムーズにリズムよく運べた。重賞初挑戦で上位と差がない競馬ができた」

5着 リネンファッション(酒井忍騎手)
「頑張った。スタートが良くて、あの位置に付けられた。力がある。距離はもう少し短い方がいいかな」

勝ち馬プロフィール

レディスプレリュード2022 プリティーチャンス

プリティーチャンス(Pretty Chance)牝5/青鹿毛 野中 賢二(栗東)
父:シンボリクリスエス 母:フューチャサンデー 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:見事な運

関連記事
プリティーチャンスは2022年のブリーダーズゴールドカップで2着に入っていた
ブリーダーズゴールドカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のブリーダーズゴールドカップの着順は1着:グランブリッジ、2着:プリティーチャンス、3着:テリオスベルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。