【スワンステークス2020】結果・動画/カツジが押し切り波乱を演出

スワンステークス2020 カツジ

スワンステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のスワンステークスの着順は1着:カツジ、2着:ステルヴィオ、3着:アドマイヤマーズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のスワンステークスはカツジが押し切り波乱を演出

2020年10月31日(土) | 4回京都7日 | 15:35 発走
第63回 スワンステークス(GII)芝・右・外 1400m
Swan Stakes (G2)

スポンサーリンク

2020年・スワンステークスの動画

関連記事

昨年のスワンステークスはダイアトニックが制していた。

スワンステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のスワンステークスの着順は1着:ダイアトニック、2着:モズアスコット、3着:マイスタイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・スワンステークスの結果

スポンサーリンク

1着:カツジ
2着:ステルヴィオ(1馬身)
3着:アドマイヤマーズ(1/2馬身)
4着:アルーシャ(クビ)
5着:シヴァージ(ハナ)
6着:キングハート
7着:カテドラル
8着:ベステンダンク
9着:メイショウオーパス
10着:サウンドキアラ
11着:ボンセルヴィーソ
12着:レインボーフラッグ
13着:プロディガルサン
14着:スマートオーディン
15着:ロケット
16着:タイムトリップ

勝ちタイム:1.21.2
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

関連記事
G1・マイルチャンピオンシップをにぎわす馬は?
マイルチャンピオンシップは2020年11月22日に阪神競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2020年で第37回を迎え、昨年はインディチャンプが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

スワンステークス2020 カツジ

1着 カツジ(岩田康誠騎手)
「この馬のオファーがあってから絶対に勝ってやろうと、この日を待っていました。G1馬並の追い切りをしていたし、まだ奥がありそうだった。ゲートを出てから考えようと思っていて、スムーズに出てくれた。馬の力を信じて馬のリズムを考えていた。直線では余裕があって馬場を選んで外に出せた。後ろの影が気になっていましたが、楽勝でした」

2着 ステルヴィオ(池添謙一騎手)
「外をいい形で運べたんですが、3コーナーの不利が痛かったです」

3着 アドマイヤマーズ(川田将雅騎手)
「58キロで初めての1400メートルでしたが、リズム良く追走できました。これが刺激になり、次に向かえたらと思います」

4着 アルーシャ(武豊騎手)
「スタートが出たし、外枠(14番)からすごくスムーズなレースができた。よく頑張っている」

5着 シヴァージ(藤岡佑介騎手)
「難しい馬場で(直線では)最内に行くか、大外に行くか、迷いました。いい脚を長く使っているのですが、もう少し前が止まっていたらと思いました」

7着 カテドラル(福永祐一騎手)
「いい形で運べたけど、坂を下ったときにミスステップがあったのが痛かった。それが最後、伸び切れないのにつながったと思う」

8着 ベステンダンク(北村友一騎手)
「乗り味のいい馬で、切れないけど最後まで長くいい脚を使っていました」

9着 メイショウオーパス(幸英明騎手)
「内から伸びてはいたんですが、もうちょっと枠が外だったらと思いました」

10着 サウンドキアラ(松山弘平騎手)
「スタートが良く、好位で流れに乗れたけど、最後は思った以上に苦しくなってしまいました。人気に支持していただいたのに、期待に応えられず申し訳ありません。牡馬と一緒に走り、これで良くなってくれたらと思います」

11着 ボンセルヴィーソ(木幡巧也騎手)
「位置取りは良かったのですが、3、4コーナーでプレッシャーをかけられて止まる場面がありました。状態が良く、直線ではじりじり伸びてはいたのですが…」

12着 レインボーフラッグ(和田竜二騎手)
「いいスタートを切れたけど、最後はスペースがなかった。でも、開いていても、伸びていたかどうか…。はまらないと厳しい」

13着 プロディガルサン(国分優作騎手)
「1400メートルは多少、忙しいです。最近ためる競馬より出していった方がいいと聞いていて、自分から動いていったのですが…」

15着 ロケット(酒井学騎手)
「ラチ沿いからイチかバチかの競馬をしたけど、行きっぷりがなかったです。牝馬の難しいところを出したのかなと思います。進んでいきませんでした」

勝ち馬プロフィール

スワンステークス2020 カツジ

カツジ(Katsuji)牡5/鹿毛 池添 兼雄(栗東)
父:ディープインパクト 母:メリッサ 母父:ホワイトマズル
馬名の由来:人名より

関連記事
カツジは2018年のニュージーランドトロフィーで重賞初制覇を果たしていた。
ニュージーランドトロフィー 2018の動画・結果です。ニュージーランドトロフィーの結果は1着:カツジ、2着:ケイアイノーテック、3着:デルタバローズ。「カツジ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。