【ユニコーンステークス2020】結果・動画/カフェファラオが独走V

ユニコーンステークス2020 カフェファラオ

ユニコーンステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のユニコーンステークスの着順は1着:カフェファラオ、2着:デュードヴァン、3着:ケンシンコウとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

まったく他馬を寄せ付けず!2020年のユニコーンステークスはカフェファラオが独走V

2020年6月21日(日) | 3回東京6日 | 15:45 発走
第25回 ユニコーンステークス(GIII)ダート・左 1600m
Unicorn Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・ユニコーンステークスの動画

関連記事

昨年のユニコーンステークスはワイドファラオが制していた。

ユニコーンステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のユニコーンSの着順は1着:ワイドファラオ、2着:デュープロセス、3着:ダンツキャッスルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・ユニコーンステークスの結果

スポンサーリンク

1着:カフェファラオ
2着:デュードヴァン(5馬身)
3着:ケンシンコウ(1-3/4馬身)
4着:サンダーブリッツ(1馬身)
5着:キタノオクトパス(クビ)
6着:フルフラット
7着:キッズアガチャー
8着:サンライズホープ
9着:レッチェバロック
10着:メイショウベンガル
11着:ラブリーエンジェル
12着:オーロラテソーロ
13着:タガノビューティー
14着:マカオンブラン
15着:サトノラファール
16着:アポロアベリア

勝ちタイム:1.34.9
優勝騎手:D.レーン
馬場:稍重

関連記事
Jpn1・ジャパンダートダービーをにぎわす馬は?
ジャパンダートダービーは2020年7月8日に大井競馬場で行われる三歳ダート王を決める一戦。ジャパンダートダービーは2020年で第22回を迎え、昨年はクリソベリルが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

ユニコーンステークス2020 カフェファラオ

1着 カフェファラオ(D.レーン騎手)
「いいスタートを切った。すぐ2番手につける考えはなかったけど、スタートが良くて、最初にスピードを出して、馬のエネルギーを使った。(番手に)つけるのに脚を使ったけど、(番手に)つけてからリズムよくゆっくりしたペースになって良かった。直線に入ってからはリズムよく運べた。リラックスしすぎたくらいですね。(直線では)最初の方に脚を使いすぎたんじゃないかと心配になったけど、残り300メートルからの反応は素晴らしかった。最初に脚を使ったけど、最後まで脚を使えるのは素晴らしい。馬はまだ(レースが)3回目。毎回成長を見せているし、さらにステップアップした。とにかくこの馬の能力、ポテンシャルはまだ全部見せていない。馬の状態を確認しながらだが、(今後の出走レースについては)どんなオプションも考えられる。この何週間か無観客で、ファンは家から応援していると思うけど、もっともっと楽しんでもらいたい。またすぐ競馬場で会えることを望んでいます」

2着 デュードヴァン(M.デムーロ騎手)
「勝った馬が化け物だったけど、僕の馬も強い。返し馬の感じはよかった。今日は前に出していくつもりだったけど、ゲートのタイミングが合わなかった。それでもリズム良く運べた。外に出してからは、よく伸びてくれた」

3着 ケンシンコウ(酒井学騎手)
「(主戦の)丸山から“子供っぽい”と聞いていたが、レースでは無駄な力を使わなかった。ゲートを出たなりで無理なく運べた。3~4角で下がってきた前の馬にはまった。あれがなければ2着争いは際どかったはず」

4着 サンダーブリッツ(久保田貴士調教師)
「時計が速かったけど、そのなかでも頑張ってくれた。力をつけてきているし、力は出し切ったと思う。上手に乗ってくれた。これから楽しみがありそうでよかった」

5着 キタノオクトパス(田辺裕信騎手)
「いい競馬をしてくれた。相手のレベルも上がってきたが、もう少しいろんな面で成長してくれれば」

6着 フルフラット(田中勝春騎手)
「勝ちにいく競馬をしたけど、最後は(海外)遠征帰りの休み明けで、そのぶん甘くなった。でもこれを使って、良くなりそう」

7着 キッズアガチャー(丸田恭介騎手)
「スタートは相変わらずだったけど、途中から追走の感じはよくて楽に運べた。強い相手とやって、いい経験になれば」

8着 サンライズホープ(川須栄彦騎手)
「ゲートを出てくれて、逃げ馬を見ながら競馬をしたが、勝ち馬が上がってきたところで、あれ以上は突っ張れなかった。でも最後もじりじり伸びてくれて、これから力をつけてくれるでしょう」

9着 レッチェバロック(C.ルメール騎手)
「1400メートルまでの馬ですね。ゲートを出て、向こう正面の長いコースで、息が入らなかった。それでダメでした」

10着 メイショウベンガル(戸崎圭太騎手)
「前回は楽勝していた馬で、感じのいい馬でした。レースでもリズム良く運んでいけたけど、直線は反応しなかった。いいスピードを生かすような競馬の方がいいかも」

12着 オーロラテソーロ(畠山吉宏調教師)
「うまくスタートを出てから、周りも速いのであの位置で折り合えていたけど、相手が強かった」

13着 タガノビューティー(和田竜二騎手)
「(向こう正面の)何でもないところでつまづいた。スムーズにいけたらよかったけど、いずれにしても参考外(の内容)」

15着 サトノラファール(三浦皇成騎手)
「出来はいいと思ったが、輸送もあって気持ちが入ってしまっていた。ゲートもタイミングよく出たけど、気の入った走り。そのぶん、最後は苦しくなってしまいました」

勝ち馬プロフィール

ユニコーンステークス2020 カフェファラオ

カフェファラオ(Cafe Pharoah)牡3/鹿毛 堀 宣行(美浦)
父:American Pharoah 母:Mary s Follies 母父:More Than Ready
馬名の由来:冠名+父名より

関連記事
カフェファラオは前走のヒヤシンスステークスでも圧巻の内容で勝利していた。
ヒヤシンスステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のヒヤシンスステークスの着順は1着:カフェファラオ、2着:タガノビューティー、3着:ヤウガウとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。