【秋華賞2023】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

秋華賞2023 追い切り

秋華賞2023の追い切り・コメントの記事です。秋華賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年10月15日(日) | 2回京都5日 | 15:40 発走
第28回 秋華賞(GI)芝・右 2000m
Shuka Sho (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・秋華賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
秋華賞は2024年10月13日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2024年で第29回を迎え、昨年はリバティアイランドが制した。秋華賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも府中牝馬ステークスが開催される。
府中牝馬ステークスは2024年10月14日に東京競馬場で行われる注目牝馬が集うレース。府中牝馬ステークスは2024年で第72回を迎え、昨年はディヴィーナが優勝した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

秋華賞2023の追い切りをチェック!

秋華賞2023 追い切り

秋華賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
府中牝馬ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。府中牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
エミュー

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 67.9-51.7-36.9-11.8(直強め)

和田正調教師
「ある程度追って動きはよかったと思います。これで反応が良くなればいいかなと思います。(関西への)輸送があるので、少し体を増やし気味ではあります。体の張りはいいです」
「前走は競馬の形と馬場傾向が合わず。1週前は、しまいを伸ばす形で動きも良かった。上積みがないと困ります」

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 55.1-39.9-25.8-12.9(末強め)

和田正調教師
「気が入るところはありましたが、走り出したら落ち着いてくれました。ハミに頼ることなくいい感じで走れていました」
「坂路に入れ始めてから体を使って走るようになった。上積みはある」
8枠18番について
和田正調教師
「枠は仕方ないけど、京都2000メートルの内回りは外枠がいいといえない。思い切って出していくなり、内に行くなり、外を回らない競馬をしないといけないですね」
キタウイング

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(調教師)
6F 85.2-69.1-53.7-37.9-11.4(末強め)
ラファドゥラ(馬なり)の内0.2秒追走・クビ遅れ

小島調教師
「いい動きでした。前走(クイーンS8着)後は体の張りが気になりましたが、今は全く問題ないです。レースに向けて、いい状態で行けると思います」

埜口厩務員
「今朝はいい併せ馬ができた。先週より調教後の息の入りも良くなっています。(栗東滞在については)環境に慣れていて落ち着きがある。カイ食いも良く、今朝の計量で442キロ。もう少しふっくらしてほしいのが本音だが、順調に仕上がっています」

最終追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 52.8-39.0-25.7-13.2(馬なり)
スターチョウサン(一杯)を1.0秒追走・アタマ遅れ

小島調教師
「変わりないですよ。前回(クイーンS8着)も悪くなかったですからね。力をつけているけど、2000メートルはぎりぎりという印象かな。できれば内枠が欲しいね」
6枠11番について
小島調教師
「もう少し内が良かった。そこはジョッキー(江田照)に任せる。距離ロスは少ない方がいいし、内を割った方がいい馬なので」
グランベルナデット

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
7F 97.4-68.6-52.9-37.7-11.3(G前仕掛け)
ソーヴァリアント(馬なり)の内0.2秒追走・同入

大竹調教師
「併せたソーヴァリアントと互角の動き。前走のダメージはなく、むしろ良くなっている」
「前走は自分の形に持ち込めたが、外を回ると厳しかった。うまく立ち回れれば…」

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 86.4-69.7-52.7-37.9-11.3(馬なり)
ロジホーム(馬なり)の内0.3秒追走・0.3秒先着

大竹調教師
「いい動きでした。使った後に明らかに良くなったし、ダメージもなかった。ハイペースで外を回った前走は度外視でいいと思います」
5枠10番について
大竹調教師
「ここなら前走の紫苑S(7枠14番→10着)のように外を回されることもないでしょう。位置は取らずに流れに任せていくよう指示します。マイナスにはならない枠ですね」
コナコースト

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(鮫島駿)
7F 93.0-63.6-49.9-36.1-11.7(一杯)

鮫島駿騎手
「ある程度しっかり動かしてほしい、という指示。もともと調教は動きますけど、春より体が大きくなりましたね」

清水久調教師
「自在性があるし、2000メートルも問題ない。(鮫島駿)ジョッキーも手の内に入れてくれている」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.2-37.0-24.2-12.1(馬なり)

清水久調教師
「これくらいの時計は自然に出ます。パワーアップしているんでしょう。春以来なのでしっかりやりました。着実に成長しています。先行力があって競馬が上手。(自身が管理した父の)キタサンブラックそっくりで操縦性が高い。今回の舞台はむしろいいと思っています」

清山助手
「久々は大丈夫。それだけのこと(調教)をやっているから。京都の内回りは、この馬には向きそうだよ」

2枠4番について
押田助手
「最終追い切りも楽な手応えで好時計が出たように状態はものすごくいいね。春に比べても馬体が増えてパワーアップしてきたね。この枠なら競馬がしやすいし、今回はこの馬の癖をよく知ってくれている鞍上(鮫島駿)に戻るからね。前回はゲートで不利があったのがすべて。あの一戦でこの馬の評価が下がってしまったので、ここでそれを取り戻してほしいね」
コンクシェル

1週前追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
7F 93.1-63.6-50.0-35.9-11.7(一杯)

清水久調教師
「前走後は放牧に出して様子を見ました。問題はないですし、状態はいいです」

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
6F 82.8-67.2-52.7-37.7-11.6(馬なり)
ルクスビッグスター(馬なり)の内1.0秒追走・クビ遅れ

清水久調教師
「具合はいいし、この舞台も合うと思います。前走(ローズS12着)はペースも速すぎました。あとは抽選突破ですね」
7枠14番について
押田助手
「欲を言えば内が欲しかったけど、たまに出遅れることがあるので内で包まれる可能性を考えればむしろ外のほうが良かったと捉えたいね。前走は折り合いを欠いて道中で落鉄もあった。モマれる形だと力を出し切れないのでジワッと先行できれば」
ソレイユヴィータ

1週前追い切り
栗東・CW・良(服部寿)
6F 84.4-68.0-52.4-37.9-11.5(末強め)
レディントン(馬なり)の内0.8秒追走・0.2秒先着

杉山晴調教師
「折り合いがついていましたし、追ってからの反応も良かった。脚をためていけば、距離は大丈夫だと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.7-39.1-25.2-12.3(馬なり)

杉山晴調教師
「1週前にしっかりやっているので、坂路でサッと。あまり状態やテンションに変化のないタイプ。条件、コース替わりはプラス」
8枠17番について
杉山晴調教師
「2000メートルはギリギリなので内枠が欲しかった。ロスなく立ち回りたい。落ち着きがあって雰囲気が良く、前回より出来はいい。あとは武豊ジョッキーに任せます」
ドゥアイズ

1週前追い切り
栗東・CW・良(西村淳)
7F 96.5-65.4-51.9-37.8-12.4(馬なり)

庄野調教師
「いい追い切りができました。ジョッキー(西村淳)も息遣いは悪くないと言っていましたし、このひと追いで良くなると思います」
「テンションを上げ過ぎず気を付けてやりました。背も高くなって、古馬らしくなってきた」

最終追い切り
栗東・CW・良(西村淳)
5F 68.7-52.6-36.9-11.3(馬なり)

庄野調教師
「直線はいいフォームで走れていましたね。夏は休養に充て、見た目にも成長しています。ここ2週で調子がグンと上がってきました。レースが上手なので、できれば前々で運びたい」
「今回の京都の方がいいパフォーマンスができそう」
6枠12番について
庄野調教師
「行きそうな馬が何頭かいるからそれを見ながら好位から進められれば」
ドゥーラ

1週前追い切り
栗東・CW・良(斎藤)
6F 82.0-66.3-51.6-37.1-11.5(一杯)
サウンドウォリアー(強め)の内2.0秒追走・0.2秒先着

斎藤騎手
「自分でハミをくわえるようになっていますし、行きっぷりが良くなっていますね。しっかりとやったので、さらに良くなってくれれば」
「馬体の張りは良くなっています。前走ぐらいゲートを出られれば」

最終追い切り
栗東・坂路・良(斎藤)
800m 55.4-40.3-24.9-12.0(馬なり)

斎藤騎手
「先週に負荷をかけたことが利いて、フットワークが大きくなったと感じました。トモ(後肢)がしっかりして、弾むようなところが出てきました」

高橋康調教師
「オークスより、馬体は少し大きくなっています。小回りは前回の札幌で勝っているので」
「落ち着いている。以前と比べてトモに張りが出たし、筋肉のバランスが良くなった。道悪は大丈夫だし、むしろ他馬が苦にするようなら楽しみ」

原口助手
「体調はいいですよ。体は増えているけど、わりと負荷をかけてのもので成長分です。(道悪については)もともとちょっと頭が高い馬。ノメッて走ることもないと思う」

3枠5番について
高橋康調教師
「大外枠だけは嫌だったけど、枠に関してはどこでも良かった。奇数枠だけど、先に入って態勢を整える時間があるのでいいんじゃないかな。馬も変わりなくきていて落ち着きがあるのもいい。前走のようなレースができれば」
ハーパー

1週前追い切り
栗東・CW・良(調教師)
6F 82.6-67.2-52.7-37.5-12.0(一杯)
ヴィゴラスダンサー(一杯)の外0.6秒先行・0.2秒先着

友道調教師
「1週前なのでしっかりとやりました。馬場が悪くて走りづらそうだったが、走る気があって見た感じも良かった」
「春に比べて体に幅が出て、いい意味でどっしりとしてきた。1週前にしっかりと乗ったことで態勢はできてくると思う」

大江助手
「体がしっかりとしましたね。体自体も大きくなりました。体の軸がしっかりとしたことで、地面をつかまえて走れるようになっています。パワーアップしているのは間違いありません」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 99.8-83.8-69.1-54.2-38.5-11.6(馬なり)

ルメール騎手
「リバティアイランドは一番のライバルですね。勝つのはすごく難しいですけど、2000メートルがハーパーにはピッタリの距離だと思います。リバティの後ろか隣にいたらベストポジションですね」

友道調教師
「変わりなくきていますね。体も大きくなりましたが太め感はなく成長分。競馬はプラス10キロ半ばでの出走になるかな」

大江助手
「活気があって、すごくフレッシュな感じの状態にあります。軸がしっかりとしてきたことで強く地面をつかめる感じとなり、ブレずに体の浮いてこないフォームで走れるようになっています」
「秋になって目に見えてパワーアップしています」

1枠2番について
友道調教師
「枠はどこでも大丈夫。強い相手がいるけど、京都2000メートルはまぎれのあるコースだからね。あとはルメールさんにおまかせします」
ヒップホップソウル

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
7F 99.2-68.2-52.5-37.6-11.4(馬なり)
プレサージュリフト(馬なり)の外0.4秒先行・同入

太田助手
「長めからしっかりとやれたことが何より。毛づやは落ちていないし馬体にも張りが出てきました。(前走は)しっかりポジションを取って、今までとは違った競馬ができました。収穫があったと思います」

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 85.8-69.3-53.8-39.3-11.7(馬なり)
プレサージュリフト(馬なり)の外0.5秒先行・同入

木村調教師
「前走は立派だったなと思います。今日もよかったですし、予定通りできました。いつも元気で走りにポジティブ。(初の関西輸送にも)わりと普段からどっしりしている性格。強い女性で頼もしいので、そんなにナーバスにならなくてもいいと思っています」
7枠15番について
木村調教師
「与えられた枠で最善を尽くします。ここまで順調で、レースに向けて輸送もクリアできるよう慎重に進めていきます」
ピピオラ

1週前追い切り
栗東・CW・良(藤岡康)
6F 83.9-67.7-52.2-36.9-11.4(末強め)
フォーディアライフ(強め)の外1.2秒先行・0.5秒先着

藤岡康騎手
「1週前なので動かしました。反応は良かったです。ここまで違う条件で連勝しているし、力をつけていますね」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
4F 52.1-36.9-11.8(強め)
スパークルアイズ(強め)の内0.5秒追走・0.2秒先着

武幸調教師
「馬体は前走より締まってきているし、状態はいい」
8枠16番について
武幸調教師
「枠順よりスタンド前のスタートがどうか。お客さんの前で舞い上がらなければいいけどね。スタート前、普通の状態でいてくれたら」
フェステスバント

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.5-38.9-25.1-12.5(一杯)
ブレスレスリー(馬なり)を0.2秒追走・同入

藤岡調教師
「動きは悪くないですね。今週に入ってから、かなり良くなっています。体調も上がっています」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 82.3-65.6-51.0-36.3-11.5(強め)
ヴェールランス(一杯)の内1.1秒追走・0.1秒先着

藤岡調教師
「北海道シリーズ(函館、札幌で計4戦)の疲れが残っていないかが心配だったけど、馬の雰囲気が良くて元気いっぱい。悪い馬場をこなすパワーがあるし、出走さえできれば」

長谷川助手
「夏場から少しずつ体がしっかりしてきた。(1枠については)運が向いてきた。これまでタフな馬場を経験しているので、道悪になっても大丈夫です」

1枠1番について
藤岡調教師
「スタートはスッと出るし、いい枠を引けた。ある程度、前に行くつもり。ひと雨降って時計がかかれば」
マスクトディーヴァ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 85.0-68.5-53.9-38.8-12.6(馬なり)
タイムオブフライト(馬なり)の内1.4秒追走・アタマ先着

辻野調教師
「ダメージを心配しましたが、疲れた雰囲気はないです。もうひと負荷かけてもいい状態まで持ってきたので、併せ馬をやりました。真っすぐ奇麗に走れていましたね」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.5-39.8-25.4-12.1(馬なり)

辻野調教師
「少し時計のかかる時間でしたが、軽すぎず、ちょうどいい内容だったと思います。走りのバランスは成長とともに改善しています。前走後はダメージを心配しましたが、思いのほか疲れもなく、使ってむしろ実が入ったかなと感じます。一走一走、成長して、思っている以上にレースのパフォーマンスが上がって、想像を超えてきています」
4枠7番について
辻野調教師
「欲を言えば偶数がほしかったけど、場所的にはいいところじゃないかと思います。ゲートを決めて、流れに乗せていく形になると思います。最初のコーナーをスムーズに入れるかですね」
マラキナイア

1週前追い切り
栗東・坂路・稍重(池添)
800m 59.4-43.1-28.1-13.8(馬なり)

吉岡調教師
「前走はリズムを大切に乗ってもらいましたし、今回につながるレースができました。春と比べるとカイ食いもいいです」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.1-39.8-25.8-12.8(馬なり)
ディクテオン(末強め)を0.5秒追走・0.2秒先着

吉岡調教師
「後ろから我慢できるかを確認した。最後はいつでも動ける感じでしたね。コーナー4つの舞台でも上手に走ってくれると思う」
2枠3番について
吉岡調教師
「距離ロスなく運べそうな、いい枠ですね。勝負どころで、どう馬群をさばくかが鍵になる」
ミシシッピテソーロ

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(石川裕)
5F 69.5-54.0-38.3-11.1(馬なり)
スノーディザイア(一杯)の内0.4秒追走・同入

石川騎手
「前走は若干フケが出ていたけど、今回はピリッとしていい状態」

畠山調教師
「しまい重点だったが、ハミの取り方が良かった。精神面も馬体も成長しているし、いい追い切りができました」

最終追い切り
美浦・南W・稍重(石川裕)
6F 82.1-65.7-51.5-37.5-11.6(馬なり)
スノーディザイア(馬なり)の内0.4秒追走・同入

石川騎手
「ハロー明けで気持ち良さそうに走れていたし、折り合いも大丈夫でした。レースでもこの折り合いなら。出来は上がっていると思います」

畠山調教師
「先週と同じく併せ馬で、しまいを伸ばす形。相変わらず動きはいい。前走は初の2000メートルで、折り合いは許容範囲内。この馬の良さを引き出してほしい」

5枠9番について
畠山調教師
「真ん中ならちょうどいい。あとはうまく折り合いを付けてですね」
モリアーナ

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(武藤)
6F 82.6-67.1-51.9-37.6-11.5(馬なり)
アトラクティーボ(馬なり)の内1.9秒追走・同入

武藤調教師
「タイムも動きも完璧です。(帰厩してから3週間で仕上げていった)前走はおろしがけからかかっていたが、今回は中5週あって、ゆとりを持っていけているのが大きい。折り合いはよかった。それだから反応も全然いい。調子の良さがうかがえました」

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 82.6-67.0-51.5-36.6-11.4(馬なり)

武藤調教師
「先週の時点である程度仕上がっていたので、今日は単走で息を整えながら折り合いをつける感じ。少しタイムが速いくらいですが、それだけ具合がいいという感じですね」
「紫苑Sは届きそうもないような位置から、馬群を割ってあっぱれなパフォーマンスだった。相手は強いけどチャンスをものにしたい」
4枠8番について
武藤調教師
「内にリバティ(アイランド)がいるし、うちの馬は1、5、8枠で勝った経験があるし枠にこだわりはなかったけど、この枠は理想だったかな」
ラヴェル

1週前追い切り
栗東・CW・良(坂井瑠)
6F 81.4-65.7-50.8-36.4-11.8(一杯)

福岡助手
「ジョッキー(坂井)にしっかりと動かしてもらいました。レースに行くとハミをかんでしまうところがあるので、中間はそこを意識して調整をしています」
「前走は、春から課題としている折り合い面が出てしまいました。ただ、課題が見えたので前哨戦を使えたことは良かったと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 54.0-38.5-24.7-12.0(馬なり)

福岡助手
「順調に追い切ることができました。使った上積みがあると思います。状態は申し分ないですね」
「夏を越えて、馬体重が減らなくなってきました。折り合いをつけて、いかに能力を出せるか」
7枠13番について
福岡助手
「極端に外でなければ、と思っていた。前走は道中、ハミをかんでしまった。折り合いをつけてリズム良く運べればいいですね」
リバティアイランド

1週前追い切り
栗東・CW・良(川田)
6F 81.5-65.9-51.1-35.5-11.0(強め)
ロックユー(一杯)の内1.3秒追走・0.6秒先着

片山助手
「良かったんじゃないですかね。予定通りです。問題なく、順調にこれていることが確認できた。もともと動く馬なので数字の部分にはあまりこだわりはなく、内容がほしかった。ジョッキー(川田騎手)と話をしていても良かったし、1週前としてはいい数字であり、いい雰囲気であり、いいテンションであり、全てがプラスに働いているのかなという印象ですね」

福永助手
「9月半ばに帰厩し、予定どおり順調に乗り込めている。夏に力をつけた未対戦の馬もいるし、展開に左右されがちな条件だが、好結果を得られるように準備したい」

最終追い切り
栗東・CW・良(川田)
7F 98.8-82.1-67.1-52.2-37.2-11.7(馬なり)
メイショウクーガー(一杯)の内1.1秒追走・0.6秒先着

川田騎手
「能力の高い馬なのでどうしても数字的には速い時計が出過ぎてしまうので、オーバーワークにならないように気をつけながら。体重が増えていても数字の印象ほどの重め感はなく、久々のぶんも先週より良化の感じられるいい内容の追い切りができました。京都の二千は難しいコース形態ではありますが、それでも勝たなければならない馬ですから、多くの期待に応えられるようにこの馬の走りができれば」

中内田調教師
「順調にきています。ひと夏を越して、うまく成長しています。これまでの休み明けの中で一番いいのではないでしょうか。レースまで順調にいき、スムーズな競馬ができれば」
「オークスでは、2400メートルを上手にこなして強い競馬を見せてくれました。やはり良馬場で走らせてあげたいです」

片山助手
「ひと夏越して大人びてまた違う感じに良くなってます。久々でも動ける態勢ですよ。(道悪も)パワーを持っているのでむしろいいと思います」

3枠6番について
福永助手
「与えられた枠で頑張るだけです。展開に左右されがちな京都内回りの条件で、難しいレースとなるかも知れませんが、自分の力を出し切って好結果が得られることを期待しています」

2023年・秋華賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 秋華賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・秋華賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はソレイユヴィータに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/1・6/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
菊花賞は2023年10月22日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2023年で第84回を迎え、昨年はアスクビクターモアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞秋は2024年10月27日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2024年で第170回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。