【七夕賞2018】動画・結果/メドウラークが激走し大波乱を演出

七夕賞 2018 メドウラーク

七夕賞 2018の動画・結果です。七夕賞の結果は1着:メドウラーク、2着:マイネルサージュ、3着:パワーポケット。「メドウラーク」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

丸田騎手騎乗の11番人気・メドウラークが激走し大波乱を演出

2018年7月8日(日) | 2回福島4日 | 15:45 発走
第54回 七夕賞(GIII)芝・右 2000m
Tanabata Sho (G3)

動画

関連記事
昨年の七夕賞はゼーヴィントが制していた。
【七夕賞 2017】動画・結果/ゼーヴィントがゴール前で差し切る

結果

1着:メドウラーク
2着:マイネルサージュ(クビ)
3着:パワーポケット(2馬身)
4着:サーブルオール(3/4馬身)
5着:ワンブレスアウェイ(1-1/4馬身)
6着:レイホーロマンス
7着:キンショーユキヒメ
8着:マイネルフロスト
9着:マイネルミラノ
10着:バーディーイーグル
11着:シルクドリーマー
中止:プラチナムバレット

勝ちタイム:2.00.8
優勝騎手:丸田 恭介
馬場:良

レース後のコメント

1着 メドウラーク(丸田恭介騎手)
「馬場は悪くなっていたけど、道悪の上手い馬、良い手応えで走っていた。3・4コーナーで2着馬が来た時に進路を確保できたのが良かった。この様な馬場も得意ですし、まだまだ活躍できそうです」

(橋田満調教師)
「馬場も味方に。すぐには反応せず、馬込から抜けてこられないとは騎手と話した。勝負どころで騎手が好判断、100%出してくれた。喉の手術で空気の湿った状況も良かった。天候を見ながら(笑)、サマーチャンピオンを狙いたい。乗り役を誉めて下さい」

2着 マイネルサージュ(津村明秀騎手)
「流れもちょうど良くていい感じで上がれた。ただ4コーナーで外に逃げ加減になってしまいました。」

3着 パワーポケット(江田照男騎手)
「外に出すつもりはなく内でロスなくいった。一生懸命走るし、元気で走る気もあったのでハンデ50kgを活かせた状態も良かった。良く頑張ってくれました。まだまだやれます。」

4着 サーブルオール(戸崎圭太騎手)
「初めて乗りましたが、もう少しいきっぷりが良いと思って乗っていた。馬はとても乗りやすい。それがかえってもたつく感じになったのかもしれません。」

5着 ワンブレスアウェイ(石橋脩騎手)
「ゲートを我慢してくれて、上手に出てくれたのは、体調が良かったのもあったと思う。あのポジション(2番手)だったから、流れのなかで動いていくしかなかった」

6着 レイホーロマンス(内田博幸騎手)
「力負けはしていないと思うが、馬場が合わなくて、ずっと反応が悪かった。のめってしまっていた」

7着 キンショーユキヒメ(北村宏司騎手)
「追走に少し苦しんで、勝負どころで落馬のあおりを受けた。そこからも伸びてくれたんだけど」

8着 マイネルフロスト(柴田大知騎手)
「前が引っ張ってくれて、いい形で行けたんだけど、いつもの早めに並んでいくような競馬をイメージしたが、勝負どころで反応がなかった」

9着 マイネルミラノ(田辺裕信騎手)
「もう一回上がっていける余裕はなかった」

10着 バーディーイーグル(柴田善臣騎手)
「ちょっと力みながら走っていた」

関連記事
メドウラークは今回の勝利が重賞初制覇となった。

勝ち馬プロフィール

七夕賞 2018 メドウラーク

メドウラーク(Meadowlark)牡7/鹿毛 橋田 満(栗東)
父:タニノギムレット 母:アゲヒバリ 母父:クロフネ
馬名の由来:マキバドリ

関連記事