【関東オークス2018】動画・結果/ハービンマオが差し切り重賞初V

スポンサーリンク

関東オークス 2018 ハービンマオ

関東オークス 2018の動画・結果です。関東オークスの結果は1着:ハービンマオ、2着:ゴールドパテック、3着:クレイジーアクセル。「ハービンマオ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

松岡騎手騎乗の6番人気・ハービンマオが差し切り重賞初V

2018年6月13日(水)川崎 第11競走
ダート2100m(左)20:10発走 天候:晴

第54回 関東オークス・Kanto Oaks(JpnII)
(サラブレッド系 3歳 定量)賞金:1着32,000,000円

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年の関東オークスはクイーンマンボが制していた。
【関東オークス 2017】動画・結果/クイーンマンボが圧勝で3歳ダート女王に輝く

結果

1着:ハービンマオ
2着:ゴールドパテック(3/4馬身)
3着:クレイジーアクセル(4馬身)
4着:ミスマンマミーア(4馬身)
5着:プリンセスノンコ(5馬身)
6着:ララプリムヴェール
7着:グランマシェリ
8着:メイショウヒサカタ
9着:アクアレジーナ
10着:エグジビッツ
11着:マイメン
12着:スリルトサスペンス
13着:ローザルーナ

勝ちタイム:2.17.6
優勝騎手:松岡 正海
馬場:稍重

レース後のコメント

1着 ハービンマオ(松岡正海騎手)
「ペースが速かったのでどうかなと、思っていたが、向こう正面で前に追いついたので、これならと思った。自分のリズムで駆けると、最後は伸びてくれるので、自分のリズムだけを大切にしました。距離ももつし、気性も素直。僕は川崎が地元なので、また(川崎に)来て、勝ちたいなと思います」

(中舘英二調教師)
「嬉しいですし、こんなに走れるのかとビックリしています。結構流れていましたが、(ペースが)急にガクッと落ちて追走できた時に、これは行けるかなと感じました。今日は馬の雰囲気も良かったですし、プラス体重で出られたのも勝因ではないでしょうか。今後は未定ですが、またこの馬の強さを見せられればと思います」

2着 ゴールドパテック(山崎誠士騎手)
「状態も良かったですし、勝ったと思いましたが…。ゲートも出ましたし、いつもよりも前でレースをしました。ただ、逆に流れていた分、前の馬に最後は厳しくなってしまったかも知れません。悔しいですが、このメンバー相手に強いレースをしてくれました」

3着 クレイジーアクセル(御神本訓史騎手)
「自分のペースで逃げられたが、意外に中央馬についてこられた。3角でいけると思ったし、最後も止まっていないが…」

5着 プリンセスノンコ(C.ルメール騎手)
「ペースが速かったです。向正面でポジションを上げたかったのですが進んで行かず、反応出来ませんでした。余力のない競馬になってしまいましたね。ちょっとこの距離も長いようです」

6着 ララプリムヴェール(和田竜二騎手)
「縦長になりましたが、前半ムキになって走っていました。途中で折り合いはついたのですが、勝負どころの3コーナーで手前を替えたら手応えがなくなってしまって・・・」

関連記事
6月27日には大井競馬場で春のダート王決定戦・帝王賞が開催される。
【帝王賞2018】出走予定馬・日程・賞金/春のダート中距離王が決まる

勝ち馬プロフィール

関東オークス 2018 ハービンマオ

ハービンマオ(Harbin Mao)牝3/栗毛 中舘 英二(美浦)
父:ハービンジャー 母:ダンシングマオ 母父:ゴールドアリュール
馬名の由来:父名より+母名の一部

関連記事

コメント