【京王杯2歳ステークス2022】結果・動画/オオバンブルマイが抜け出しV

京王杯2歳ステークス2022 オオバンブルマイ

京王杯2歳ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の京王杯2歳Sの着順は1着:オオバンブルマイ、2着:フロムダスク、3着:スピードオブライトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の京王杯2歳ステークスはオオバンブルマイが抜け出しV

2022年11月5日(土) | 5回東京1日 | 15:35 発走
第58回 京王杯2歳ステークス(GII)芝・左 1400m
Keio Hai Nisai Stakes (G2)

スポンサーリンク

2022年・京王杯2歳ステークスの動画

関連記事
昨年の京王杯2歳ステークスはキングエルメスが制していた。
京王杯2歳ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の京王杯2歳ステークスの着順は1着:キングエルメス、2着:トウシンマカオ、3着:ラブリイユアアイズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・京王杯2歳ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:オオバンブルマイ
2着:フロムダスク(1馬身)
3着:スピードオブライト(ハナ)
4着:ペースセッティング(クビ)
5着:ヤクシマ(1-1/4馬身)
6着:ブーケファロス
7着:ミスヨコハマ
8着:エナジーチャイム
9着:ノーブルラン
10着:アンタノバラード
11着:マーブルマカロン
12着:ミシェラドラータ
13着:アスクドリームモア
14着:ロンドンプラン
15着:ロッソランパンテ
16着:サイモンオリーブ
17着:シェーンプリマー
18着:デイドリームビーチ

勝ちタイム:1:20.9
優勝騎手:横山 武史
馬場:良

関連記事
G1・朝日杯フューチュリティステークスをにぎわす馬は?
朝日杯フューチュリティステークスは2022年12月18日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2022年で第74回を迎え、昨年はドウデュースが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

京王杯2歳ステークス2022 オオバンブルマイ

1着 オオバンブルマイ(横山武史騎手)
「人気はしていなかったんですけど、前走の競馬を見させていただいて、新馬としてはすごくいい内容で勝っていたので、斤量は増えちゃいますけど、立ち回り次第ではチャンスがあると思って乗りました。新馬戦で好位からの勝ち方だったので、今回も枠は外め(10番枠)でしたけど、うまくインを取れればいいなと思っていたので、思った通りの競馬ができました。ポジションを取ってからは馬も落ち着いてくれましたし、周りがどうこうというよりは、まずは自分自身リズムよく運べて、あとは進路を見つけるだけだと思っていたので、特に周りは気にしていなかったです。体も小さい馬(馬体重422キロ)ですし、あまり早仕掛けをしないようにだけ気をつけていたので、結果的に(進路が開かずに)待たされる形が良かったかなと思います。1ハロン延長はまだ未知というところはありますが、小さい馬なのにこれだけ根性があるので、体が成長すればもっともっと良くなってくると思うので、期待したいと思います」

2着 フロムダスク(戸崎圭太騎手)
「今日はゲートの中でおとなしくしてくれていたおかげで、ポンと出てくれました。この馬のスピードを生かす競馬ができたし、渋太く頑張ってくれました。いい内容でした」

3着 スピードオブライト(石川裕紀人騎手)
「うまく仕上げてくれて、ものすごくいい状態でした。外枠は他の馬の並びからいいと思っていて、2、3番手でという理想の競馬ができた。(直線も)脚はありましたし、最後の最後で距離が長かったところが出たのかも。状態の良さで、何とか1400メートルをもってくれた感じです」

4着 ペースセッティング(坂井瑠星騎手)
「ゲートでちょっとごちゃついたんですが、その後は落ち着いてリズムよく走れました。4コーナーで少し手応えが怪しくなったが、最後まで頑張って走ってくれました」

5着 ヤクシマ(岩田望来騎手)
「思ったよりゲートを出てくれた。いいポジションで競馬ができて、早めに来られた時にかんでしまったが、最後までじりじり脚を使った。オープンでも力負けはしない。折り合えば切れる脚は使えると思います」

6着 ブーケファロス(菅原明良騎手)
「だいぶ馬もしっかりして、体の使い方も良くなっていました。最後、後ろから良い脚を使ってくれました」

7着 ミスヨコハマ(斎藤新騎手)
「前回がしまいで遊ぶような形になってしまったので、リズムよく運んで、しまいに脚を使わせる競馬をさせました。集中を切らさずに競馬をしてくれて、いい成長をしていると思います」

8着 エナジーチャイム(C.ルメール騎手)
「2戦目でテンションが高かった。出遅れてしまい、ふわふわした走りだった。まだ経験が浅いし、レースを使いながら良くなってくると思う」

9着 ノーブルラン(津村明秀騎手)
「馬場に先出しとかして、前回よりも落ち着いてレースに向かえた。ちょっと右に張る面がもとからあって、外に馬を置けなかったので、終始外に張ってロスの多い競馬になってしまった。能力はありそう」

10着 アンタノバラード(田辺裕信騎手)
「このレースの前に一度使っていれば心肺などが違っていたと思うが、敏感な馬で、そのへんの調整が難しい。線が細いけど、能力はある。短距離で活躍しそうです」

11着 マーブルマカロン(三浦皇成騎手)
「新馬戦の時は力強さがなくてダートで大丈夫かなと思いましたが、素軽い走りをするので芝を試してみて、上手に走れていました。馬もしっかりしてきたので、今ならダートでいいのかなと思います」

13着 アスクドリームモア(岩田康誠騎手)
「夏に比べてパワーもついてきて成長を感じますが、まだこれからの馬。トモがもっと成長してくれると良いです」

14着 ロンドンプラン(松山弘平騎手)
「何とかゲートをうまく出てくれました。距離は1400メートルに延びたが、こなせると思っていたし、距離が長かったとは思えないが…」

勝ち馬プロフィール

京王杯2歳ステークス2022 オオバンブルマイ

オオバンブルマイ(Obamburumai)牡2/鹿毛 吉村 圭司(栗東)
父:ディスクリートキャット 母:ピンクガーベラ 母父:ディープインパクト
馬名の由来:大盤振る舞い。ファンに配当金を盛大に振る舞えるように