【ジャパンカップ2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

ジャパンカップ 2018 追い切り

今回はジャパンカップ2018の追い切り・コメントの記事です。ジャパンCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2018年11月25日(日) | 5回東京8日 | 15:40 発走
第38回 ジャパンカップ(GI)芝・左 2400m
Japan Cup (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2018年・ジャパンカップの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

ジャパンカップ 2017 シュヴァルグラン

【ジャパンカップ2018】出走予定馬・騎手/今年も日本馬の独壇場か
【ジャパンカップ2018】予想オッズ/アーモンドアイが人気の中心

ジャパンカップ2018の出走予定馬・想定騎手の情報です。ジャパンCには16頭が出走登録を済ませています。出走予定馬にはアーモンドアイやスワーヴリチャードなどが名を連ねています。長い直線で繰り広げられる熱い戦い。

追い切り

ジャパンカップに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
アーモンドアイ

前走時追い切り・秋華賞(1着)
美浦・坂路・良
800m 49.7-37.0-12.5

最終追い切り
11月21日・美浦・南W・良
6F 83.9-67.8-53.0-38.7-12.4

C.ルメール騎手
「最初からリラックスして、3~4コーナーでペースアップすると直線はすごくいい脚を使った。前走(秋華賞=1着)よりパワーアップしてコンディションも上向き。心身ともに充実していますね。とても賢くて、すべきことをよく知っている馬。一番いいところは瞬発力。加速する時はフェラーリに乗った感じです。東京二四はけっこう大変な距離だし、今回は古馬相手で難しいレース。ただ、オークスを勝った時より良くなった彼女にとって問題ないコースとも思っています。日本で一番賞金が高く、世界でも有名なレース。勝った馬はスーパーホースになりますね。彼女にとっては今年最後の挑戦です。ぜひ勝ちたいし、能力もあるから自信を持って乗りたい」
ウインテンダネス

前走時追い切り・アルゼンチン共和国杯(4着)
栗東・CW・良
6F 81.7-66.6-52.5-38.5-12.0

最終追い切り
11月21日・栗東・CW・良
6F 83.0-67.0-52.4-38.4-11.9

杉山調教師
「道中折り合いもついていたし、春先の雰囲気にかなり近づいている気がします」

小川助手
「体が太い分には競馬を使っての良化が期待できるけど、体が戻っていないところからレースを使いだすと戻りが遅い。この秋は3走目の今回でようやく、良くなってきた感じ。ここ2走(京都大賞典=6着→アルゼンチン共和国杯=4着)と比べれば、はるかにいい状態だよ」

ガンコ

前走時追い切り・アルゼンチン共和国杯(6着)
栗東・坂路・良
800m 52.1-38.0-12.5

最終追い切り
11月21日・栗東・坂路・良
800m 53.0-38.6-25.1-12.7

中村助手
「春のいい頃の感じに戻ってきたと思う。(秋)3戦目で一番具合がいい。使うごとに気も入っている」
キセキ

前走時追い切り・天皇賞秋(3着)
栗東・CW・良
5F 67.5-51.7-37.9-11.5

最終追い切り
11月21日・栗東・CW・良
6F 84.4-66.9-52.0-38.7-12.0

辻野助手
「夏にリフレッシュさせた効果が大きく、この秋は精神面が充実している。ここ2走、ある程度出していく競馬をして折り合えたのは大きい」
サウンズオブアース

前走時追い切り・毎日王冠(9着)
栗東・CW・良
6F 83.1-66.5-51.2-37.6-11.7

最終追い切り
11月21日・栗東・CW・良
6F 81.5-65.7-51.2-38.2-12.2

藤岡調教師
「上がり重点にしっかり追ってもらった。この時期に良くなってくるタイプで体も締まった感じ。距離が延びるのもいいし、衰えは感じない」
サトノクラウン

前走時追い切り・宝塚記念(12着)
美浦・南W・稍重
5F 68.5-53.2-38.9-13.1

最終追い切り
11月21日・美浦・南W・良
5F 70.3-55.3-39.9-13.1

W.ビュイック騎手
「競馬への準備は整っている。重賞も勝っているし、気性面に関しては心配していない」
サトノダイヤモンド

前走時追い切り・京都大賞典(1着)
栗東・CW・良
6F 85.5-67.9-52.8-38.9-11.3

最終追い切り
11月21日・栗東・CW・良
4F 53.2-37.8-11.4

池江調教師
「前走(京都大賞典=1着)はジョッキー(川田)がうまく乗ってくれました。それにノドも良くなり、いろいろな数値も良くなっています。今まではトモの踏ん張りが利かなくて、やめていたけど、それも解消してきました。精神面と肉体面が、うまくリンクした感じですね。歩様も良くなり、先週調教に乗ったモレイラも“バランスのいい馬”と話していました。(今回は3歳時のダービーでハナ差2着と惜敗した舞台だが)直線の坂が苦手かもしれないので、坂を上り切ってからのラストスパートがいかにできるかですね」
シュヴァルグラン

前走時追い切り・京都大賞典(4着)
栗東・坂路・良
800m 53.9-39.0-12.6

最終追い切り
11月21日・栗東・坂路・良
800m 54.0-38.6-25.2-12.8

友道調教師
「今日は馬の動きが主体。しまい2ハロンを伸ばしてもらった。1回使えばすごく状態が上がる馬。東京の2400メートルも一番合っていると思う。そんなに簡単なメンバーではないが、今年も気を引き締めて頑張りたい」

大江助手
「前走のダメージが少なく状態がすぐに上がったので、中間はそれを維持する感じでやってきた。1週前にクリスチャンに乗りやすさと追ってからのズブさを確認してもらった。イメージはつかんでくれたはず」

スワーヴリチャード

前走時追い切り・天皇賞秋(10)
栗東・CW・良
6F 82.3-66.8-51.8-38.4-11.9

最終追い切り
11月21日・栗東・CW・良
6F 85.4-68.4-53.2-39.2-12.7

M.デムーロ騎手
「一度競馬を使っているので、そんなにやらなかった。状態は完璧、すごくいい。左回りは上手だし、あとは気持ちだけ。大阪杯の時がすごく強い競馬だった。この馬ならチャンスがあると思っている。自分も(GI)2着が多いのでそろそろ勝ちたい。ガンバリマス!」
ノーブルマーズ

前走時追い切り・アルゼンチン共和国杯(9着)
栗東・坂路・良
800m 55.4-40.7-13.6

最終追い切り
11月21日・栗東・坂路・良
800m 54.2-39.7-25.8-12.8

宮本調教師
「ジョッキーに任せた。いいんじゃないかな。(前走は)休み明けで急仕上げ。使って良くなるタイプだし、宝塚記念(3着)のような競馬ができれば。大穴の惑星馬やから」
ハッピーグリン

前走時追い切り・富士ステークス(11着)
門別・坂路・良
600m 37.5-12.0

最終追い切り
11月21日・門別・坂路・良
600m 35.7-23.4-12.0

田中淳調教師
「距離や相手関係など高いハードルに立ち向かうことになるが、精いっぱいの走りを見せたい」
ミッキースワロー

前走時追い切り・札幌記念(13着)
函館・ウッド・稍重
5F 67.7-52.6-39.1-12.5

最終追い切り
11月21日・美浦・南W・良
6F 85.4-69.8-54.6-40.2-12.9

横山典騎手
「順調にきている。それが一番。精神的な不安もなくなってきているね。東京も良さそう」

菊沢調教師
「前走(札幌記念=13着)はゴチャつく場面があって厳しい競馬に。仕上がりはいいし、大阪杯の内容からそう差はないのでは」

シェアする