【ジャパンカップ2022】追い切り/抜群の動きを見せたのは

ジャパンカップ2022 追い切り

ジャパンカップ2022の追い切り・コメントの記事です。ジャパンCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2022年11月27日(日) | 5回東京8日 | 15:40 発走
第42回 ジャパンカップ(GI)芝・左 2400m
Japan Cup (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・ジャパンカップの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ジャパンカップは2022年11月27日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2022年で第42回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はコントレイルが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都2歳ステークスが開催される。
京都2歳ステークス2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年の京都2歳Sの出走予定馬にはグランヴィノスやエゾダイモンなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

ジャパンカップ2022の追い切りをチェック!

ジャパンカップ2022 追い切り

ジャパンカップに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
京都2歳ステークス2022の追い切り・コメントの記事です。京都2歳Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
京阪杯2022の追い切り・コメントの記事です。京阪杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
ヴェラアズール

1週前追い切り
栗東・CW・良(松山)
6F 79.9-65.3-51.4-36.6-11.4(馬なり)

渡辺調教師
「しっかり負荷をかけました。前走後は放牧を挟んでここを目標に。期待できるだけの調子の良さはあります」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 81.8-66.7-51.8-36.5-11.3(強め)

渡辺調教師
「先週にしっかり負荷をかけているので、今朝はしまい重点で。息遣いもよかったですし、万全の状態で挑めます。JCという大きな舞台にチャンスのある馬で挑めるので結果を出したいです」
3枠6番について
渡辺調教師
「いいんじゃないですか。スタートはそんなに速くないので、どこでも良かったです。奇数、偶数も気にしていませんでした。追い切り後もいつも通りの感じです」
ヴェルトライゼンデ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(レーン)
800m 51.1-37.0-24.0-12.0(強め)
アステロイドベルト・古馬3勝(一杯)を0.8秒追走・同入

池江調教師
「ラストまでしっかり追ってほしいという指示で、動きは良かったですね。上積みはありそうです」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.5-38.1-24.7-12.2(強め)

池江調教師
「先週にジョッキー騎乗で負荷をかけた。今朝は気合をつける程度だったけど、反応も息の入りも良かった。いい状態で臨めそう」
2枠3番について
川合助手
「ロスなく運べるいい枠ですね。鞍上(レーン騎手)には勢いがあるし、前回(鳴尾記念)乗ってもらった時も勝っていますからね。状態も一度使って上がっています」
オネスト

最終追い切り
東京・ダート・不良(ルメール)
3F 45.5-15.1(馬なり)

シャペ調教師
「聞いていた通り水はけが良くて素晴らしいコースで、オネストには願ってもない馬場。調子もいい」
カラテ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
5F 69.4-53.8-38.6-11.7(G前一杯追)
タイムオブフライト・古馬2勝(一杯)の内0.6秒追走・0.1秒先着

辻野調教師
「気が乗っている中でも落ち着いて走れていました。距離を延長することを考えれば、いい傾向だと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.5-38.1-24.9-12.3(馬なり)

辻野調教師
「最後に反応を確かめる程度。しっかり動けていました。シルエットにメリハリがついて(今春に)うちの厩舎に来てからでは一番いいと思います。天皇賞が(状態的に)一番上かなと思っていたけど、さらに良くなっています」
6枠11番について
辻野調教師
「極端な所でなければいいと思っていたけど、真ん中のいい所ですね。天皇賞(秋)は内で動きづらいところに入ってしまったので、中団より前で運んで、自分から動く競馬をしたい。今までで一番ピリッとしているのでレースまでうまく持っていきたい」
グランドグローリー

最終追い切り
東京・ダート・重(助手)
5F 72.8-56.2-40.6-13.5(馬なり)

デュモン助手
「普段からレースの4日前に強度の高い調教をしています。今日は(ゴール板までという)ハロンの目安はなく、馬のフィーリングで自由に走らせる調教でした。馬がリラックスしていました。直線は脚を伸ばす指示通りのメニュー。走った後も疲れはなくいい雰囲気でした」
シムカミル

最終追い切り
東京・ダート・不良(ブノワ)
3F 41.4-12.9(馬なり)

ファンタン厩務員
「変わらず非常にいい状態にあります。メンタルもそうだし、身体的にも美しい状態を保っています」
シャドウディーヴァ

1週前追い切り
美浦・坂路・稍重(助手)
800m 54.8-40.2-25.8-12.4(キリ不明)

斎藤誠調教師
「前走のレース中に右前をひねった影響が残っていたけど、リカバリーしながら調教を積んで、うまく仕上がっています」

最終追い切り
美浦・坂路・重(助手)
800m 54.1-39.7-25.8-12.6(一杯)
オメガロマンス・古馬2勝(馬なり)を0.3秒追走・同入

斎藤誠調教師
「ゴールに向かうにつれて馬場が重くなり、時計は平凡でしたが、問題ない。動きは良かったです。しっかり負荷をかけられて仕上がったと思います」
6枠12番について
相田助手
「極端な外ではないのでよかったと思う。やれることはやってきて、追い切り後も変わりなく順調。状態はいいです」
シャフリヤール

1週前追い切り
栗東・芝・稍重(福永)
5F 66.8-51.6-37.7-11.2(馬なり)
プライムフェイズ・古馬3勝(馬なり)の内1.1秒追走・0.4秒先着

藤原調教師
「来週に向けて、よりいい状態へ持っていくイメージで調整。動きは良かったと思う。前走でこの馬本来の力を知ることができた。2000メートルから2400メートルに延びるのは間違いなくいい。条件はベスト。体が大きくないので57キロ(前走58キロ)になるのは凄くいい。全速力で走る馬に、この1キロは大きい」

田代助手
「1回使って体がグッと締まってきました。この秋の最大目標がここですからね。叩いた上積みは大きくて、ダービーを勝っている舞台。馬場は多少渋っても問題ないです」

最終追い切り
栗東・坂路・良(C.デムーロ)
800m 54.7-39.5-25.1-12.1(馬なり)
プライムフェイズ・古馬3勝(強め)を0.2秒追走・同入

C.デムーロ騎手
「前走(天皇賞・秋5着)の時より前向きで、元気が良かったです。状態はいいと思います。結果が出るように頑張ります!」
7枠15番について
田代助手
「偶、奇数は気にしていない。ここなら内を見ながら運べそうだね。使って気合も乗ってきたし、体も引き締まっていて状態は文句なし。力を出し切ってほしい」
ダノンベルーガ

1週前追い切り
美浦・南W・良(ムーア)
6F 84.6-67.8-52.0-36.6-11.4(馬なり)
シュトルーヴェ・古馬1勝(強め)の内0.3秒追走・同入

堀調教師
「(1週前は)馬なりで集中して走れて、無理をせず時計を出すことができました。メンタルのいい馬で操縦性に優れており、2400メートルは全く心配していません」

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
5F 71.0-54.3-38.9-12.1(馬なり)

堀調教師
「先週まででほぼ仕上がっていたので今週は微調整で。精神的にピリッとしてきて集中力が増し、動きも軽快になってきた。天皇賞(秋)前と変わらない仕上がりにある。2400(の距離)に関しては工夫が必要だけど、体のバランス的にも左回りのほうがいいし、大きなコーナーの東京は能力を出すのに申し分ない」
デアリングタクト

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.3-38.2-25.0-12.6(馬なり)

杉山晴調教師
「中1週になるので全体の時計が速くならないように、メリハリをつける指示。疲れは見る限りなさそう。今はかなりオンとオフがはっきりしていて、それがダメージの回復の早さにつながっている。今なら、このローテでも問題なくいけるのでは、と判断した。なんとか強いデアリングタクトをお見せできるように一生懸命頑張りたい」
4枠8番について
杉山晴調教師
「ここ2走はトラックバイアス(馬場傾向)に泣かされていたので。ここならよかった。極端なところでないし、偶数ですからね」
テュネス

最終追い切り
東京・ダート・不良(ムルザバエフ)
5F 15.7-14.6-15.4-16.0-16.6(向正面ナリ)

ムルザバエフ騎手
「馬の機嫌がとても良かった。参加する以上は勝ちたい。日本の馬は強いが勝算はある」

シールゲン調教師
「来日して初めて馬を見ましたが本国と同じ状態で満足」

テーオーロイヤル

最終追い切り
栗東・CW・良(菱田)
7F 97.6-67.0-52.6-38.5-12.1(馬なり)

菱田騎手
「アルゼンチン共和国杯は僕がうまく乗れなかった。大きく気持ち良く体を使わせる調教で、変わらずいい状態。自信を持って臨める」

栗原助手
「休養明けの2走前は使った後にクタっとしましたが、この中間は大丈夫。前走と同様に状態もいいですし、スムーズに能力を発揮してどこまでやれるか」

7枠13番について
横井助手
「自在に立ち回れるし、ポジションを取りに行ってもひっかかることのない馬。内を見ながら1角に入って行けそうですね」
トラストケンシン

1週前追い切り
美浦・坂路・良(丸田)
800m 56.9-40.2-25.8-12.5(馬なり)
ヴェローチェ・二未勝(馬なり)を0.4秒追走・同入

高橋文調教師
「1週前の動きは良く、好調を維持。年齢的なものか2000メートルは忙しく、距離が延びるのはいい」

最終追い切り
美浦・坂路・重(丸田)
800m 54.5-39.3-26.1-13.1(馬なり)

高橋文調教師
「今日は体が起きていたし、しっかりと反応もできていた。ここ2週の中でも良かったですね。少しモタモタするところもあるので、むしろ今なら2400メートルの方がいいかもしれない」
2枠4番について
高橋文調教師
「スタンドから遠い内めの偶数枠は良かった。変に押し込められることは心配だけど、距離ロスなく進められるいい枠と思う」
ハーツイストワール

最終追い切り
美浦・坂路・重(助手)
800m 53.3-38.7-25.4-12.9(一杯)
リーゼノアール・二未勝(強め)を0.3秒追走・同入

国枝調教師
「オーバーワークにならないように。(坂路での最終追いは)前回もやって、馬がうまく対応してくれたので、今回も坂路でいこうと思いました。体質も体ができてきたことで、しっかりしてきたのだと思います。うまく立ち回ってくれれば、遜色ないと思います」
5枠10番について
国枝調教師
「広い東京だから枠は気にしていなかったが、前回(17番)よりは内だしここならいいんじゃないかな。ジョッキー(武豊)も3度目でよく分かっているので、うまく乗ってくれるのでは」
ボッケリーニ

1週前追い切り
栗東・CW・良(浜中)
7F 97.9-66.3-52.1-37.0-11.5(一杯)
シルヴァーソニック・古オープン(一杯)の内0.7秒追走・0.1秒遅れ

池江調教師
「この馬にしては動いていました。(前走は)もう少し流れていたらまた違った結果になっていたかな、と思います。GⅠで流れがきつくなるのはいいでしょう」

最終追い切り
栗東・CW・良(浜中)
6F 85.2-68.9-53.2-37.5-11.3(馬なり)
コバルトブルー・古馬2勝(直一杯)の内0.2秒追走・0.3秒先着

浜中騎手
「ラストの反応を確認する程度でしたが、いい動きでした。先週も悪くはなかったとはいえ、もう一段階上がりそうな手応え。その感触通りに良くなっている感じです。いい状態でレースに向かえそう」
8枠18番について
川合助手
「中途半端な外枠より大外の方が自分の展開に持ち込みやすいはず。ジョッキー(浜中俊騎手)にうまくさばいていい位置を取ってもらいたい。一度叩いて状態は上がっていますし、頑張ってもらいたい」
ユニコーンライオン

最終追い切り
栗東・CW・良(国分優)
6F 84.9-69.5-54.3-38.9-11.7(馬なり)

国分優騎手
「中1週なので、しまいだけ。集中していたし、動きは良かったです。テンのスピードがある。相手は強いけど流れに乗って自分の競馬をするだけです」
5枠9番について
安藤助手
「この馬に関しては奇数、偶数は関係ありません。ゲートが速くて、二の脚も速いですからね」
ユーバーレーベン

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 68.8-53.1-38.2-11.9(強め)
ダグフォース・二未勝(末強め)の内0.2秒追走・同入

手塚調教師
「調教はあれで十分。(札幌記念、天皇賞・秋と)2回使って型通りに良くなっている。その前(札幌記念=498キロ)が太すぎただけで、前回がちょうどいい。今回も体はキープできている。展開の助けは必要だが、天皇賞より距離が延び、開催が進んで時計が掛かる馬場となるのは歓迎」

最終追い切り
美浦・南W・重(津村)
6F 83.0-68.0-52.6-37.8-11.8(G前仕掛け)

手塚調教師
「いつも調教はそんなに動かない子なので、走るパートナーを相手にいい動きだったと思います。体重の増減が激しい子で、2回使って代謝が良くなっていることもあり、過保護にせずバリバリ調教しています。前走より良くなっているのは間違いないと思います」
8枠17番について
平塚助手
「いつものこの馬の競馬をする分には枠を気にすることもないのでは。むしろ他馬を見ながら運べる外で良かったです。デキ落ちはないし追った後も順調。前走(天皇賞・秋=8着)よりも舞台は合うし、使いながら良くなる馬なので順当に体調が上がっていれば」
リッジマン

最終追い切り
水沢・ダート・良(菅原辰)
4F 51.9-38.9-12.4(馬なり)

千葉幸調教師
「休み明けで転厩してきて、2回使ったあたりから気合などがガラッと変わりました。今朝の追い切りも期待通りの動き。いい状態で送り出せそうだし、厳しい条件だけど今、持てる力を出し切ってくれたら」

2022年・ジャパンカップの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 ジャパンカップ|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・ジャパンカップの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はハーツイストワールに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/3・12/4)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
チャンピオンズカップは2022年12月4日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2022年で第23回を迎え、昨年はテーオーケインズが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪神ジュベナイルフィリーズは2022年12月11日に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦。阪神JFは2022年で第74回を迎え、昨年はサークルオブライフが制した。阪神ジュベナイルフィリーズの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。