【フェブラリーステークス2024】追い切り・コメント/調教を見てわかる事

フェブラリーステークス2024 追い切り

フェブラリーステークス2024追い切り・コメントの記事です。フェブラリーSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2024年2月18日(日) | 1回東京8日 | 15:40 発走
第41回 フェブラリーステークス(GI)ダート・左 1600m
February Stakes (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
フェブラリーステークスは2024年2月18日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2024年で第41回を迎え、昨年はレモンポップが制した。フェブラリーSの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都牝馬ステークスなどが開催される。
京都牝馬ステークス2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京都牝馬Sは2024年2月17日に京都競馬場で行われる短距離G3戦。2024年で第59回を迎え、昨年はララクリスティーヌが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ダイヤモンドステークス2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ダイヤモンドSは2024年2月17日に東京競馬場で行われる長距離G3戦。2024年で第74回を迎え、昨年はミクソロジーが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

フェブラリーステークス2024の追い切りをチェック!

フェブラリーステークス2024 追い切り

フェブラリーステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
京都牝馬ステークス2024の追い切り・コメントの記事です。京都牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
ダイヤモンドステークス2024の追い切り・コメントの記事です。ダイヤモンドSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アルファマム

前走・最終追い切り(根岸ステークス・8着)
栗東・坂路・良
800m 52.7-37.9-24.4-12.3(馬なり)

佐々木調教師
「馬のリズムでやったが、最後に併せる形でいい調教ができた。同じ休み明けでも、2走前とは状態が違う」

1週前追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.1-38.6-25.0-12.8(末強め)

佐々木調教師
「前走はスローペースで道中ハミをかんだりして、展開が向かなかった。状態は変わりなくいいが、マイルは長い感じがする。差し馬の展開になって、どこまで伸びてくるか」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.0-38.3-24.5-12.2(末強め)

佐々木調教師
「いい時計で走れていたし、フォームも良かったね。前回よりもいい状態だよ」
「前走は展開が向かなかった。今回は流れると思うし、状態も前走時よりいい」
8枠16番について
佐々木調教師
「最初の芝でみんな加速するだろうし、後ろから。与えられた枠で頑張るだけ」
イグナイター

前走・最終追い切り(JBCスプリント・1着)
園田・良
5F 66.0-48.5-36.1(稍強め)

1週前追い切り
園田・良
4F 51.6-37.3-12.3(馬なり)

新子雅調教師
「順調すぎるくらい順調に来ています。JBCの時より、もう一段階状態を上げていけそうな感じもある」

最終追い切り
園田・良(調教師)
5F 65.4-49.1-36.4-12.2(直強め)

新子雅調教師
「前走よりは1000メートルから入りを早くして、ある程度のラップを刻んでいくという調整をした。状態は今までで一番だと思う。JBCのあたりから馬体が完成してきたなと思うし、今回も自信を持って送り出せる」

武田厩務員
「順調ですね。もちろん厳しいレースになるのは覚悟しています。スピード負けすることはないと思うけど、逃げるよりも前に馬を置いて走らせたい。この舞台で新馬戦を勝っているし馬に戸惑いはないでしょう。今のイグナイターなら期待に応えてくれると信じています」

1枠1番について
新子雅調教師
「スタートを決められれば内枠でもいいと思います。千二である程度、前付けできるので千六なら、より前に行ける」
ウィルソンテソーロ

前走・最終追い切り(東京大賞典・2着)
美浦・坂路・良
800m 56.7-41.0-26.4-12.3(強め)

小手川調教師
「チャンピオンズCの後も本当にいい状態ですし、水曜(20日)に坂路で併せ馬をして、気持ちも入ってきました。(JBCクラシックでは)入れ替えたばかりだった大井の砂に対応できなかったけど、一回経験したことで対策はできた。(原)ジョッキーも手の内に入れているので」

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(武士沢)
5F 73.7-56.8-41.1-12.6(馬なり)
マニーブルース(馬なり)の内0.5秒追走・同入

小手川調教師
「(1週前追い切りは)しっかりと併せ馬ができて、いい感じでした。もともと広いコースでこそと思っていた馬。東京の速い時計の決着や、ワンターンは合うと思います」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(武士沢)
6F 83.7-67.1-51.8-37.3-11.5(馬なり)
アエロプラニーノ(一杯)の内0.5秒追走・0.2秒先着

小手川調教師
「こっちがどうのこうのというより、馬自身が競馬が近いのを分かっている感じ。油断すると持っていかれそうな気合乗りです」

横田助手
「2週続けて武士沢ジョッキー(レースは松山弘平騎手)に乗ってもらいましたが、先週よりも手応えは良かったんじゃないかと。すごく賢い馬なのでレースが近いのは分かっていますし、メンタル面も心配していません」

7枠14番について
小手川調教師
「外めの偶数で一番欲しかったところ。テンションが上がるので後入れはいい。ここなら内を見ながらいけるし、ゲートを出れば前、前でもいいですしね」
オメガギネス

前走・最終追い切り(東海ステークス・2着)
美浦・ウッド・良
5F 66.7-51.3-36.9-11.4(馬なり)

戸崎騎手
「誘導馬について、しまいもある程度しっかり脚を伸ばす指示でしたが、思った通りの動きでした。乗りやすい馬ですし、最初からパフォーマンスは良かった。力をつけていますね。レパードS(2着)のように伸び切って走るとしまい甘くなるが、前走(グリーンチャンネルC1着)のように走れればしまい切れる脚を使える」

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(杉原)
6F 81.0-64.7-50.1-36.7-12.2(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(ルメール)
6F 82.5-65.6-51.3-37.4-11.3(馬なり)
オンザライン(一杯)の内0.7秒追走・0.1秒先着

ルメール騎手
「ずっとスムースなペースで走って、最後は手応え良く、自分で動いてくれました。コンディションはバッチリだと思います。これから彼の競馬を勉強したいと思います。東京のマイルはベストパフォーマンスをできているし、いい瞬発力、速い脚があります。(サウジCに遠征する馬が多く)今年はチャンピオンホースがいないですし、チャンスがあると思います」

大和田調教師
「指示どおり、しっかり乗ってくれたと思いますし、ジョッキーもいい感触、いい反応を確認できたと思います。(前走後の調整は)先週、今週と少し予定より時計が速くなったのは心配ですが、この時計で走れるというのは具合がいいし、能力があるのだなと思います。G1も重賞も勝っていないので、胸を借りるつもり。2走前の競馬が強かったので、人気にはなりそうですが、力が通用するのか、不安なところと楽しみなところがあります。まずは馬が無事に走ってくれれば」

吉田助手
「特に疲れは感じず大丈夫です。若い頃に比べて体が強くなりましたね」

3枠5番について
大和田調教師
「スタートが上手ではなく(ゲート内で)待たされると良くないので、できれば偶数の6番か8番あたりが理想でしたが、極端な枠でなかったのはよかったです。(レースプランについては)周りの出方よりも自分のペースで走らせることが一番。芝スタートは問題ないし、二の脚が速いのでうまくスタートを切って自分のリズムで運びたい」
ガイアフォース

前走・最終追い切り(チャレンジカップ・6着)
栗東・坂路・良
800m 54.0-39.1-24.9-12.3(馬なり)

杉山晴調教師
「サッとしましたが、いい動きでしたね。前走(天皇賞・秋5着)を120%というぐらいに仕上げたけれど、引き続きいい状態です」

1週前追い切り
栗東・CW・重(長岡)
7F 98.6-67.0-51.8-36.6-11.4(一杯)
エルトンバローズ(馬なり)の外0.6秒先行・0.1秒先着

長岡騎手
「しっかり攻めたことで良くなってくると思う。時計も出て、動きは良かった」

杉山晴調教師
「東京のマイル自体は経験していますし、初めてのダートを試すには広いコースはいいと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(長岡)
800m 52.9-37.6-23.6-11.7(馬なり)

長岡騎手
「先週の動きも良かったですし、今日も良かったと思います」
「ダートに合うフォームを求めて調整し、体の使い方が良化。うまく噛み合ってくれれば」

杉山晴調教師
「15-14ぐらいで入り、しまいだけさっと反応を見たが、思った以上の反応だった。いい調子だと思う。(ダート初挑戦については)もちろん、やってみないと分からないが、マイルは合うし、中団から長くいい脚を使うイメージで」

小川厩務員
「いい状態で帰厩してくれたので立ち上げはスムーズだった。仕上がりは申し分ないから、あとはダートへの適性がどうかだね」
「どこに行くのも平気。見ての通り、元気だよ。鞍上・長岡はケイティブレイブ(20年16番人気2着)の時と同じ。枠も去年(レモンポップが)勝った番号だからいいイメージがある。(ダート挑戦については)初めてのキックバックだけは心配」

4枠7番について
長岡騎手
「枠はどこでもいいですよ。道中リズム良く運びたいですね」
カラテ

前走・最終追い切り(AJCC・10着)
栗東・坂路・良
800m 54.8-38.9-24.8-12.1(馬なり)

辻野調教師
「過去の休み明けの中で、反応は一番良かったです。間隔は空いていますが、力は出せると思います。暑い時期よりも寒い時期の方が良くて、今は冬毛も生えておらず、毛づやがいいです。若々しさもあります」
「間隔は空いたが、態勢は整った。距離がどうか」

1週前追い切り
栗東・CW・重(助手)
6F 86.4-70.3-54.8-38.7-11.7(強め)

辻野調教師
「前走は走り切っていないので、ダメージはなかった。ワンターンのコース形態は合うし、あとはダート適性だけですね」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.2-38.6-24.5-12.2(馬なり)

辻野調教師
「サッとやりました。フレッシュな状態で、反応も良かったです」
「フレッシュな状態を保たせるためにサッと。ワンターンは合っている」
3枠6番について
辻野調教師
「もう少し外の方が(競馬を)組み立てやすかったかな。跳びが大きいので伸び伸び走らせたい。競馬が近づいてピリッとしてきた」
キングズソード

前走・最終追い切り(東京大賞典・5着)
栗東・CW・良
6F 90.0-73.6-56.9-39.9-11.8(末一杯)

寺島調教師
「オーバーワークは避けようと考えて、今朝の調教を行いました。道中でしっかりと我慢が利いていましたし、いい動きでしたね。前回同様に馬の状態は非常にいいなと思いますよ。前走内容を見ると、大井のこの条件が合っているようですね。メンバーは揃いますが、楽しみにしていますよ」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(調教師)
6F 83.7-68.5-53.8-38.6-12.6(一杯)

寺島調教師
「(1週前追い切りは)長めからしっかりやりました。時計も良かったです。体調面に関してはずっと安定。ワンターンのマイルという条件はこなしやすいと思う」

最終追い切り
栗東・CW・良(岩田望)
6F 81.2-66.0-51.9-37.4-11.6(一杯)
ギルティプレジャー(馬なり)の内0.9秒追走・同入

岩田望騎手
「行きっぷりも良くて、しっかり我慢も利いていました。いい感触で終えられました」

寺島調教師
「(前走は)悪いレースはしていないし、そこまで差はなかった。行きっぷりがいいので(1600メートルなら)ジョッキーも乗りやすいと思う」

内山助手
「東京は初めてだが落ち着いている。体がまた大きくなって元気いっぱい。よく食べるので過去最大の馬体重で出ることになりそう。パワーがあるので、大井での勝ちっぷりを見ても馬場は合いそう。マイルでも楽しみ」

6枠11番について
寺島調教師
「ゴチャつくより、外のほうがいいと思っていたのでいいところです。あとはこの馬の競馬に徹するだけ。自信を持って送り出せる。冬場で絞りづらい時期でもあり、追い切り後の体重は増えているけど、輸送もあるし510キロ台の後半で出せそう。見た目の体つきも悪くないし、特に問題はないですよ」
シャンパンカラー

前走・最終追い切り(安田記念・14着)
美浦・ウッド・稍重
5F 65.6-50.4-36.2-11.6(馬なり)

内田騎手
「最後の1ハロン手前くらいから併せにいって、馬がその気になっていたので軽く伸ばしました。レース間隔も短いので調整程度だったけど、いい感じで最後は伸びてくれました。これで十分だと思います。メンバーは強いけど、いつかは戦わなければいけない相手。早いうちに力関係がどんなものかここで測れますし、どれだけやれるか楽しみ。シャンパンカラーと人馬一体となってレースを組み立てていきたい」

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(内田博)
6F 80.8-64.0-50.2-37.0-11.1(強め)

内田騎手
「動きはまずまず。初ダートで甘くはないが、馬自身はだいぶ良くなってきている」

田中剛調教師
「単走でこの時計。凄いな。時計がかかる芝で勝っているし、ダートはこなせると思う。本番までに砂をかぶる練習はしておきたい」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(内田博)
6F 82.9-66.5-51.8-37.4-11.9(馬なり)

内田騎手
「先週の金曜日にビシッとやっているので調整程度だが、体を大きく使えてきた。ダート(初挑戦)は甘くないけどね」

田中剛調教師
「先々週、先週とやっているので今週はあまり負荷をかけないで反応だけ見る形。うまく終わったと思っています」
「ダートの1600メートルは一番タフな舞台だが、芝の重馬場でも勝っている。何とかゲートを出てほしい」

1枠2番について
田中剛調教師
「砂をかぶるのが心配だし不安。いいスタートを切ってかぶらないところに出していけるか。あとはジョッキーに委ねるしかない。ダートのベテランですからお任せします」
スピーディキック

前走・最終追い切り(東京シンデレラマイル・1着)
浦和調教場・良
4F 50.9-36.6-11.7(末強め)

1週前追い切り
浦和調教場・良
4F 50.5-37.2-12.7(直一杯)

藤原智調教師
「前走後はレース中に負った右後肢の外傷をケアしながら厩舎で調整。傷は癒えました。理想としていた仕上がりで臨めそう」

最終追い切り
浦和調教場・良
5F 65.8-50.5-37.7-12.4(馬なり)

藤原智調教師
「走りたい気持ちを抑えて、本番へ力をためるイメージのまま調整を終えることができた。カイバも食べているし、今後は状態を見ながら微調整をしていく」
6枠12番について
藤原智調教師
「(枠は)特に気にしていなかったけど、悪くないと思います。あとは(御神本)ジョッキーがうまく乗ってくれるでしょうし、任せるだけです。追い切り後も問題なく、イメージ通り進んでいます。馬体重も想定通り(木曜発表は491キロ)。あとはレースに向けて、いい状態で出走させるだけですね」
セキフウ

前走・最終追い切り(兵庫ゴールドトロフィー・5着)
栗東・CW・良
6F 82.9-67.1-52.3-37.8-12.5(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・重(藤岡康)
7F 96.8-65.5-51.8-36.9-11.6(一杯)
シルバーカレッジ(一杯)の内0.8秒追走・0.1秒先着

武幸調教師
「寒い時期は元気がいい。機嫌良く競馬に行けるようにもっていきたい」

最終追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 52.1-38.1-24.9-12.7(馬なり)
ゼンノツキヨミ(一杯)を0.4秒追走・0.4秒先着

武幸調教師
「坂路で強めにやりました。動きどうこうではなく、とにかく順調にきています」
「冬のほうが体調がいいタイプ。デキは上々だし、気分良く行ければ」

中島助手
「海外遠征したのが強みになっている。輸送は心配していなかったし道中もよく食べていた。具合は良さそう。豊さんが(京都牝馬ステークスを)勝ったのでその勢いに乗りたい。こういう混戦でこそ“ユタカマジック”があるから。エルムSのイメージで乗ってくれれば」

4枠8番について
武幸調教師
「(枠は)どこでも。もまれずスムーズな競馬ができれば。百戦錬磨の鞍上なので」
タガノビューティー

前走・最終追い切り(根岸ステークス・13着)
栗東・坂路・良
800m 53.9-38.3-24.9-12.7(叩き一杯)

西園正調教師
「先々週、先週と下(CWコース)でしっかりやって、きょうは坂路でゴールまで併せる形。いつも通りの感じ。東京ならしまいは確実にいい脚を使う。何とかタイトルを取らせたい」

西園助手
「ずっといい競馬をしてくれているし、具合も変わらず良さそう。東京は実績のある舞台なので好勝負を期待」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
6F 80.5-65.7-52.0-37.7-12.4(一杯)
ロコポルティ(馬なり)の内0.1秒先行・0.1秒遅れ

西園正調教師
「最後に気合を乗せる感じ。一度使って、状態は良くなっている。前走は展開が向かなかったけど、東京は得意だし、改めて期待」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.5-38.4-25.1-12.6(一杯)
ドンアポロン(馬なり)に0.3秒先行・同入

西園正調教師
「しまいだけ併せる形でやった。気合も乗っていたし、いい動きだった」
「気合を乗せるために先週、今週と併せ馬でやってきた。上積みを感じる」
「前走はペースが遅かったのが響いたが、自分の脚は使っていた。上積みはあるし、巻き返したい」
5枠10番について
西園正調教師
「テンからそんなに行く馬ではないので、真ん中から外めの枠になったのはいいと思います」
ドゥラエレーデ

前走・最終追い切り(東京大賞典・3着)
栗東・CW・良
5F 70.9-54.7-38.3-11.6(直強め)

池添調教師
「予定通りです。しっかり我慢させて、しまいだけ手綱を緩める感じ。折り合っていましたし、問題ないです。(前走は勝った)レモンポップを目標にして苦しくなりましたが、いい競馬でした。大井はスタートして(1コーナーまで)距離があるので、ポジションも取りやすいと思います。ムルバザエフ騎手だと引っ掛からない。バランスの関係か、楽に走れている。手が合っているんでしょうね」

1週前追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 55.1-39.1-24.8-12.0(馬なり)

池添調教師
「前走は結果的にチャンピオンズCの疲れがレースに影響した感じ。このメンバーで今までのようなポジション取りができるか」

最終追い切り
栗東・坂路・良(ムルザバエフ)
800m 49.1-36.4-24.4-12.6(一杯)

ムルザバエフ騎手
「前回と比べて間違いなくフレッシュ。時計は速かったですが、すごく楽に動いていたし、状態はチャンピオンズCの時よりいい。1600メートルは懸念しているが、直線が長いのはいい」

池添調教師
「前回、ムルザバエフ騎手に追い切り乗ってもらった時は抑え込みすぎて時計が遅くなった。その辺を気をつけて乗ってもらったが、入り(スタート)から速いと感じた。よく、こんなに動いたなあという感じ。活気のある走りだった」

小島助手
「(17日に輸送を終えて)いつも通りですね。どこに行っても落ち着いていますから。ここまで順調にきていますし、初めてのマイルはやってみないと分かりませんが、ジョッキーにお任せですね」

2枠4番について
小島厩務員
「決まった枠でやるだけです。ジョッキーも乗り慣れて、馬のことをわかってくれているのでお任せします」
ドンフランキー

前走・最終追い切り(東京盃・1着)
栗東・CW・良
6F 84.2-68.2-52.6-37.3-11.6(一杯)

1週前追い切り
栗東・ポリ・良(池添)
6F 80.2-64.8-50.9-37.5-12.4(G前気合付)

池添騎手
「(1週前追い切りは)ゴールしてからも伸ばしたので、これで上がってくるかなと思います」

斉藤崇調教師
「時計が出ていたし、当週はもうひとつ動ける態勢になると思います」

最終追い切り
栗東・ポリ・良(池添)
6F 81.8-65.4-50.9-37.4-11.1(一杯)
セルケト(一杯)の内0.3秒追走・同入

斉藤崇調教師
「骨折明けだし、ツメのトラブルもあってポリトラックへ。先週追ったことで一段階上がり、今週でもう一段階上がってくれば。逃げる形にしてからはマイルは初めて。自分の競馬でどこまで」
「前走は楽な形ではなかったですが、強い勝ち方でした。力をつけていますし、今回も自分の形で運んでどこまでやれるか」

福田助手
「東京は初めてだが中京の延長といった感じで問題なさそう。左回りワンターンは凄くいいが、残り200メートルはやってみないと。(馬体重については)幅が合ってスケールがでかい。中京でも少し減ったし、600を切るぐらいかな」

8枠15番について
斉藤崇調教師
「おそらく前に行くと思います。スタートが速いし、二の脚も速いし、枠はどこでもいいです」
ペプチドナイル

前走・最終追い切り(東海ステークス・6着)
栗東・坂路・良
800m 56.2-40.2-25.4-12.5(馬なり)

武英調教師
「追い切りは息を整える程度。前に馬を置いて集中できるように。動きは抜群。今年は勝負の年になると思う。重賞タイトルを」
「すごくいい状態。あとは騎手に任せる。平常心でいってくれれば」

大倉助手
「ここのところタフになって、フィジカルもメンタルも良くなってきました。本物になってきましたね」

1週前追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 55.1-39.8-25.5-12.5(馬なり)
ホワイトリバー(一杯)を0.7秒追走・0.1秒先着

荻野助手
「追い切りでグイグイとうなっている。気持ちが前向きでいい感じ。あとはレースの流れ次第ですね」

最終追い切り
栗東・坂路・良(藤岡佑)
800m 55.8-40.8-26.0-12.6(馬なり)

武英調教師
「ちょうどいい時計で走れていました。馬がしっかりしてきており、状態はいいです」
「前走は最も嫌な形でも踏ん張った。今週の時計はちょうどいい。馬がしっかりしてきた」

大倉助手
「輸送の心配はしていないし、落ち着いていた。小回り専門の馬ではないし、東京は走っている。位置取りよりもリズム。もまれなければ」

5枠9番について
武英調教師
「極端な内枠じゃなければいいと思っていましたし、いい枠じゃないかな。マイルの距離は合うと思っています」
ミックファイア

前走・最終追い切り(東京大賞典・8着)
大井・良
5F 65.8-52.3-38.3(強め)

渡辺和調教師
「オーバーワークだけは嫌だったので、それを考えればいいかな。重くてビシッとやらなければ、という感じではなく、獣医もこのままでいいぐらいだと言っていた。時計も5ハロンが65秒台、3ハロンが38秒ぐらいなら十分」

三野宮補佐
「(前走の)ダービーグランプリの時より感じはいい。元気も違います」

1週前追い切り
大井・良
5F 64.0-50.1-36.5-12.0(強め)

渡辺和調教師
「前走は出遅れが響いた。調教の動きは良くなってきた。マイルはこなせるし、芝が合いそうな跳びなので、前走よりもいい舞台だと思う」

最終追い切り
大井・良
5F 66.5-52.0-37.7-12.0(強め)

矢野騎手
「2歳時に乗った時はフラフラと走っていてまだ子どもの体形でした。今は軸がしっかりしてきたし、直線も真っすぐに走れていた。ラストの反応も素晴らしかったですよ。中身が伴って体形が変わったというか、スッキリした」

渡辺和調教師
「今の馬場でこの時計なら十分。矢野騎手もステッキが入ってから1ハロンの伸びがさすがだなと。大賞典のダメージが少なく、順調にきていて、4日は湿った馬場とはいえいい時計。そこから一気に動きが良くなってきて、このままいけばすごくいい状態で出られるというところで外傷で1日だけ馬場入りを休んだけど、今日これだけの動きをみせてくれていれば、それなりにはやってくれる状態にもってこられたかなと思います」

2枠3番について
渡辺和調教師
「相手関係を考えれば、一発を狙えるいい枠じゃないかな。追い切り後も問題ないし、土曜も軽めの調整で十分。今回は当日輸送なので、盛岡(ダービーグランプリ)の時のように体が大きく減ることはないと思う。アクシデントなく送り出したいですね」
レッドルゼル

前走・最終追い切り(武蔵野ステークス・3着)
栗東・坂路・稍重
800m 54.5-39.1-24.9-12.2(馬なり)

安田隆調教師
「この中間は熱中症が尾を引いて状態が思ったように上がってこなかった。今回は久々もあるし割り引きでしょう」

1週前追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 52.4-38.0-24.5-12.2(一杯)

安田隆調教師
「冬場の方が体調がいいし、熱中症が尾を引いていた昨年の秋と違って元気。舞台はベストだと思います。できれば、力のいる良馬場でやりたいですね」
「もう少し動けると思ったが元気はいい。東京マイルはベスト。力の要る馬場が理想」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.2-40.1-25.9-12.8(馬なり)

安田隆調教師
「今は最高の季節。いい状態で挑めると思います。馬も走りたがっていますね」
「冬場のほうが元気がいい。この舞台はベストだし、力を要する良馬場でやりたい」

安田助手
「昨年の秋は夏の猛暑の影響もあって、なかなか調子が上がってこなかった。物足りなさを感じる状態のなかで前走の武蔵野Sではよく頑張ってくれました。これまで大事に使わせてもらったことで、8歳という年齢を感じさせない若々しさがあります」

田港厩務員
「毎年寒い時季は元気がいいので例年と同じ感じ。前走は夏負けの影響があったが、冬になったので心配していない」

7枠13番について
安田隆調教師
「昨年も外(15番枠で2着)でしたし、枠はどこでも良かったです。奇数、偶数も問題ありません。(レースでは)いかに制御できるかですが、状態がいい時はそんな感じです。老いてますます盛んですね」

2024年・フェブラリーステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 フェブラリーステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・フェブラリーステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はセキフウに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/20・4/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
中山記念は2024年2月25日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦。中山記念は2024年で第98回を迎え、昨年はヒシイグアスが勝利した。中山記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪急杯は2024年2月25日に阪神競馬場で行われる短距離重賞。阪急杯は2024年で第68回を迎え、昨年はアグリが優勝した。阪急杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。