【フェブラリーステークス2019】出走予定馬・予想オッズ/例年にない盛り上がり

フェブラリーステークス 2018 ノンコノユメ

フェブラリーステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のフェブラリーステークスの出走予定馬にはインティやゴールドドリームなどが名を連ねています。人馬ともに楽しみなメンバーが揃った。なにかが起こりそうな予感。

例年にない盛り上がり

2019年2月17日(日) | 1回東京8日 | 15:40 発走
第36回 フェブラリーステークス(GI)ダート・左 1600m
February Stakes (G1)

スポンサーリンク

2019年・フェブラリーステークスの出走予定馬たち

東海ステークス2019 インティ

2019年のフェブラリーステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。
赤文字の馬・騎手は14日にJRAが発表した出走が確定した馬と騎手です。

出走予定馬
  • アンジュデジール(横山典弘)
  • インティ(武豊)
  • ヴェンジェンス(石川裕紀人)※:回避の見込み
  • オメガパフューム(M.デムーロ)
  • クインズサターン(四位洋文)
  • コパノキッキング(藤田菜七子)
  • ゴールドドリーム(C.ルメール)
  • サクセスエナジー(松山弘平)
  • サンライズソア(田辺裕信)
  • サンライズノヴァ(戸崎圭太)
  • ナムラミラクル(未定)※:回避の見込み
  • ノボバカラ(F.ミナリク)
  • ノンコノユメ(内田博幸)
  • メイショウウタゲ(北村宏司)
  • モーニン(和田竜二)
  • ユラノト(福永祐一)
  • レッツゴードンキ(岩田康誠)
  • ワンダーリーデル(柴田大知)

※ヴェンジェンスはフェブラリーステークスは自重し、17日に京都で行われる大和ステークスに向かう予定。
※ナムラミラクルは10日に行われたバレンタインステークス(11着)を使ったため回避する。

関連記事
同週に行われる他の重賞もチェック!

京都牝馬ステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の京都牝馬ステークスの出走予定馬にはミスパンテールやワントゥワンなどが名を連ねています。古馬牝馬にとって上半期の大目標となるヴィクトリアマイルへ向けた戦いが始まる。
ダイヤモンドステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のダイヤモンドステークスの出走予定馬にはユーキャンスマイルやグローブシアターなどが名を連ねています。数少ない長距離重賞。自慢のスタミナを武器に挑め。
小倉大賞典2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の小倉大賞典の出走予定馬にはスティッフェリオやマイスタイルなどが名を連ねています。毎年穴馬が馬券圏内に来て波乱を演出。今年も混戦必死。

出走予定馬・ピックアップ

ゴールドドリーム

東京競馬場で行われるG1「フェブラリーステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

インティ(Inti)

インティ・5歳牡馬
7戦6勝 [6-0-0-1]
父:ケイムホーム
母:キティ
母父:Northern Afleet
馬名の由来:インカ神話の太陽の神
前走:東海ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

見るものを引き付ける圧倒的なパフォーマンス「インティ」

新馬戦こそ9着に敗れたものの、その後の6戦はいずれも圧勝で勝ち続けている。
重賞初挑戦となった前走の東海ステークスでも後続に影をも踏ませぬ逃亡劇で連勝を伸ばした。

これまでは1700mから1800mの経験しかなく、マイル戦は初挑戦。
無理に逃げる必要はないタイプだが、レースの流れに乗れるかが気がかり。

名手・武豊がどんな競馬を見せるかを楽しみにしたい。

ピックアップレース
東海ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東海ステークスの着順は1着:インティ、2着:チュウワウィザード、3着:スマハマとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ゴールドドリーム(Gold Dream)

ゴールドドリーム・6歳牡馬
18戦8勝 [8-5-1-4]
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:金の夢
前走:東京大賞典・2着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

見果てぬ夢の続き「ゴールドドリーム」

一昨年のチャンピオンズカップから6戦連続G1で連対を果たしており、現役ダート馬の中でも安定感は随一だ。
G1・4勝もトップクラスの実績の持ち主。

フェブラリーステークスは一昨年に優勝しており、昨年もクビ差の2着。
東京コースで見てみても【3-2-0-0】と抜群の相性を誇る。

まだ若い馬たちにトップの座は譲れない。

ピックアップレース
「フェブラリーステークス 2017」の動画・結果です。フェブラリーステークスの結果は1着:ゴールドドリーム、2着:ベストウォーリア、3着:カフジテイク。「ゴールドドリーム」が勝利した2017年のフェブラリーSの詳しい結果、動画をご覧ください。
オメガパフューム(Omega Perfume)

オメガパフューム・4歳牡馬
9戦5勝 [5-2-1-1]
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想
前走:東京大賞典・1着(3番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

最強世代の強さを見せる「オメガパフューム」

芝・ダートともに今年の4歳世代は強い。
同世代のルヴァンスレーヴがいなくても、東京大賞典を制したオメガパフュームが世代を代表する。

東京大賞典では先輩たちを蹴散らしG1初制覇を果たした。
直線ではゴールドドリームらをねじ伏せるように伸び、上り最速タイムでの優勝だった。

しっかりデムーロ騎手を確保している当たり期待度は高い。
マイル戦でもこの馬の末脚を引き出してくれそうだ。

ピックアップレース
東京大賞典2018の結果・動画をまとめた記事です。2018年の東京大賞典の着順は1着:オメガパフューム、2着:ゴールドドリーム、3着:ケイティブレイブとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
コパノキッキング(Copano Kicking)

コパノキッキング・4歳せん馬
9戦7勝 [7-1-0-1]
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:ゴールドヘイロー
馬名の由来:冠名+キックする
前走:根岸ステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:藤田菜七子)

まさかのコンビがG1を盛り上げる「コパノキッキング」

カペラステークス、根岸ステークスを連勝してきた4歳馬がG1で大きな注目を集めている。
鞍上にG1初騎乗となる藤田菜七子騎手を迎えたからだ。
オーナーのDr.コパ氏は前走で2着以内だったら藤田騎手とのコンビでG1に挑む予定だったとのこと。

前走の根岸ステークスでは上り最速の脚で勝利をおさめたが、この時騎乗したマーフィー騎手がレース後に(フェブラリーステークスの)1600mは長いだろうと発言しており距離がカギを握りそうだ。

人馬ともにG1初挑戦。
どんな結末が待っているのか。

ピックアップレース
根岸ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の根岸ステークスの着順は1着:コパノキッキング、2着:ユラノト、3着:クインズサターンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にもフェブラリーステークスには昨年の覇者ノンコノユメや2016年の覇者モーニン、東京コース得意のサンライズノヴァなども出走を予定しています。

フェブラリーステークスは2019年2月17日(日)の15時40分発走予定です。

フェブラリーステークス2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・フェブラリーステークスの予想オッズはこのように予想しています。
東海ステークスを圧勝し、武豊騎手とのコンビで挑むインティが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. インティ(2.5)
  2. ゴールドドリーム(3.0)
  3. オメガパフューム(4.0)
  4. コパノキッキング(5.5)
  5. サンライズノヴァ(17.0)
  6. ノンコノユメ(25.0)
  7. ユラノト(28.0)
  8. サンライズソア(30.0)
  9. モーニン(33.0)
  10. クインズサターン(45.0)
  11. アンジュデジール(☆)
  12. レッツゴードンキ(☆)
  13. ナムラミラクル(☆)
  14. ノボバカラ(☆)
  15. サクセスエナジー(☆)
  16. メイショウウタゲ(☆)
  17. ヴェンジェンス(☆)
  18. ワンダーリーデル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

フェブラリーステークス2019の日程・賞金

フェブラリーステークス

フェブラリーステークス

日程・発走予定時刻
2019年2月17日(日)15時40分発走予定

場所・距離
東京競馬場・ダート・1600m


G1

1着賞金
1億円

プレイバック

フェブラリーステークス 2018 ノンコノユメ

2018年2月18日(日)フェブラリーステークス(GI)

1着:ノンコノユメ
2着:ゴールドドリーム(クビ)
3着:インカンテーション(クビ)
4着:サンライズノヴァ(3馬身)
5着:レッツゴードンキ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.36.0
優勝騎手:内田 博幸
馬場:良

フェブラリーステークス
フェブラリーステークス 2018の動画・結果です。フェブラリーSの結果は1着:ノンコノユメ、2着:ゴールドドリーム、3着:インカンテーション。「ノンコノユメ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

フェブラリーステークス 2018の動画・結果です。フェブラリーSの結果は1着:ノンコノユメ、2着:ゴールドドリーム、3着:インカンテーション。「ノンコノユメ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント
1着 ノンコノユメ(内田博幸騎手)
「有力馬が前にいたので、いつでも外に出せるような競馬を考えていた。外に出せたことが一番の勝因」