【スワンステークス2023】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

スワンステークス2023 追い切り

スワンステークス2023の追い切り・コメントの記事です。スワンSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年10月28日(土) | 2回京都8日 | 15:35 発走
第66回 スワンステークス(GII)芝・右 1400m
Swan Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・スワンステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
スワンステークスは2023年10月28日に京都競馬場で行われるマイルG1へつながる一戦。スワンステークスは2023年で第66回を迎え、昨年はダイアトニックが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも天皇賞秋などが開催される。
天皇賞秋は2024年10月27日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2024年で第170回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
アルテミスステークスは2023年10月28日に東京競馬場で行われる2歳牝馬限定のマイル戦。アルテミスSは2023年で第12回を迎え、昨年はラヴェルが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

スワンステークス2023の追い切りをチェック!

スワンステークス2023 追い切り

スワンステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
天皇賞秋2023の追い切り・コメントの記事です。天皇賞秋の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アルテミスステークス2023の追い切り・コメントの記事です。アルテミスSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アヴェラーレ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 68.9-53.5-38.1-11.1(馬なり)

木村調教師
「イメージ通りやりたいことはできた。今回は1400メートルなのでいいスタートを切れるように意識してやっている」
「レースで道中の走りが良くなってきたし、最後きっちり脚を使えるようになった」
インダストリア

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 81.2-64.6-49.4-36.0-11.7(馬なり)

宮田調教師
「動き、状態は胸を張れるもの。上手にスタートを切って中団で追走して、差し脚を生かせれば」
「前走よりもいい状態になった。胸を張ってレースに向かえる。直前の長距離輸送を避けるため、木曜に栗東へ移動し、当日に京都入りしたい」

佐藤助手
「今回は新坂路でやって追い切りはウッド。この馬らしい調教ができています。初めての京都で不安なところはありますがうまく適応してくれれば。ハマったらとてもいい脚は使えるので、能力自体は足りています。前走よりもいい状態ですよ」

ウイングレイテスト

最終追い切り
美浦・南W・良(松岡)
5F 66.1-51.3-37.3-11.5(馬なり)

松岡騎手
「ずっと調子はいいです。今回も直線はやりすぎないように。距離はマイルが一番と思っているけど、前走でブリンカーを着用した効果があったし、(1400メートルにも)対応してほしい」
ウインマーベル

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 85.3-68.7-53.3-38.6-11.6(G前仕掛け)

深山調教師
「稽古駆けはしないタイプにしては、よく動いていました。前走より状態は上。互角にスタートを切れれば」
「前走を使って馬が変わってきた。この状態なら胸を張っていける」
エクセトラ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.0-37.6-24.6-12.5(馬なり)

吉村調教師
「無理せずいい時計が出た。見ていて雰囲気の良さが伝わってきたよ。(前走は)スローペースで差し馬にはつらかった。広いコースの1400メートルは合うと思うし、どれだけ走れるか楽しみです」
グレナディアガーズ

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
6F 83.9-68.2-52.8-37.3-11.4(馬なり)
アウサンガテ(一杯)の内0.4秒追走・0.2秒先着

福永助手
「軽度の骨折があっての休養明けになるけど帰厩後は順調に調教を消化。休養前と変わらず、いい動きをしていますよ。京都は初めてだけど千四は得意。久々でも動けるタイプなので」
「今の雰囲気のまま落ち着いて走ることで、好結果が得られればと期待します」
サブライムアンセム

最終追い切り
栗東・CW・良(池添)
4F 50.5-35.6-11.4(馬なり)

池添騎手
「動きは良かった。年齢を重ね、体と精神面の成長を感じる」

田代助手
「使った上積みも見込めるので、前進を期待」

スマートリアン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.5-38.2-24.9-12.4(馬なり)

石橋調教師
「しまい重点でいい動き。6歳だが、元気があって雰囲気はいい」
「予定通りの時計です。千四は問題ない。しまいは確実に伸びるし展開が向けば」
タマモブラックタイ

最終追い切り
栗東・坂路・良(角田和)
800m 54.2-39.1-24.7-12.0(強め)
イマジンレノン(一杯)を0.1秒追走・1.4秒先着

角田調教師
「1週前にしっかりやっているので、サラッと。久々の前走も見せ場十分だった」
デュガ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.7-37.2-24.9-13.1(末強め)

清水亮助手
「この距離で2勝しているし、レースはしやすくなると思う」
トウシンマカオ

最終追い切り
美浦・南W・良(横山和)
6F 82.0-65.8-51.5-37.0-11.4(馬なり)
サルサロッサ(直強め)の内0.8秒追走・0.6秒先着

高柳瑞調教師
「熱発の影響はありません。先週に引き続き、いい動き。距離と初のコースが鍵になるが、今の状態なら」
「いい頃の姿に戻ってきた。久々の1400メートルと初の京都コースがポイントだが、期待したい」
ミッキーブリランテ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.8-38.6-25.2-13.0(一杯)
サンセットクラウド(馬なり)に0.6秒先行・0.4秒遅れ

貝沢厩務員
「年齢を感じさせない動きでした。前走のように馬混みで立ち回る形の方が良さが生きる」
メイショウソラフネ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.2-37.6-24.2-12.3(一杯)

石橋調教師
「いい動きだったし状態は良さそう。前走と同じ舞台なら重賞でも楽しみ」
ララクリスティーヌ

最終追い切り
栗東・CW・良(中井)
5F 70.3-53.9-37.9-10.9(末強め)

斉藤崇調教師
「先週、先々週と全体的に速い時計を出したので今週はしまいの確認。(道中は)我慢が利いてラストの反応も良かった。状態は上向いている。(前走は)疲れが残っていたのかも。立て直して雰囲気はいいし、マイルより千四の方が合う」
「今回は稽古でハミを取ったし、しまいの反応も良かった」
ルガル

最終追い切り
栗東・坂路・良(長岡)
800m 52.5-37.2-23.3-11.7(馬なり)

杉山晴調教師
「全体時計は控え、しまい重点。ここを目標にしっかり調整してきた。スピードはあるし京都も相性がいい」
「涼しくなって活気も出てきた。状態は前走以上」
ルージュスティリア

最終追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 53.9-39.1-24.8-12.0(馬なり)
カントル(馬なり)を0.6秒追走・同入

藤原調教師
「追い切りはいい感じだった。前走も状態は良かったけど距離が長かったのかも。この条件はベストだと思う」

田代助手
「レースセンスがいい馬だし、頑張ってほしい」

ロータスランド

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.6-38.9-24.5-12.2(馬なり)
スマートアリエル(強め)を0.4秒追走・0.4秒先着

辻野調教師
「併せ馬でしっかりやった。これで気持ちが入ってくれば。千四は力を発揮できる条件です」

2023年・スワンステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 スワンステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・スワンステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はルガルに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/22・6/23)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
エリザベス女王杯は2024年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2024年で第49回を迎え、昨年はブレイディヴェーグが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
マイルチャンピオンシップは2023年11月19日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2023年で第40回を迎え、昨年はセリフォスが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。