【東京新聞杯2020】出走予定馬・予想オッズ/マイル界をにぎわす馬たち

東京新聞杯2019 インディチャンプ

東京新聞杯2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年の東京新聞杯の出走予定馬にはレイエンダやレッドヴェイロンなどが名を連ねています。今年のマイル界をにぎわしそうな馬たちが集結。賞金を加算し、いざG1の舞台へ。

マイル界をにぎわす馬たち

2020年2月9日(日) | 1回東京4日 | 15:45 発走
第70回 東京新聞杯(GIII)芝・左 1600m
Tokyo Shimbun Hai (G3)

スポンサーリンク

2020年・東京新聞杯の出走予定馬たち

東京新聞杯の枠順決定!(2月7日)

東京新聞杯2020 枠順

2020年・東京新聞杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではレッドヴェイロンが5枠9番、ヴァンドギャルドは1枠2番、プリモシーンは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2020年・東京新聞杯の追い切り・コメントをチェック!
東京新聞杯2020の追い切り・コメントの記事です。東京新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(2月6日)

夏木立賞 2018 レイエンダ

2020年の東京新聞杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • ヴァンドギャルド(福永祐一)
  • キャンベルジュニア(F.ミナリク)
  • クリノガウディー(横山典弘)
  • クルーガー(S.フォーリー)
  • ケイアイノーテック(津村明秀)
  • ケイデンスコール(石橋脩)
  • ゴールドサーベラス(内田博幸)
  • サトノアーサー(田辺裕信)
  • シャドウディーヴァ(岩田康誠)
  • スウィングビート(大野拓弥)
  • ドーヴァー(北村宏司)
  • プリモシーン(M.デムーロ)
  • モルフェオルフェ(江田照男)
  • レイエンダ(丸山元気)
  • レッドヴェイロン(C.ルメール
  • ロワアブソリュー(吉田豊)
除外馬&回避馬
  • ブレスジャーニー(松岡正海)
  • プロディガルサン(石川裕紀人)
関連記事

武豊騎手はきさらぎ賞でギベルティに騎乗予定!

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/28・2/29)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

同週に行われる他の重賞もチェック!

きさらぎ賞2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のきさらぎ賞の出走予定馬にはアルジャンナやグランレイなどが名を連ねています。小頭数になることが多い重賞ながら毎年クラシックを見据えた素質馬が集う。先を見据えた競馬を。

出走予定馬・ピックアップ

レッドヴェイロン

東京競馬場で行われるG3「東京新聞杯」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

レイエンダ(Leyenda)

レイエンダ・5歳牡馬
11戦4勝 [4-2-0-5]
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:伝説(西)。父名、兄名より連想
前走:マイルチャンピオンシップ・15着(8番人気)
(鞍上予定:丸山元気)

G3から出直し「レイエンダ」

昨年はエプソムカップで重賞初制覇を果たし、富士ステークスでも2着と上々のシーズンを送った。
ただ、G1初挑戦となったマイルチャンピオンシップでは大外枠に入ってしまい何もできないままレースが終わってしまった。

こんな成績で終わっていい馬ではない。
偉大な兄レイデオロに少しでも近づけるように今シーズンの活躍に期待したい。

ピックアップレース
エプソムカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のエプソムCの着順は1着:レイエンダ、2着:サラキア、3着:ソーグリッタリングとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レッドヴェイロン(Red Veyron)

レッドヴェイロン・5歳牡馬
12戦4勝 [4-5-2-1]
父:キングカメハメハ
母:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
馬名の由来:冠名+人名より
前走:キャピタルステークス・2着(3番人気)
(鞍上予定:C.ルメール

本格気配「レッドヴェイロン」

1年ぶりのレースとなった紅葉ステークスを制し条件クラスを突破し、前走のキャピタルステークスではポジションがとれずに思い通りのレースができなかったものの2着に踏ん張り力を示した。

3歳時にはG1で3着に入るなど元々能力は高かった馬。
馬体も大きく成長しており本格気配漂う今なら重賞タイトルに手が届くはず。

ピックアップレース
NHKマイルカップ 2018の動画・結果です。NHKマイルカップの結果は1着:ケイアイノーテック、2着:ギベオン、3着:レッドヴェイロン。「ケイアイノーテック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
プリモシーン(Primo Scene)

プリモシーン・5歳牝馬
13戦3勝 [3-3-1-6]
父:ディープインパクト
母:モシーン
母父:Fastnet Rock
馬名の由来:最高(伊)+場面
前走:マイルチャンピオンシップ・11着(9番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

得意の左回りのマイル戦で復活を「プリモシーン」

昨年のヴィクトリアマイルでは世界レコードが出る高速馬場をこなし勝ち馬とクビ差の2着と大健闘した。
左回りのマイル戦に限れば【2-1-1-1】と安定した成績。
今年こそはG1を手中に。

ピックアップレース
関屋記念 2018の結果・動画です。関屋記念の結果は1着:プリモシーン、2着:ワントゥワン、3着:エイシンティンクル。「プリモシーン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
ヴァンドギャルド(Vin de Garde)

ヴァンドギャルド・4歳牡馬
9戦4勝 [4-0-2-3]
父:ディープインパクト
母:スキア
母父:Motivator
馬名の由来:長期熟成しておいしくなるワイン(仏)
前走:ウェルカムステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

熟成された芳醇な味を「ヴァンドギャルド」

昨年9月の1勝クラスを勝ち上がると一気に3連勝で条件クラスを卒業した。
勢いそのままに重賞タイトルも手にするか。

ピックアップレース
毎日杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の毎日杯の着順は1着:ランスオブプラーナ、2着:ウーリリ、3着:ヴァンドギャルドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にも東京新聞杯には一昨年のNHKマイルカップ勝ち馬のケイアイノーテックや新潟2歳ステークスを制しているケイデンスコール、海外帰りの一戦となるクルーガーなども出走を予定しています。

東京新聞杯は2020年2月9日(日)の15時45分発走予定です。

東京新聞杯2020の予想オッズ

予想オッズ

2020年・東京新聞杯の予想オッズはこのように予想しています。
前走のキャピタルステークスで2着に入ったレッドヴェイロンが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. レッドヴェイロン(2.5)
  2. ヴァンドギャルド(4.0)
  3. プリモシーン(5.5)
  4. レイエンダ(6.5)
  5. サトノアーサー(10.5)
  6. クリノガウディー(15.0)
  7. ケイデンスコール(18.0)
  8. シャドウディーヴァ(20.5)
  9. ケイアイノーテック(25.0)
  10. ブレスジャーニー(45.0)
  11. ドーヴァー(☆)
  12. キャンベルジュニア(☆)
  13. クルーガー(☆)
  14. プロディガルサン(☆)
  15. モルフェオルフェ(☆)
  16. スウィングビート(☆)
  17. ロワアブソリュー(☆)
  18. ゴールドサーベラス(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

東京新聞杯2020の日程・賞金

東京新聞杯 2018 リスグラシュー

東京新聞杯

日程・発走予定時刻
2020年2月9日(日)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1600m


G3

1着賞金
3,900万円

東京新聞杯・プレイバック

東京新聞杯2019 インディチャンプ

2019年・東京新聞杯(GIII)

1着:インディチャンプ
2着:レッドオルガ(1/2馬身)
3着:サトノアレス(アタマ)
4着:ロードクエスト(1-1/2馬身)
5着:タワーオブロンドン(ハナ)

勝ちタイム:1.31.9
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

動画・全着順をチェック!
東京新聞杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東京新聞杯の着順は1着:インディチャンプ、2着:レッドオルガ、3着:サトノアレスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 インディチャンプ(福永祐一騎手)
「スタートはいつもは出るけど、今日は一番悪い形になってしまって、出遅れた。それでも、その後のリカバリーが良かった。直線で脚がたまっていたので、どうさばこうかと考えながら乗っていた。まだ先頭に立ってから遊んでいたところもあり、課題がある。遊んだり、課題がありながらも勝てるのはポテンシャルが高いということ。瞬発力が魅力。より末脚を磨いていければ」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
京都記念は2020年2月16日に京都競馬場で行われる強豪が多く集う注目のG2戦。京都記念は2020年で第113回を迎え、昨年はダンビュライトが制した。京都記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
フェブラリーステークスは2020年2月23日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2020年で第37回を迎え、昨年はインティが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。