【愛知杯2023】出走馬・予想オッズ・枠順/妖艶で魅力的

愛知杯2022 ルビーカサブランカ

愛知杯2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。愛知杯は2023年1月14日に中京競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第60回を迎え、昨年はルビーカサブランカが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

妖艶で魅力的

2023年1月14日(土) | 1回中京5日 | 15:35 発走
第60回 愛知杯(GIII)芝・左 2000m
Aichi Hai (G3)

スポンサーリンク

2023年・愛知杯の出走予定馬たち

愛知杯の枠順決定!(1月13日)

愛知杯2023 枠順

2023年・愛知杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではアートハウスが2枠3番、マリアエレーナは2枠2番、ルージュエヴァイユは6枠11番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・愛知杯の追い切り・コメントをチェック!
愛知杯2023の追い切り・コメントの記事です。愛知杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(1月12日)

ローズステークス2022 アートハウス

2023年の愛知杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アイコンテーラー(菱田裕二)
  • アブレイズ(荻野極)
  • アンドヴァラナウト(D.イーガン)
  • アートハウス(川田将雅
  • エリカヴィータ(岩田望来)
  • サトノセシル(C.ルメール
  • サンテローズ(福永祐一)
  • ビジン(酒井学)
  • フィオリキアリ(鮫島克駿)
  • ホウオウイクセル(丸田恭介)
  • マリアエレーナ(松山弘平)
  • ラヴユーライヴ(坂井瑠星)
  • リアアメリア(和田竜二)
  • ルビーカサブランカ(武豊
  • ルージュエヴァイユ(戸崎圭太)
回避馬
  • タガノパッション
【参考レース】2023年 愛知杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・愛知杯の出走馬参考レース動画です。
出走予定馬の過去のレースを振り返り、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はルビーカサブランカに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/4・2/5)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
日経新春杯は2023年1月15日に中京競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2023年で第70回を迎え、昨年はヨーホーレイクが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

ローズステークス2021 アンドヴァラナウト

中京競馬場で行われるG3「愛知杯」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ルビーカサブランカ(Ruby Casablanca)

ルビーカサブランカ・6歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2022年・愛知杯
馬名の由来:花の名前

昨年の覇者で、前走のチャレンジカップで2着に入るなど中距離は得意な舞台。
牝馬限定戦となった2004年以来初の愛知杯連覇なるか。

アートハウス(Art House)

アートハウス・4歳牝馬
父:スクリーンヒーロー
母:パールコード
母父:ヴィクトワールピサ
主な勝鞍:2022年・ローズステークス
馬名の由来:アートハウス

中京芝2000mはローズステークスを快勝した舞台。
川田騎手が惚れこむ逸材が再び中京の地で咲き誇る。

サトノセシル(Satono Cecil)

サトノセシル・7歳牝馬
父:Frankel
母:Dupe
母父:Observatory
主な勝鞍:2021年・洞爺湖特別
馬名の由来:冠名+人名より

重賞には手が届いていないものの、G3で2度の2着やG2の府中牝馬ステークスで4着など実力は十分。
7歳牝馬と侮るなかれ。

アンドヴァラナウト(Andvaranaut)

アンドヴァラナウト・5歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:グルヴェイグ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・ローズステークス
馬名の由来:北欧のニーベルンゲン伝説に登場する指輪

昨年は1番人気を裏切り11着と大敗。
新コンビとなるD.イーガン騎手と新境地へ。

ルージュエヴァイユ(Rouge Eveil)

ルージュエヴァイユ・4歳牝馬
父:ジャスタウェイ
母:ナッシングバットドリームズ
母父:Frankel
主な勝鞍:2022年・ユートピアステークス
馬名の由来:冠名+覚醒(仏)

2勝クラス、3勝クラスを圧巻の決め手で連勝。
この勢い本物。

愛知杯は2023年1月14日(土)の15時35分発走予定です。

愛知杯2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・愛知杯の予想オッズはこのように予想しています。
川田騎手とのコンビで2つ目の重賞制覇に挑むアートハウスが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. アートハウス(2.5)
  2. マリアエレーナ(3.0)
  3. ルージュエヴァイユ(5.0)
  4. アンドヴァラナウト(6.0)
  5. ルビーカサブランカ(8.5)
  6. サンテローズ(16.5)
  7. サトノセシル(20.5)
  8. エリカヴィータ(27.5)
  9. リアアメリア(38.0)
  10. アイコンテーラー(43.0)
  11. アブレイズ(45.5)
  12. ホウオウイクセル(☆)
  13. ラヴユーライヴ(☆)
  14. フィオリキアリ(☆)
  15. ビジン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

愛知杯2023の日程・賞金

愛知杯

愛知杯2021 マジックキャッスル

日程・発走予定時刻
2023年1月14日(土)15時35分発走予定

場所・距離
中京競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
3,800万円

愛知杯・プレイバック

愛知杯2022 ルビーカサブランカ

2022年・愛知杯(GIII)

1着:ルビーカサブランカ
2着:マリアエレーナ(アタマ)
3着:デゼル(クビ)
4着:ソフトフルート(3/4馬身)
5着:アイコンテーラー(3/4馬身)

勝ちタイム:2.01.0
優勝騎手:武 豊
馬場:良

動画・全着順をチェック!
愛知杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の愛知杯の着順は1着:ルビーカサブランカ、2着:マリアエレーナ、3着:デゼルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

愛知杯2022 ルビーカサブランカ

レース後のコメント
1着 ルビーカサブランカ(武豊騎手)
「(36年連続重賞初制覇は)年がバレちゃいますね(笑い)。1番枠でインを狙おうと思っていました。前走からすごく具合がいいみたいで、道中の行きっぷりが良くなった。いい手応えで直線に向いて、きれいに前が開いたので、一気に抜け出して、『我慢してくれ』と思っていました。ギリギリでしたけどね。前走から急に良くなって、ハンデも軽いので期待していました。ここにきて良くなっているので、この後が楽しみです」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
東海ステークスは2023年1月22日に中京競馬場で行われる年始初のダート重賞。東海ステークスは2023年で第40回を迎え、昨年はスワーヴアラミスが優勝した。東海ステークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
アメリカジョッキークラブカップは2023年1月22日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2023年で第64回を迎え、昨年はキングオブコージが優勝した。AJCCの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。