【東京新聞杯2020】結果・動画/プリモシーンが復活の差し切りV

東京新聞杯2020 プリモシーン

東京新聞杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の東京新聞杯の着順は1着:プリモシーン、2着:シャドウディーヴァ、3着:クリノガウディーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

G1・2着の実績は伊達じゃない!2020年の東京新聞杯はプリモシーンが復活の差し切りV

2020年2月9日(日) | 1回東京4日 | 15:45 発走
第70回 東京新聞杯(GIII)芝・左 1600m
Tokyo Shimbun Hai (G3)

スポンサーリンク

2020年・東京新聞杯の動画

関連記事
昨年の東京新聞杯はインディチャンプが制していた。
東京新聞杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東京新聞杯の着順は1着:インディチャンプ、2着:レッドオルガ、3着:サトノアレスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・東京新聞杯の結果

1着:プリモシーン
2着:シャドウディーヴァ(1/2馬身)
3着:クリノガウディー(ハナ)
4着:サトノアーサー(1/2馬身)
5着:クルーガー(ハナ)
6着:ヴァンドギャルド
7着:スウィングビート
8着:レイエンダ
9着:レッドヴェイロン
10着:ロワアブソリュー
11着:ケイアイノーテック
12着:ケイデンスコール
13着:ドーヴァー
14着:ゴールドサーベラス
15着:キャンベルジュニア
16着:モルフェオルフェ

勝ちタイム:1.33.0
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

関連記事
G1・安田記念をにぎわす馬は?
安田記念は2020年6月7日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2020年で第70回を迎える。昨年はインディチャンプが接戦を制した。出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 プリモシーン(M.デムーロ騎手)
「ずっと流れがよくて、とても切れる馬なので完ぺきだった。ずっと乗りたかった馬。能力が高いです。これからも頑張ります」

(木村哲也調教師)
「ホッとした。半信半疑だったが、頑張ってくれて良かった。次はGⅠを使う。長めに追ったり強い稽古にしたり工夫しているけど、結局は馬の元気、活力が大切。こうすれば走るという状態にいつも持っていければ良いけど、それがわかるまでなかなか険しい道のりだと感じています」

2着 シャドウディーヴァ(岩田康誠騎手)
「うまく内に入れて、内枠の馬を見ながらレースした。追い出してからは前よりも馬体がしっかりしていたので脚を使えるように。2着だったが、次に繋がる内容、今後も成長してくれると思います」

3着 クリノガウディー(藤沢則雄調教師)
「しまいの競馬をと指示していたが、今日は追い込みでは届かないと横山典騎手が判断し、前めの位置に。一瞬勝ったかと思う内容だった。右左回りは関係ない。+8キロは少し太かったかもしれないですね」

4着 サトノアーサー(田辺裕信騎手)
「いい形で運べたんですが……。大跳びの馬で、もう少し軽く絞ってくれたほうが良かったです(プラス10kg)」

6着 ヴァンドギャルド(福永祐一騎手)
「ゲート入りからフワフワしていた。両隣が牝馬だったということが影響していたかもしれない。いつも以上にじっとしていられなかった。スタートが決まらないと内枠の良さも生かせない。差は詰めているので、今日はスタートだけですね」

9着 レッドヴェイロン(C.ルメール騎手)
エンジンがかかるまでにいつも時間がかかる馬。途中馬場の硬さを嫌がっていた。少し伸びたが、ポジションが後ろすぎたかな。馬場がもっと柔らかかったら、もう少し加速できたと思います」

11着 ケイアイノーテック(津村明秀騎手)
「先入観を持ち過ぎて後ろの位置になってしまいました。うまく流れに乗れませんでした」

勝ち馬プロフィール

東京新聞杯2020 プリモシーン

プリモシーン(Primo Scene)牝5/青鹿毛 木村 哲也(美浦)
父:ディープインパクト 母:モシーン 母父:Fastnet Rock
馬名の由来:最高(伊)+場面

関連記事
プリモシーンは2018年の関屋記念以来の重賞勝利となった。
関屋記念 2018の結果・動画です。関屋記念の結果は1着:プリモシーン、2着:ワントゥワン、3着:エイシンティンクル。「プリモシーン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。