【帝王賞2018】動画・結果/ゴールドドリームが接戦を制する

帝王賞 2018 ゴールドドリーム

帝王賞 2018の動画・結果です。帝王賞の結果は1着:ゴールドドリーム、2着:ケイティブレイブ、3着:サウンドトゥルー。「ゴールドドリーム」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

C.ルメール騎手騎乗の2番人気・ゴールドドリームが接戦を制する

2018年6月27日(水)大井 第11競走
ダート2000m(外コース・右)天候:晴

第41回 帝王賞・Teio Sho(JpnI)
(サラブレッド系 4歳以上 定量)
賞金:1着 60,000,000円

動画

関連記事
昨年の帝王賞はケイティブレイブが制していた。
【帝王賞 2017】動画・結果/ケイティブレイブがまとめて差し切る

結果

1着:ゴールドドリーム
2着:ケイティブレイブ(クビ)
3着:サウンドトゥルー(1-1/2馬身)
4着:リッカルド(3馬身)
5着:ヒガシウィルウィン(クビ)
6着:テイエムジンソク
7着:カツゲキキトキト
8着:アウォーディー
9着:オールブラッシュ
10着:サブノクロヒョウ
11着:アポロケンタッキー
12着:グランユニヴェール
13着:アサクサポイント
14着:トーセンスパンキー
15着:ネオヴェルモット

勝ちタイム:2.04.2
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

1着 ゴールドドリーム(C.ルメール騎手)
「今日はファンが大勢いるので、直線で大きな声援が聞こえた。勝ててすごくうれしい。距離がぎりぎりだったのでショートコースの内を回った。いつもスタートは遅いけど、すぐハミを取って自分から動いてくれた。福永さんの馬もすごく頑張っていたけど、今日は一番強い馬が勝ちました」

(平田修調教師)
「大井の2000mで、3歳の時からライバルだったケイティブレイブに地方で勝てましたし、今までの課題を克服してくれました。本当に嬉しいです。かしわ記念の後はここ、と決めていましたし順調に来る事ができました。最後は内から伸びていましたが、ケイティブレイブの強さも身に染みて知っていましたからね。この後はチャンピオンズカップに向けて、南部杯かJBCで復帰する事になるかなと思います。これで名実ともに日本のダートのチャンピオンになれたと思いますし、これからもさらに頑張っていきたいですね」

2着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手)
「やりたい競馬ができた。初の休み明けもきっちり仕上がっていたし、パワーアップしている。」

3着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「仕上がりは良かったし、最後もしっかり伸びていた。8歳でもまだまだやれる手応えをつかめたは良かった。」

4着 リッカルド(矢野貴之騎手)
「いい競馬ができた。この距離は本来長いけどよく頑張った。今後に向け手応えを感じている。」

5着 ヒガシウィルウィン(森泰斗騎手)
「もう少し時計がかかるレースになれば。久々に手応えのあったレースだった。」

8着 アウォーディー(武豊騎手)
「普段のレースはできたが、本当にいい頃の感じではなかった。」

関連記事
7月11日には3歳ダート王決定戦・ジャパンダートダービーが開催される。
【ジャパンダートダービー2018】出走予定馬・日程・賞金/三歳ダート王が決まる

勝ち馬プロフィール

帝王賞 2018 ゴールドドリーム

ゴールドドリーム(Gold Dream)牡5/鹿毛 平田 修(栗東)
父:ゴールドアリュール 母:モンヴェール 母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:金の夢

関連記事

シェアする

フォローする