【東京新聞杯2019】結果・動画/インディチャンプが出遅れをものともせず優勝

東京新聞杯2019 インディチャンプ

東京新聞杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東京新聞杯の着順は1着:インディチャンプ、2着:レッドオルガ、3着:サトノアレスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の東京新聞杯はインディチャンプが出遅れをものともせず優勝

2019年2月3日(日) | 1回東京4日 | 15:45 発走
第69回 東京新聞杯(GIII)芝・左 1600m
Tokyo Shimbun Hai (G3)

2019年・東京新聞杯の動画

関連記事
昨年の東京新聞杯はリスグラシューが制していた。

「東京新聞杯 2018」の動画・結果です。東京新聞杯の結果は1着:リスグラシュー、2着:サトノアレス、3着:ダイワキャグニー。「リスグラシュー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・東京新聞杯の結果

1着:インディチャンプ
2着:レッドオルガ(1/2馬身)
3着:サトノアレス(アタマ)
4着:ロードクエスト(1-1/2馬身)
5着:タワーオブロンドン(ハナ)
6着:ストーミーシー
7着:リライアブルエース
8着:レイエンダ
9着:ロジクライ
10着:ヤングマンパワー
11着:レアリスタ
12着:テトラドラクマ
13着:ゴールドサーベラス
14着:ジャンダルム
15着:ショウナンアンセム

勝ちタイム:1.31.9
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

関連記事
インディチャンプはこれまで重賞では毎日杯の3着が最高着順だった。

毎日杯 2018の動画・結果です。毎日杯の結果は1着:ブラストワンピース、2着:ギベオン、3着:インディチャンプ。「ブラストワンピース」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

1着 インディチャンプ(福永祐一騎手)
「スタートはいつもは出るけど、今日は一番悪い形になってしまって、出遅れた。それでも、その後のリカバリーが良かった。直線で脚がたまっていたので、どうさばこうかと考えながら乗っていた。まだ先頭に立ってから遊んでいたところもあり、課題がある。遊んだり、課題がありながらも勝てるのはポテンシャルが高いということ。瞬発力が魅力。より末脚を磨いていければ」

(音無秀孝調教師)
「スタート後手で内から上がって、脚を使っているので大丈夫かと見ていたが強い内容。前回も早め先頭でソラを使っていた、騎手とも話していたけど、課題ですね。ただ馬が来ればまた伸びてくれます。この後は安田記念に向け、1度挟むか挟まないかでしょう」

2着 レッドオルガ(北村友一騎手)
「ゲート出てくれて、いい形で競馬が運べた。直線は一瞬の脚を使えるように意識的に脚を溜めて、道も見えたが勝ち馬にスルスルと内からうまくさばかれてしまった。精神的に落ち着いて走れていたのはよかったが、本当に悔しい2着です。」

3着 サトノアレス(柴山雄一騎手)
「ゲートのタイミングもよく、勝ち馬を見ながら行けた。この条件は合うし、力ある。最後集中力を欠いてしまう馬なのですが、今日は最後まで集中して走ってくれた。前も開いていたし…悔しいですね。」

4着 ロードクエスト(三浦皇成騎手)
「スタートも出てくれて、真ん中のいいポジションが取れた。直線の狭いところをしっかり割ってくれて、次に繋がる競馬になりました。」

5着 タワーオブロンドン(C.ルメール騎手)
「馬体重がプラス10キロで、体が重かったです。直線で脚が無く、残り50mでは馬が疲れていました。レースとしては折り合いがついて問題なくスムーズでした。次はもっと良くなるでしょう」

6着 ストーミーシー(杉原誠人騎手)
「内々を回ってこられて、うまくさばけた。しっかり脚も使えました」

7着 リライアブルエース(坂井瑠星騎手)
「1回使って絞れていた。道中はリズム良く走っていたし、しまいも脚を使いました」

8着 レイエンダ(北村宏司騎手)
「初めての1600メートルで思った以上に戸惑っていた。最後は差を詰めているが、前半置かれた分が…」

9着 ロジクライ(須貝尚介調教師)
「4コーナーから直線にかけて速かったと思う。その分、しまいつらくなった。外から圧力もかかっていた」

10着 ヤングマンパワー(F.ブロンデル騎手)
「いい感じで行けたけど、きょうの流れではこの距離は長い」

11着 レアリスタ(石橋脩騎手)
「いつもよりキリキリしないで力まず、ちゃんと走った。もう少し内枠だったら…」

12着 テトラドラクマ(田辺裕信騎手)
「良いポジションで理想的なところでレースを運べました。落ち着いてレースを運べたのは良かったのですが、時計勝負では苦しくなります。今日の相手もレベルが高かったです」

13着 ゴールドサーベラス(大野拓弥騎手)
「ゲートをうまく出たけど、時計が速かった」

14着 ジャンダルム(武豊騎手)
「ゲートでつまずいたけど、それ以前に、走りがこの馬らしくなかった」

15着 ショウナンアンセム(F.ミナリク騎手)
「馬場が気になったのか、手前を替えてばかり。バランスがいまひとつだった」

勝ち馬プロフィール

インディチャンプ(Indy Champ)牡4/鹿毛 音無 秀孝(栗東)
父:ステイゴールド 母:ウィルパワー 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:インディカーの年間王者に輝いた、母親と同名のレーサーにちなんで