【東京新聞杯2022】結果・動画/イルーシヴパンサーが外から差し切りV

東京新聞杯2022 イルーシヴパンサー

東京新聞杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の東京新聞杯の着順は1着:イルーシヴパンサー、2着:ファインルージュ、3着:カラテとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の東京新聞杯はイルーシヴパンサーが外から差し切りV

2022年2月6日(日) | 1回東京4日 | 15:45 発走
第72回 東京新聞杯(GIII)芝・左 1600m
Tokyo Shimbun Hai (G3)

スポンサーリンク

2022年・東京新聞杯の動画

関連記事
昨年の東京新聞杯はカラテが制していた。
東京新聞杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の東京新聞杯の着順は1着:カラテ、2着:カテドラル、3着:シャドウディーヴァとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・東京新聞杯の結果

スポンサーリンク

1着:イルーシヴパンサー
2着:ファインルージュ(1-3/4馬身)
3着:カラテ(クビ)
4着:カレンシュトラウス(2馬身)
5着:ドナアトラエンテ(1-1/2馬身)
6着:エイシンチラー
7着:ワールドバローズ
8着:カテドラル
9着:アオイクレアトール
10着:ヴェロックス
11着:ディアンドル
12着:ホウオウアマゾン
13着:ケイデンスコール
14着:トーラスジェミニ
15着:マルターズディオサ

勝ちタイム:1.32.3
優勝騎手:田辺 裕信
馬場:良

関連記事
G1・安田記念をにぎわす馬は?
安田記念は2022年6月5日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2022年で第72回を迎え、昨年はダノンキングリーが制した。安田記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

東京新聞杯2022 イルーシヴパンサー

1着 イルーシヴパンサー(田辺裕信騎手)
「正直びっくりしました。オープンで走っていた馬でどれぐらいやれるかと思っていましたが、いきなりあんなにあっさり差し切るとは。作戦通りではなく前走同様に中団ぐらいかと思っていたけど、もともとカーッとするところがあって馬のリズムを一番に考えて、ゲートを出てペースが流れていたので深追いせずにあの位置取りになりました。コンビを組ませてもらって一戦一戦成長を感じます。落ち着いて挑めるようになった。一線級と戦えるようになりましたし本当の勝負はこれから。頑張ります」

2着 ファインルージュ(C.ルメール騎手)
「休み明けでプラス16キロだったが、スタートを決めて、いいポジションだった。でも3コーナーで手綱を引っ張るところがあって、ポジションを下げてしまった。直線はいい脚で抜けてきた。これからコンディションを上げていけば、さらに良くなる」

3着 カラテ(菅原明良騎手)
「今日はスピードが必要な馬場で、切れ負けした感じでした。(直線で)囲まれるような形になったが、しっかりと追えてはいました」

(高橋祥泰調教師)
「まずまずじゃないですかね。動きづらいところで行き脚がつかなかった。今後はオーナーと相談します」

4着 カレンシュトラウス(津村明秀騎手)
「一瞬夢を見るくらいの脚でした。最後は良い脚を使ってくれました。まだ緩いところはありますが、じっくり溜めて行ければいい脚を使ってくれます。シンプルなワンターンのコースが良いと思います」

5着 ドナアトラエンテ(M.デムーロ騎手)
「頑張ってくれました。良い所につけられて、直線では行きっぷりが良かったのですが、坂を上がってから苦しくなってしまいました」

6着 エイシンチラー(柴田大知騎手)
「エンジンのかかりが遅かった。もう少しスッとギアが上がってくれれば。でもゴール前の脚は目立った。力のある馬」

7着 ワールドバローズ(和田竜二騎手)
「内に押し込められてきつい競馬になってしまいました。馬は落ち着いていて良化していましたし、見劣らない感じでした。重賞でもやれていますし、まだまだ先も楽しめると思います」

8着 カテドラル(戸崎圭太騎手)
「ゲートは出てくれましたが、二の脚がつかず後ろからになりました。勝った馬の後ろについていましたが、斤量の差もあったでしょうか、最後はジリジリとした脚になりました」

9着 アオイクレアトール(内田博幸騎手)
「直線のラスト1ハロンで進路が空いて、やったと思ったが、もうひと伸びがなかった。重賞というのもあるし、これから力をつけてくれれば」

10着 ヴェロックス(三浦皇成騎手)
「ゲート練習を厩舎の方で積んでくれて、いいスタートをきることができました。マイルだったし、促したことで楽に取りついていけて、いいなと思ったが、もう少しタメが欲しかった。この馬の本来のスタイルで競馬ができたことはよかったです」

11着 ディアンドル(石川裕紀人騎手)
「こうなるだろうなというポジションで競馬ができた。ハナにいく馬の後ろで、リズム良く運べた。進路はあったが、最後は伸び負けしたような感じでした」

12着 ホウオウアマゾン(坂井瑠星騎手)
「雰囲気や状態は悪くなかったと思います。でも直線は反応できなかった。敗因は分かりません」

13着 ケイデンスコール(石橋脩騎手)
「59キロを背負っていたので、後ろからいってもきついと思って前で競馬をしました。スッといい位置は取れたのですが…」

14着 トーラスジェミニ(横山武史騎手)
「この馬に乗ってみたいという楽しみがありました。どんな馬なのだろうと思っていました。ブリンカーを着けたことで逃げる競馬を選択しました。平均ペースぐらいで逃げられましたが、負けすぎです。気持ち的にやめてしまっています」

15着 マルターズディオサ(松岡正海騎手)
「展開が合いませんでした」

勝ち馬プロフィール

東京新聞杯2022 イルーシヴパンサー

イルーシヴパンサー(Elusive Panther)牡4/黒鹿毛 久保田 貴士(美浦)
父:ハーツクライ 母:イルーシヴキャット 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:母名の一部+豹