【七夕賞2019】追い切り/各馬の状態を見極めろ

七夕賞2019 追い切り

七夕賞2019の追い切り・コメントの記事です。七夕賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

各馬の状態を見極めろ

2019年7月7日(日) | 2回福島4日 | 15:45 発走
第55回 七夕賞(GIII)芝・右 2000m
Tanabata Sho (G3)

出走予定馬・予想オッズ

2019年・七夕賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

七夕賞2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年の七夕賞の出走予定馬にはソールインパクトやロシュフォールなどが名を連ねています。7月7日に行われる七夕賞。皆の願いは叶うのか?
関連記事
今週は他にもプロキオンステークスが開催される。

プロキオンステークス2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年のプロキオンステークスの出走予定馬にはマテラスカイやウインムートなどが名を連ねています。尾張の地で速さ対決を制すのは。

七夕賞2019の追い切りをチェック!

七夕賞2019 追い切り

七夕賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。

プロキオンステークス2019の追い切り・コメントの記事です。プロキオンSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アウトライアーズ

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 52.4-38.9-25.8-13.2(強め)
外・ロードクエスト(仕掛)と併せで0.8秒先着

小島調教師「まだ少し余裕があるけど、馬は良くなってきている。脚質は福島に向いているけど、できれば良馬場でやりたい」
ウインテンダネス

最終追い切り
栗東・CW・稍重
4F 51.2-38.4-12.3(馬也)

杉山調教師「攻めは半マイルから出して行ったので、これで競馬の流れにも乗れるでしょう。デキは(昨年5月に)目黒記念を勝ったときぐらいいい」
エンジニア

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 51.3-37.1-24.2-12.2(一杯)

津村騎手「動きは抜群。歩いているときとキャンターの雰囲気が全然違うし、オンとオフがしっかりありそう」
牧調教師「引き続きいい状態。久々の右回りも気にならないし、少し時計がかかるくらいの馬場の方がいいかも」
カフェブリッツ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.0-40.0-25.5-12.2(G強)

池江調教師「輸送もあるので今週はそんなにやっていないが、動きはよかった。前走はバテ気味だったが、リフレッシュできている。距離も長すぎるよりはいい」
クリノヤマトノオー

最終追い切り
栗東・CW・稍重
5F 67.3-51.5-38.0-11.8(G一杯)

高橋忠調教師「福島までの輸送もあるので、今週は余裕をもたせた調教。現状では右回りの方がよさそうだが、オープンではいろんな面がかみ合わないと…」
クレッシェンドラヴ

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 51.5-37.9-25.2-13.0(馬也)
外・マイウェイアムール(一杯)と併せで併入

林調教師「先週も動きがすごく良くて、その流れできょうもいい走り。福島民報杯(半馬身差2着)は本当にいい内容だったし、2000メートルあたりを使ってから良さが出た。前走と同じようなルーチンで来られているし、引き続き内田騎手に乗ってもらえるのも大きい」
ゴールドサーベラス

最終追い切り
美浦・北C・稍重
4F 52.5-37.6-12.3(馬也)
外・グランティエラ(馬也)を4Fで0.4秒追走・1F併せで併入

清水英調教師「動きはいい。ベストはマイルだけど10Fでも。(ウィメンJWC優勝で)藤田騎手はタイミングがいいし、初めての前走(4着)もうまく乗ってくれた」
ストロングタイタン

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.2-39.8-25.6-12.3(馬也)

池江調教師「今週はサラッとやって態勢は整った。汗をかく時期になって状態もアップしており、福島は初めてでも小回りの2000メートルは得意だから」
ソールインパクト

最終追い切り
美浦・ポリ・良
5F 68.2-53.3-38.6-12.8(馬也)
外・スターライトブルー(馬也)を5Fで0.4秒追走・1F併せで併入

大野騎手「気を抜くところもなく集中力を保って、いい追い切りができた。平均的に流れやすい小回りの2000メートルも条件的にいい」
タニノフランケル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 56.4-40.4-25.9-12.4(馬也)
内・ブルーミングスカイ(一杯)と併せで0.1秒先着

辻野助手「前回(鳴尾記念8着)はできていると思ったが、実戦ではいかにも休み明けの感があった。もともと叩き良化型で、今回は気持ちも入って上手な小回りなので変わり身を」
ブラックスピネル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.0-37.7-24.9-12.7(一杯)
内・ネクストステップ(仕掛)と併せで併入

音無調教師「変わりなく順調。やっぱり芝の1800メートルから2000メートルが合う。今回は行きたい馬との兼ね合いが鍵」
ベルキャニオン

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 52.9-38.2-25.1-12.9(強め)

森助手「先週の巴賞を視野に入れながら調整してきたし状態は前走よりも上がっているが、一番いい頃と比べるとひと息」
マルターズアポジー

最終追い切り
美浦・北C・稍重
5F 67.5-52.6-39.0-12.3(仕掛)

武士沢騎手「余力を残しながらも、しまいはある程度動かした。同型との兼ね合いや枠順とかが鍵になるが、自分の形で競馬できれば」
ミッキースワロー

最終追い切り
美浦・ポリ・良
5F 67.1-51.9-38.3-11.9(馬也)

菊沢騎手「前に目標を置きながら息を整える程度でしたが、いい感じでやれました。久々に乗って馬の成長も感じたし、馬の力を信じて乗りたい」
ロードヴァンドール

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.2-39.1-24.8-12.4(一杯)

藤野助手「先週にビッシリ追って、今週は疲れを残さない調整。前走後、間隔をとって疲れも取れてよくなっている。あとは展開がうまくかみ合うかどうか」
ロシュフォール

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 51.6-38.2-25.3-12.7(G強)
外・グロリアーナ(馬也)と併せで併入

木村調教師「馬場状態を考えれば、動きは悪くないですね。いい意味で順調にきています」
関連記事

武豊騎手はプロキオンステークスでマテラスカイに騎乗予定!

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

今後も楽しみなレースが続く!

札幌記念は2019年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2019年で第55回を迎える。昨年はサングレーザーが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
凱旋門賞は2019年10月6日にフランス・ロンシャン競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦。凱旋門賞は2019年で第98回を迎える。昨年はエネイブルが連覇を果たした。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。