【京王杯2歳ステークス2023】出走馬・予想オッズ・騎手/前途有為

京王杯2歳ステークス2022 オオバンブルマイ

京王杯2歳ステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京王杯2歳Sは2023年11月4日に東京競馬場で行われる短距離G2戦。2023年で第59回を迎え、昨年はオオバンブルマイが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

前途有為

2023年11月4日(土) | 5回東京1日 | 15:35 発走
第59回 京王杯2歳ステークス(GII)芝・左 1400m
Keio Hai Nisai Stakes (G2)

2023年・京王杯2歳ステークスの出走予定馬たち

2023年・京王杯2歳ステークスの追い切り・コメントをチェック!
京王杯2歳ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。京王杯2歳Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(11月2日)

函館2歳ステークス2023 ゼルトザーム

2023年の京王杯2歳ステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アグラード(津村明秀)
  • アスクワンタイム(岩田望来)
  • アンバーニードル(吉田豊)
  • オーキッドロマンス(内田博幸)
  • コラソンビート(横山武史
  • ジャスパーノワール(田辺裕信)
  • ゼルトザーム(浜中俊)
  • タイガードラゴン(永野猛蔵)
  • タヤスロンドン(江田照男)
  • バンドシェル(菅原明良)
  • ミルテンベルク(J.モレイラ)
  • ロジリオン(北村宏司)
回避馬
  • セントメモリーズ
  • バロン
  • レディーエンジェル
関連記事
武豊騎手、この週はオーストラリアで騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/1・6/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
アルゼンチン共和国杯は2023年11月5日に東京競馬場で行われるハンデG2戦。アルゼンチン共和国杯は2023年で第61回を迎え、昨年はブレークアップが制した。アルゼンチン共和国杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
みやこステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。みやこSは2023年11月5日に京都競馬場で行われる中距離ダートG3戦。2023年で第13回を迎え、昨年はサンライズホープが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ファンタジーステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ファンタジーSは2023年11月4日に京都競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第28回を迎え、昨年はリバーラが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

小倉2歳ステークス2023 アスクワンタイム

東京競馬場で行われるG2「京王杯2歳ステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

アスクワンタイム(Ask One Time)

アスクワンタイム・2歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ディープインアスク
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2023年・小倉2歳ステークス
馬名の由来:冠名+もう一度、再び

小倉2歳ステークスの勝ち馬。
全兄のファンタジストは小倉2歳ステークス、京王杯2歳ステークスを連勝しておりここでも兄弟制覇がかかる。

コラソンビート(Corazon Beat)

コラソンビート・2歳牝馬
父:スワーヴリチャード
母:ルシェルドール
母父:オルフェーヴル
主な勝鞍:2023年・ダリア賞
馬名の由来:心(西)+鼓動。心の音

1400m戦のダリア賞では少し行きたがる面を見せたが、きっちり我慢させて直線での爆発力につなげた。
最後は流す余裕があったほどの快勝。
舞台はバッチリ。

ゼルトザーム(Seltsam)

ゼルトザーム・2歳牡馬
父:ヘニーヒューズ
母:ロザリウム
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2023年・函館2歳ステークス
馬名の由来:不思議な(独)

新馬戦はダートで、前走は芝ながら重馬場での勝利。
東京コースでスピードが求められる展開になった時にどんな走りが見せられるか。
ここが試金石となる。

ミルテンベルク(Miltenberg)

ミルテンベルク・2歳牡馬
父:モーリス
母:ペルレンケッテ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2023年・2歳新馬
馬名の由来:マイン川の真珠と言われるドイツの街。母名より連想

前走の小倉2歳ステークスでは勝ち馬に切れ負けしたが、目標にされる形になってアタマ差なら悲観する内容ではないはず。
鞍上にモレイラ騎手を迎え、必勝を期す。

他にも京王杯2歳ステークスにはカンナステークス覇者のオーキッドロマンスや鋭い決め手が魅力のアグラード、新馬戦を3馬身差で圧勝したタイガードラゴンなども出走を予定しています。

京王杯2歳ステークスは2023年11月4日(土)の15時35分発走予定です。

京王杯2歳ステークス2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・京王杯2歳ステークスの予想オッズはこのように予想しています。
モレイラ騎手とのコンビが魅力的なミルテンベルクが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ミルテンベルク(3.0)
  2. コラソンビート(4.0)
  3. アスクワンタイム(6.0)
  4. アグラード(8.5)
  5. ロジリオン(11.5)
  6. ゼルトザーム(13.0)
  7. バンドシェル(16.0)
  8. タイガードラゴン(20.5)
  9. オーキッドロマンス(23.0)
  10. ジャスパーノワール(26.0)
  11. アンバーニードル(☆)
  12. タヤスロンドン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

京王杯2歳ステークス2023の日程・賞金

京王杯2歳ステークス

京王杯2歳ステークス2021 キングエルメス

日程・発走予定時刻
2023年11月4日(土)15時35分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1400m


G2

1着賞金
3,800万円

京王杯2歳ステークス・プレイバック

京王杯2歳ステークス2022 オオバンブルマイ

2022年・京王杯2歳ステークス(GII)

1着:オオバンブルマイ
2着:フロムダスク(1馬身)
3着:スピードオブライト(ハナ)
4着:ペースセッティング(クビ)
5着:ヤクシマ(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1:20.9
優勝騎手:横山 武史
馬場:良

動画・全着順をチェック!
京王杯2歳ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の京王杯2歳Sの着順は1着:オオバンブルマイ、2着:フロムダスク、3着:スピードオブライトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

京王杯2歳ステークス2022 オオバンブルマイ

レース後のコメント
1着 オオバンブルマイ(横山武史騎手)
「人気はしていなかったんですけど、前走の競馬を見させていただいて、新馬としてはすごくいい内容で勝っていたので、斤量は増えちゃいますけど、立ち回り次第ではチャンスがあると思って乗りました。新馬戦で好位からの勝ち方だったので、今回も枠は外め(10番枠)でしたけど、うまくインを取れればいいなと思っていたので、思った通りの競馬ができました。ポジションを取ってからは馬も落ち着いてくれましたし、周りがどうこうというよりは、まずは自分自身リズムよく運べて、あとは進路を見つけるだけだと思っていたので、特に周りは気にしていなかったです。体も小さい馬(馬体重422キロ)ですし、あまり早仕掛けをしないようにだけ気をつけていたので、結果的に(進路が開かずに)待たされる形が良かったかなと思います。1ハロン延長はまだ未知というところはありますが、小さい馬なのにこれだけ根性があるので、体が成長すればもっともっと良くなってくると思うので、期待したいと思います」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
エリザベス女王杯は2024年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2024年で第49回を迎え、昨年はブレイディヴェーグが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
マイルチャンピオンシップは2023年11月19日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2023年で第40回を迎え、昨年はセリフォスが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。