【府中牝馬ステークス2023】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

府中牝馬ステークス2023 追い切り

府中牝馬ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。府中牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年10月14日(土) | 4回東京4日 | 15:45 発走
第71回 府中牝馬ステークス(GII)芝・左 1800m
Fuchu Himba Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・府中牝馬ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
府中牝馬ステークスは2024年10月14日に東京競馬場で行われる注目牝馬が集うレース。府中牝馬ステークスは2024年で第72回を迎え、昨年はディヴィーナが優勝した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも秋華賞が開催される。
秋華賞は2024年10月13日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2024年で第29回を迎え、昨年はリバティアイランドが制した。秋華賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

府中牝馬ステークス2023の追い切りをチェック!

府中牝馬ステークス2023 追い切り

府中牝馬ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
秋華賞2023の追い切り・コメントの記事です。秋華賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アンドヴァラナウト

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 56.0-40.5-26.1-12.7(馬なり)

池添学調教師
「休み明けの方がいいタイプ。3着だった昨年と同じローテーションで臨みます。1週前はCWでラスト1ハロン10秒9。鞍上の感触も良く、状態は申し分ありません。良馬場でやれそうなのも何より。能力的にも一発があっていいでしょう」
イズジョーノキセキ

最終追い切り
栗東・坂路・良(岩田康)
800m 52.8-37.7-24.4-12.2(強め)

中村調教師
「そんなに一生懸命やる必要もない。思ったより時計は出たが乗り慣れたジョッキー(岩田康)ですから。状態はいい、とのことでした。勝っている条件。ある程度の位置で競馬ができるし、あとは流れが向いてくれたら」
エリカヴィータ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(三浦)
6F 83.2-67.0-51.8-37.5-11.6(馬なり)
ボーモンド(馬なり)の内0.7秒追走・同入

国枝調教師
「追い切りは三浦騎手に乗ってもらっていい動きだった。東京では(フローラSで)重賞勝ちもあるし、能力的にもっとやれていい」
コスタボニータ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
4F 57.6-41.7-13.3(馬なり)

杉山佳調教師
「先週で馬はできているし、輸送もあるので今朝はほぐす程度。状態はいい」
シンリョクカ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(吉田豊)
5F 67.3-52.3-37.7-11.5(馬なり)
メイザーキック(一杯)の内0.4秒追走・0.2秒先着

吉田豊騎手
「背も高くなり、ひと回り大きくなりました。動きは相変わらず良かったですし、息の入りも良かった。手前を替えてからの反応も良かったですね。テンションが上がりやすい馬だけど、今日は精神面も問題なかった。いい感じで走れていたし、走りも大きくなった」
ストーリア

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.3-39.6-25.6-12.5(馬なり)

杉山晴調教師
「以前は我(が)が強くて稽古も苦労したが、今は体の成長もあいまって、いい調教ができている」
「(東京芝1800mの舞台については)ここが一番いいんじゃないかな。脚は使うのでジョッキー(菅原明)もいいイメージで乗ると思う」
ディヴィーナ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.6-37.7-24.0-11.9(馬なり)

大江助手
「本格化してきたと思います。気持ちと体に余裕を持てるようになっているので距離適性も広がる。千八も大丈夫です」
ファユエン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 86.0-69.2-53.4-38.5-11.9(馬なり)
トーアスカーレット(馬なり)の内0.8秒追走・同入

勢司調教師
「状態は問題ない。素軽くてよかったね。前が止まる展開になれば。ラッキーが2つくらいほしい」
フィアスプライド

最終追い切り
美浦・南W・稍重(北村宏)
6F 84.4-68.2-53.5-38.6-11.6(馬なり)
サトノトルネード(馬なり)の内0.8秒追走・同入

国枝調教師
「大きな問題なくこられているよ。前走後も意外とダメージもないし、今は体も立派。距離が延びるのはいいし、しまいをうまく生かせれば」
「関屋記念(4着)はよく頑張ったと思う。以前に比べて体もだいぶしっかりとしてきた」
プレサージュリフト

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 85.3-69.0-53.4-38.7-11.6(馬なり)
ヒップホップソウル(馬なり)の内0.5秒追走・同入

木村調教師
「骨折で復帰まで時間がかかったが、調整は順調で動きもいい。折り合いは心配ないが、1ハロン延びるのはやはりポイント」
ライラック

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(石川裕)
800m 52.2-38.0-24.9-12.3(末強め)

相沢調教師
「放牧から帰ってきて、馬体重が増えてひと回り大きくなった。先週の段階で既に良かったし、状態は文句ない。このメンバーであれば格好はつけてくれる」
「調子はいい。4歳秋を迎えて良くなっている。1800メートルは守備範囲。いい競馬をしてエリザベス女王杯に向かいたい」

三尾助手
「しっかり追い切った後で馬体重は450キロ(前走時430キロ)。太いということはないし、背も高くなっているね。正直、春に戦ってきたメンバーを考えるとこの組み合わせなら…とは思うよね」

ルージュエヴァイユ

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(助手)
800m 54.0-38.8-25.2-12.5(馬なり)
フミロア(末強め)を0.7秒追走・同入

黒岩調教師
「週末に疲労が見られたが、十分にケアをして問題ない。先週見せていたもたつきも解消されていた。今回は長く脚を使える舞台なので、合っている」
ルージュスティリア

最終追い切り
栗東・CW・良(岡田祥)
5F 70.2-53.7-38.0-11.6(引張りきり)
ヴィアルークス(馬なり)の内0.8秒追走・0.1秒先着

藤原調教師
「いいね。思い通りに来ている。前走(中京記念3着)はつまずいたから、それがなければもっとやれていた。広いコースはいいし、1800メートルでもうまく乗ってくれると思う」

2023年・府中牝馬ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 府中牝馬ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・府中牝馬ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は秋華賞でソレイユヴィータに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/15・6/16)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
菊花賞は2024年10月20日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2024年で第85回を迎え、昨年はドゥレッツァが優勝した。菊花賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞秋は2024年10月27日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2024年で第170回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。