【愛知杯2021】結果・動画/マジックキャッスルが外から差し切る

愛知杯2021 マジックキャッスル

愛知杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の愛知杯の着順は1着:マジックキャッスル、2着:ランブリングアレー、3着:ウラヌスチャームとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の愛知杯はマジックキャッスルが外から差し切る

2021年1月16日(土) | 1回中京5日 | 15:35 発走
第58回 愛知杯(GIII)芝・左 2000m
Aichi Hai (G3)

スポンサーリンク

2021年・愛知杯の動画

関連記事
昨年の愛知杯はデンコウアンジュが制していた。
愛知杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の愛知杯の着順は1着:デンコウアンジュ、2着:アルメリアブルーム、3着:レイホーロマンスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・愛知杯の結果

スポンサーリンク

1着:マジックキャッスル
2着:ランブリングアレー(クビ)
3着:ウラヌスチャーム(3馬身)
4着:アブレイズ(ハナ)
5着:サトノガーネット(2馬身)
6着:デンコウアンジュ
7着:サトノダムゼル
8着:カセドラルベル
9着:シゲルピンクダイヤ
10着:ディアンドル
11着:センテリュオ
12着:レッドアステル
13着:ドナウデルタ
14着:ウインマイティー
15着:リンディーホップ
16着:サマーセント
17着:ナルハヤ
18着:タガノアスワド

勝ちタイム:1.58.7
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

レース後のコメント

愛知杯2021 マジックキャッスル

1着 マジックキャッスル(戸崎圭太騎手)
「僕の馬が先に出ていてよくしのいでくれたね。馬の調子も良くて、力をつけている感じ。道中いいところをいい感じで運べて、自分から動く強気の競馬をしました。ペースが速くなるのは分かっていた。体が増えていて、重いのではなくて成長分。新馬戦以来の2勝目ですね。今日も強い勝ち方で今後も楽しみです」

(国枝栄調教師)
「良かったね。馬の出来が良くて力がついていた。競馬は一番外の枠からうまく中団から進めて外に出したね。中京は外が伸びないと聞いていたけど、よく伸びてくれた。力をつけている。今後も楽しみです。秋華賞も体重が増えて良くなっていたけど、そこからぐんぐん成長して結果を出せて良かった。ヴィクトリアマイルが一番の目標になるかな。マイルにはなるけど東京だしね。その前に1回使うことになるかな」

2着 ランブリングアレー(福永祐一騎手)
「やりたい競馬はできました。馬もよく応えてくれて、抜け出してからも気を抜かずに頑張ってくれました。力をつけているし、このくらいの距離がいいですね。勝った馬はさすがG1の2着馬。強かったです」

(友道康夫調教師)
「4コーナーから直線抜け出すところがとても速かったです。今日は勝ち馬が強かったですね。それでも賞金を加算できたのは大きかったです。春の目標はヴィクトリアマイルになると思いますが、距離は1800m、2000mの方が脚が溜まって良いのかもしれません」

3着 ウラヌスチャーム(斎藤誠調教師)
「この馬には珍しい形になりましたが、前が流れていたので、いつもの位置なら万事休すでしたね。馬場に助けられた面はあると思いますが、調子の良さは証明できました」

4着 アブレイズ(藤井勘一郎騎手)
「このメンバーでもしっかり走ってくれました。デビュー当初は先行するスタイルでしたが、今は中団でも折り合って運べますね」

5着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「ペースが流れていたので、ポジションは悪くなかったと思います。直線も脚を使ってくれました」

6着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)
「調子が良さそうだったし、気持ち良さそうに走っていた。直線も狭いところを割る根性を見せてくれた。まだまだ元気いっぱい」

7着 サトノダムゼル(川田将雅騎手)
「馬場状態的にも、この馬的にも、とてもいい形になって、いいリズムで運べたんですが…。また改めて、ですね」

8着 カセドラルベル(松山弘平騎手)
「勝ち馬と同じような位置で運べましたが、跳びが大きくて馬場が合わないのか、前半から行き脚がつきませんでした」

9着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「スムーズに行けたんですが、前走と違って流れが速く、息がもちませんでした。この距離でもスローだったらもつんですけどね。最後は止まってしまいました」

10着 ディアンドル(池添謙一騎手)
「できれば行って欲しいというリクエスト。2頭に来られて、きつい展開になりました。それでもラスト1ハロンまで頑張っていました」

11着 センテリュオ(C.ルメール騎手)
「競馬場が合いませんでした。いつも通りスタートは遅くて加速して行ったけど、今の中京はいいポジションが必要ですから」

12着 レッドアステル(武豊騎手)
「馬の感じは良かったんですけど、特殊な馬場状態なんでね。合わなかったのかな」

13着 ドナウデルタ(岩田望来騎手)
「2000メートルでもリズム良く運べました。馬群で嫌がるところがあったので、もう少し外枠でスムーズだったら違ったと思います」

14着 ウインマイティー(松若風馬騎手)
「ゲートはうまく出てくれましたが、3~4コーナーで手応えがなくなりました」

17着 ナルハヤ(藤田菜七子騎手)
「枠も外でしたし、全体的に厳しい競馬になりました」

勝ち馬プロフィール

愛知杯2021 マジックキャッスル

マジックキャッスル(Magic Castle)牝4/鹿毛 国枝 栄(美浦)
父:ディープインパクト 母:ソーマジック 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:魔法の城

関連記事
マジックキャッスルは前走の秋華賞で2着に敗れていた。
秋華賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の秋華賞の着順は1着:デアリングタクト、2着:マジックキャッスル、3着:ソフトフルート となりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。