【プロキオンステークス2019】出走予定馬・騎手/砂の上で速さを競う

プロキオンステークス 2018 マテラスカイ

プロキオンステークス2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年のプロキオンステークスの出走予定馬にはマテラスカイやウインムートなどが名を連ねています。尾張の地で速さ対決を制すのは。

砂の上で速さを競う

2019年7月7日(日) | 3回中京2日 | 15:35 発走
第24回 プロキオンステークス(GIII)ダート・左 1400m
Procyon Stakes (G3)

2019年・プロキオンステークスの出走予定馬たち

マテラスカイ

2019年のプロキオンステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
下記の馬名は28日現在の主な出走予定馬で、JRAから正式に出走予定馬の発表があり次第更新いたします。
フルゲートは16頭となっています。

出走予定馬
  • アディラート(酒井学)
  • アルクトス(田辺裕信)
  • アードラー(西村淳也)
  • ウインムート (川田将雅)
  • ヴェンジェンス(幸英明)
  • オールドベイリー(未定)
  • キングズガード(M.デムーロ)
  • サクセスエナジー(松山弘平)
  • サンライズノヴァ(松若風馬)
  • ダノングッド(鮫島克駿)
  • ドンフォルティス(秋山真一郎)
  • プロトコル(未定)
  • マテラスカイ(武豊)
  • ミッキーワイルド(北村友一)
  • ワンダーサジェス(太宰啓介)
関連記事
武豊騎手はマテラスカイに騎乗予定!

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

同週に行われる他の重賞もチェック!

七夕賞2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年の七夕賞の出走予定馬にはソールインパクトやロシュフォールなどが名を連ねています。7月7日に行われる七夕賞。皆の願いは叶うのか?

出走予定馬・ピックアップ

さきたま杯2019 ウインムート

中京競馬場で行われるG3「プロキオンステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

マテラスカイ(Matera Sky)

マテラスカイ・5歳牡馬
24戦6勝 [6-5-0-13]
父:Speightstown
母:Mostaqeleh
母父:Rahy
馬名の由来:冠名+空
前走:ドバイゴールデンシャヒーン・2着(5番人気)
(鞍上予定:武豊)

世界で見せた速さ再び「マテラスカイ」

昨年のプロキオンステークスでは逃げて後続を寄せ付けずレコードタイムVと圧巻のレースを見せてくれたマテラスカイ。

今年もスピードに衰えは見せていない。
前走のドバイゴールデンシャヒーンでは海外の快速馬に互角以上の走りを見せ2着。
内枠だったらもっと勝ち馬と差がなかったはずで、さらには逆転もありえたかもしれないと思わせる内容だった。

1週前の追い切りでは坂路で一番時計を計測しており状態は万全。
連覇に向けて死角なしだ!

ピックアップレース
ドバイで行われたドバイゴールデンシャヒーン2019の結果・動画です。ドバイゴールデンシャヒーンの着順は1着:X Y Jet(エックスワイジェット)、2着:Matera Sky(マテラスカイ)、3着:Imperial Hintとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。
ウインムート(Win Mut)

ウインムート・6歳牡馬
32戦10勝 [10-2-2-18]
父:ロージズインメイ
母:コスモヴァレンチ
母父:マイネルラヴ
馬名の由来:冠名+勇気(独)
前走:さきたま杯・1着(4番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

昨年の雪辱を「ウインムート」

1400mの重賞を2勝する快速馬が昨年のリベンジを誓う。
昨年のプロキオンステークスでは2番手を追走するも直線でマテラスカイに突き放され3着と悔し涙をのんだ。
その後は1200m戦で苦しんだ時もあったが、1400m戦では兵庫ゴールドトロフィーとさきたま杯を制すなど充実してきた。

新コンビとなる川田騎手を背に3つ目の重賞タイトル取りへ。

ピックアップレース
兵庫ゴールドトロフィー2018の結果・動画をまとめた記事です。2018年の兵庫ゴールドトロフィーの着順は1着:ウインムート、2着:サクセスエナジー、3着:キクノステラとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
さきたま杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のさきたま杯の着順は1着:ウインムート、2着:サクセスエナジー、3着:キタサンミカヅキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
アルクトス(Arctos)

アルクトス・4歳牡馬
11戦6勝 [6-1-0-4]
父:アドマイヤオーラ
母:ホシニイノリヲ
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:北斗七星(ギリシャ語)
前走:欅ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

本格化の気配「アルクトス」

オープン特別戦を連勝し勢いに乗る4歳馬アルクトスから目が離せない。
これまで馬券外に飛んだのは芝のレースと1800mのダート戦のみ。
1400~1700mまでの距離では連対すら外していない。

3連勝で一気に重賞馬の仲間入りだ。

他にもプロキオンステークスには交流重賞3勝のサクセスエナジーや一昨年のプロキオンステークス覇者のキングズガード、条件戦連勝中のミッキーワイルドなども出走を予定しています。

プロキオンステークスは2019年7月7日(日)の15時35分発走予定です。

プロキオンステークス2019の日程・賞金

プロキオンステークス 2017 キングズガード

プロキオンステークス

日程・発走予定時刻
2019年7月7日(日)15時35分発走予定

場所・距離
中京競馬場・ダート・1400m


G3

1着賞金
3,600万円

プロキオンステークス・プレイバック

プロキオンステークス 2018 マテラスカイ

2018年・プロキオンステークス(GIII)

1着:マテラスカイ
2着:インカンテーション(4馬身)
3着:ウインムート(1/2馬身)
4着:サクセスエナジー(クビ)
5着:ブラゾンドゥリス(クビ)

勝ちタイム:1.20.3(レコード
優勝騎手:武 豊
馬場:不良

プロキオンステークス
プロキオンステークス 2018の動画・結果です。プロキオンステークスの結果は1着:マテラスカイ、2着:インカンテーション、3着:ウインムート。「マテラスカイ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
レース後のコメント
1着 マテラスカイ(武豊騎手)
「強かったですね。今日のポイントはスタートだと思っていたのですが、決まって迷いなく行けました。ただ、1200メートルばかりを使ってきたので、ラストを心配していたけど問題なかったです。タイムが出やすい馬場とはいえ、それにしても強かったです。立派なタイムです。今、馬が充実していて、いいタイミングで乗せてもらっています。(2月25日の阪急杯=ダイアナヘイロー以来)久々に重賞を勝ててうれしいです。春はリズムが悪かったので、このまま流れに乗っていけたらと思います。ウィナーズサークルは昨日の(オジュウチョウサンのときの)ような盛り上がりでした」
関連記事

今後も注目のレースが続く!

札幌記念は2019年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2019年で第55回を迎える。昨年はサングレーザーが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
凱旋門賞は2019年10月6日にフランス・ロンシャン競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦。凱旋門賞は2019年で第98回を迎える。昨年はエネイブルが連覇を果たした。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。