【東京新聞杯2024】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

東京新聞杯2024 追い切り

東京新聞杯2024追い切り・コメントの記事です。東京新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2024年2月4日(日) | 1回東京4日 | 15:45 発走
第74回 東京新聞杯(GIII)芝・左 1600m
Tokyo Shimbun Hai (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・東京新聞杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
東京新聞杯は2024年2月4日に東京競馬場で行われるマイル重賞。東京新聞杯は2024年で第74回を迎え、昨年はウインカーネリアンが優勝した。東京新聞杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもきさらぎ賞が開催される。
きさらぎ賞は2024年2月4日に京都競馬場で行われる3歳限定の中距離重賞戦。きさらぎ賞は2024年で第64回を迎え、昨年はフリームファクシが優勝した。きさらぎ賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

東京新聞杯2024の追い切りをチェック!

東京新聞杯2024 追い切り

東京新聞杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
きさらぎ賞2024の追い切り・コメントの記事です。きさらぎ賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アヴェラーレ

前走・最終追い切り(京都金杯・4着)
美浦・坂路・良
800m 54.4-39.0-25.2-11.9(一杯)

太田助手
「関西での競馬ということで、オーバーワークにならないように坂路で。中間の動きも含めて悪くないです。スムーズに走れれば、ここでも好勝負をしてくれると思います」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 86.1-69.7-54.0-39.6-12.0(馬なり)

木村調教師
「使って心肺機能が高まった。得意な舞台でいい結果を出せれば」
「前走は枠順や馬場状態を思えばよく伸びている。疲れはなく、心肺機能も高まってきた」

太田助手
「毛づやも良くなってきているし、動きも良かったです。前走は前残りの展開で内容的には悪くなかったと思っています。東京のマイルは走り慣れたコースで、現状のベストの条件ですし、いい走りをしてほしい」

アスクコンナモンダ

前走・最終追い切り(キャピタルステークス・3着)
栗東・坂路・良
800m 54.0-39.6-25.1-12.2(馬なり)

最終追い切り
栗東・CW・良(中井)
6F 85.1-68.9-53.3-37.7-11.1(一杯)

福永助手
「しまいを伸ばす調整。元々、攻め駆けするタイプだが、いい動きで態勢は整った。前走と同じ舞台だし、展開が向けば」
「オープンで通用することは前走(3着)でわかったし、同じ舞台なので展開が向いてほしい」
ウインカーネリアン

前走・最終追い切り(BCマイル・11着)
海外遠征

最終追い切り
美浦・ウッド・良(三浦)
6F 83.8-67.0-52.1-37.9-11.6(馬なり)

三浦騎手
「いい意味でも悪い意味でも、最近は乗りやすい部分がありました。前進気勢というか、前向きさを持ってもらおうと」
「ブリンカーを着けて前進気勢が出てきたので、レースでは細心の注意を払いたい」

鹿戸調教師
「最後まで余裕があったし、いい稽古ができた。(前走については)いいスピードは見せたし、悲観する内容ではなかった。まだ馬は若いし、今回は条件もいい。今年もやれそうだよ」

ウンブライル

前走・最終追い切り(NHKマイルカップ・2着)
美浦・ウッド・良
6F 86.6-69.8-54.8-39.8-12.1(馬なり)

木村調教師
「スタートからしっかり積極的に走ってもらって、道中の折り合い、コントロールが利く中で走ってもらって、最後ゴール板まで頑張り抜いてもらうという設定でお願いしました。狙い通りにいってます」
「前走は今までの内容からすれば一歩前進。気持ちの面では改善が見られたが、勝てていないのでどう発展させるか。調整方法の大枠は変えていない。ブリンカー着用についてはまだ考えます」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 67.5-52.5-38.0-11.4(馬なり)
ダーリントンホール(馬なり)の外0.3秒先行・同入

木村調教師
「休み明けで急ピッチだが、いいリズムで動けた。成長もしている」

太田助手
「昨春以来で気持ちのフレッシュさがいい方に出ていますね。まだ、ずるをしたがる面は残りますが、今朝はしっかり集中して最後まで走っていました」

コナコースト

前走・最終追い切り(ターコイズステークス・10着)
栗東・坂路・良
800m 53.3-37.5-24.2-11.9(馬なり)

清水久調教師
「抜群。全くの馬なりでいい時計。最強の1勝馬?G1(桜花賞)で2着があるから勝ちたい」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.4-38.6-24.1-11.7(馬なり)

吉田助手
「しまいの反応が良く、すっと伸びた。先週よりもう1段上がっており、前走よりもいい。(前走の敗因は)枠と展開が合わなかった」
「1週前に比べて、着実に良くなってきた。東京も合っていそうなので、巻き返してほしい」
「先週末にもやっているので今週の追い切りは整えてあげる感じでサラッと伸ばしました。体もフックラ見せていますし、力を発揮できると思います」
サウンドビバーチェ

前走・最終追い切り(ターコイズステークス・15着)
栗東・CW・良
6F 79.7-64.6-50.0-35.6-11.5(馬なり)

高柳大調教師
「元々、稽古で動く馬。時計も動きは良かった」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.3-37.6-24.6-12.4(馬なり)

高柳大調教師
「先週しっかりやって時計が出ているので、今週は坂路でサラッと。一度使って良くなるタイプで今回は中身が違う」
サクラトゥジュール

前走・最終追い切り(中山金杯・12着)
美浦・ウッド・良
6F 82.7-66.5-51.1-36.1-11.5(馬なり)

堀調教師
「ここを目標にリフレッシュして帰厩。心身のバランスはとれている」
「今回は距離延長より、緩急の流れの中で自分のリズムで走れるかが鍵。決め手を生かすレースができれば」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 80.9-64.5-50.4-36.1-11.5(馬なり)
サトノフウジン(馬なり)の外0.6秒先行・0.4秒先着

堀調教師
「追い切りは手応えのある中で脚を伸ばせていて、息も良かった。前走後の健康状態が良くて、心身のバランスもいい」
「前走は緩急のある流れ。乗り難しい面が出てしまった。今週の追い切りは手応えのある中で脚を伸ばせていたし、息遣いもいい。心身のバランスは取れている。ある程度の位置で脚をためていければ…」
ジャスティンカフェ

前走・最終追い切り(マイルチャンピオンシップ・3着)
栗東・CW・良
6F 82.7-67.0-52.1-37.4-11.6(馬なり)

安田翔調教師
「ジョッキーに馬の後ろでの収まり方や、トップスピードにいくまでの時間を確認してもらった。涼しくなって活気あるしぐさも出ているし、前向きさも出てきている」
「京都コースはやってみないと分からないが、いいバランスで走れるので苦労はしないと思います」

最終追い切り
栗東・CW・良(坂井瑠)
6F 82.7-66.9-51.7-37.2-11.7(引張りきり)
レベレンシア(馬なり)の内1.1秒追走・同入

安田翔調教師
「いつもと比べて、体に余裕があるので速い時計を出した。その後のテンションが高くて、それを今、静めているところ。」
「全体的にペースを上げ、ひと押ししないよう(坂井)ジョッキーに乗ってもらった」
「休み明けでも走れる態勢になってきました。実戦では追い出しをギリギリまで我慢できれば…」
ダノンタッチダウン

前走・最終追い切り(京都金杯・8着)
栗東・坂路・良
800m 53.1-38.0-24.4-12.3(強め)

北村友騎手
「帰厩時に乗ったときよりも素軽くなっていますし、息遣いも良かったです」

安田隆調教師
「追い切るごとに落ち着いてきた。前走も時計(1分32秒8)が悪くなかったので楽しみですね」

最終追い切り
栗東・ポリ・良(北村友)
5F 67.4-51.8-37.7-11.2(馬なり)

安田隆調教師
「しまいを伸ばしてシャープな動きでした。いい状態をキープしている。前走は馬場が荒れてて、トモを滑らせて伸び切れなかった。奇麗な馬場の東京で改めて」
「気分を変える意味で2週続けてポリで。デキはいい」
トゥードジボン

前走・最終追い切り(京都金杯・3着)
栗東・CW・良
4F 54.5-38.6-11.6(馬なり)

四位調教師
「半マイルからサッと気分良く走らせた。文句ない内容だね。バランス良く走れるようになってきたのが大きいね。相手は強くなるが、素質はあるし、やっと軌道に乗ってきた。大きいところを狙っていくために、今後を占う一戦だね」

井本助手
「1週前追い(CWコース6F82秒3~1F11秒2)で負荷をかけて最終追いの半マイルは予定通り。先週の段階で体はできているし、ジョッキーが乗る必要はないと。元々、攻め駆けするタイプだが今回も動きは良かった」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
4F 52.4-37.3-11.3(一杯)

四位調教師
「さらっとやりましたが、いい状態をキープできていますね。いいメンバーですが、東京のマイルを使ってみたいと思っていました。試金石の一戦になると思います」
ドルチェモア

前走・最終追い切り(京都金杯・18着)
美浦・ウッド・良
6F 82.9-66.5-51.9-38.3-12.2(馬なり)

上原佑調教師
「ひと叩きして良化。だいぶ気持ちも乗ってきている。力があるし、いい結果を」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(石橋脩)
6F 81.8-65.2-49.9-35.6-11.1(直強め)
ニコラウス(末強め)の内0.5秒追走・同入

上原佑調教師
「動きは申し分なかったです。メンタル面は堂々としていますし、最後まで走り抜ける精神力がどこまで戻っているかですね」
フリームファクシ

前走・最終追い切り(京都金杯・5着)
栗東・CW・良
6F 85.1-68.8-53.1-37.5-11.3(強め)

須貝調教師
「予定通り。一度使って中間の雰囲気はいい」
「雰囲気はいい。跳びの大きい馬で、淡々と流れるマイル戦は競馬がしやすいと思う」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.0-38.1-24.4-12.0(末強め)

須貝調教師
「体調は変わらずにいい。1600メートルは合う」
ホウオウビスケッツ

前走・最終追い切り(中日新聞杯・12着)
美浦・ウッド・稍重
5F 68.9-53.6-39.1-12.0(馬なり)

奥村武調教師
「最終追いは単走で。気が乗りすぎるくらいの馬なので、久々でも気合乗りの面は心配ないと思う。夏負けして立て直した経緯があるのがどうかですが、能力的にはそれでもいい競馬をしてほしい」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(岩田康)
5F 68.3-52.5-37.8-11.4(馬なり)

岩田康騎手
「先週に比べて張りも、動きも、落ち着きも申し分なかった。スピードがあるから中団からでも行けそう。ここまでの競馬を見るとワンペースなところもあるみたいだから前めの構えも考えるかな。マイルには対応できると思う」

奥村武調教師
「状態は右肩上がり。他の切れる馬と比べてどうか」
「心身ともに成長途上だが、能力は重賞でも通用する」

マスクトディーヴァ

前走・最終追い切り(秋華賞・2着)
栗東・坂路・良
800m 54.5-39.8-25.4-12.1(馬なり)

辻野調教師
「少し時計のかかる時間でしたが、軽すぎず、ちょうどいい内容だったと思います。走りのバランスは成長とともに改善しています。前走後はダメージを心配しましたが、思いのほか疲れもなく、使ってむしろ実が入ったかなと感じます。一走一走、成長して、思っている以上にレースのパフォーマンスが上がって、想像を超えてきています」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.5-38.9-25.0-12.0(馬なり)

辻野調教師
「少し余裕がありますけど、次(ヴィクトリアM)もありますから。少しずつ良化していますし、力は出せる仕上がりです。気温による調子の変動も少ないし、優等生な馬」

黒川助手
「放牧先の山元トレセンで良くしてもらっていたこともあり、帰ってきてからも順調に階段を上がってきてくれているなと思います。体のバランスも以前に比べだいぶ良くなりました。ここを目イチでというわけにはいきませんが、次につながる競馬ができたら」

マテンロウスカイ

前走・最終追い切り(リゲルステークス・1着)
栗東・坂路・良
800m 52.2-37.6-24.6-12.5(一杯)

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.4-37.5-24.3-12.2(末強め)

松永幹調教師
「動きはいいし、元気いっぱいで、具合はいいよ。前走の勝ち方は良かったし、東京コースもいい。去勢をして1年ぐらい経過し、ようやく実が入ってきた。本格化している」
「いい動き。2、3番手から脚を繰り出せるようになった」
ルージュリナージュ

前走・最終追い切り(ターコイズステークス・11着)
美浦・ウッド・稍重
6F 83.8-67.5-52.9-38.3-11.8(馬なり)

宗像調教師
「引き続き好調を維持している」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 68.8-53.9-38.7-11.5(G前仕掛け)
ラウラーナ(馬なり)の内0.7秒追走・同入

宗像調教師
「先週よりもいい動きだった。中山は脚質的に合わなかった。直線が長い東京のほうが走りやすいと思う」

2024年・東京新聞杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 東京新聞杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・東京新聞杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はきさらぎ賞でブエナオンダに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
共同通信杯は2024年2月11日に東京競馬場で行われる期待の三歳馬が集う一戦。共同通信杯は2024年で第58回を迎え、昨年はファントムシーフが制した。共同通信杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
京都記念は2024年2月11日に京都競馬場で行われる強豪が多く集う注目のG2戦。京都記念は2024年で第117回を迎え、昨年はドウデュースが制した。京都記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。