【皐月賞2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

皐月賞2020 追い切り

皐月賞2020の追い切り・コメントの記事です。皐月賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年4月19日(日) | 3回中山8日 | 15:40 発走
第80回 皐月賞(GI)芝・右 2000m
Satsuki Sho(Japanese 2000 Guineas) (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・皐月賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
皐月賞は2020年4月19日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2020年で第80回を迎え、昨年はサートゥルナーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも中山グランドジャンプなどが開催される。
中山グランドジャンプは2020年4月18日に中山競馬場で行われる春の障害ビッグレース。中山グランドジャンプは2020年で第22回を迎え、昨年はオジュウチョウサンが勝利し四連覇を達成した。中山GJの出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。
アンタレスステークス2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のアンタレスステークスの出走予定馬にはアナザートゥルースやベストタッチダウンなどが名を連ねています。暗いニュースが飛び交う今日この頃。光り輝くアンタレスに平和の願いを。
スポンサーリンク

皐月賞2020の追い切りをチェック!

皐月賞2020 追い切り

皐月賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
中山グランドジャンプ2020の追い切り・コメントの記事です。中山グランドジャンプの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アメリカンシード

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.2-38.9-25.3-12.7(一杯)
外・ライデンバローズ(馬也)と併せで併入

藤岡調教師
「併せたライデンバローズの方が手応えが良かったが、この馬も決して悪い動きではなかった。レースで気の悪いところが出ているが力を出し切れれば、そんなに遜色はない」

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 81.8-64.6-50.5-36.7-12.4(強め)
外・ベニトアイト(一杯)を6Fで0秒8追走・1F併せでクビ差先着

藤岡調教師
「気持ちのスイッチが入りすぎないようにして、いい追い切りでした。競馬は上手なタイプで中山は合うと思う」
ウインカーネリアン

1週前追い切り
美浦・南W・良
4F 55.8-40.1-12.6(馬也)

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.3-54.5-40.3-12.7(馬也)
外・シャドウセッション(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入

鹿戸調教師
「前走後も順調にきています。今回はメンバーが強いけど、体調がいいのでそこに期待ですね」
ガロアクリーク

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 66.7-51.3-38.0-11.8(馬也)

上原調教師
「しまいビュンと来たし一番いい状態で挑める。中山コースは経験も豊富」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.9-52.8-39.1-12.2(馬也)
外・ウインガナドル(強め)を5Fで0秒4追走・1F併せで0秒2先着

ヒューイットソン騎手
「グレイトコンディション。毎週乗るごとに、特にメンタルが良くなっている。テンにゆっくり行っても折り合っていたところに成長を感じた。今なら2000メートルもこなせる。素晴らしいメンバーの中でガロアと戦えることを光栄に思う。その中で勝てるものを持っている」
キメラヴェリテ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.2-39.1-25.0-12.3(馬也)

中竹調教師
「前走を使った後も問題なし。何が何でもハナへ。行けば可能性はあるが行かないとないから」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.2-38.9-25.2-12.4(一杯)

中竹調教師
「一杯に追って、最後までしっかりと力強い動きでした。とにかくハナへ。自分の競馬をしてどこまで頑張れるか」
クリスタルブラック

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 65.8-51.0-37.6-12.5(強め)

高橋文調教師
「まだ反応や気持ちの乗りがもうひとつだが、あと1本で整いそう。体なんかは成熟しているとは言えないけど、前走時(京成杯=1着)より骨格などはしっかりしてきた。コンディションは心配ない。(課題のスタートについても)ゲート練習は積んでいる。GIで流れが違うかもしれないが、馬自身のレベルアップでレースの流れに乗れていいはず」

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 55.6-39.2-25.3-12.4(馬也)
外・トラストロン(強め)と併せで0秒2先着

吉田豊騎手
「動きはいいですね。先週しっかりやっているので、予定どおり。あとはテンション。前半に力ませず運べば、最後の脚が生きる」
コルテジア

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.5-67.8-52.5-38.5-11.8(一杯)
外・テイエムクロムシャ(一杯)を6Fで0秒9追走・1F併せでクビ差先着

鈴木孝調教師
「追走して先着。しまいの反応が良くなってきた。操縦性の良さが武器」

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 86.2-70.3-55.0-40.1-12.2(一杯)
内・ブラックカード(一杯)を6Fで0秒8追走・3F併せで0秒1先着
外・ナムラタイガー(一杯)を6Fで0秒8追走・3F併せで0秒8先着

鈴木孝調教師
「予定通りですね。距離は延ばしていいと思うし、体もメリハリがあっていいと思う」
コントレイル

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.7-64.8-50.7-37.5-12.2(馬也)
中・ジンゴイスト(一杯)を6Fで0秒3追走・1F併せで0秒3先着
外・ホウオウライジン(一杯)を6Fで0秒6追走・1F併せで0秒2先着

福永騎手
「しっかりとした時計が出て負荷もかけられた。(折り合いについては)少し行きたがったが馬の後ろで我慢できた。競馬にいけば大丈夫じゃないかな」

金羅助手
「攻め馬をやるごとに、しっかりとしてきています。非力な面が解消してきています」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.9-38.1-24.8-12.4(馬也)

矢作調教師
「指示どおり、想定どおりの内容。折り合いは問題なく、反応も良かった。少し馬場は重かったが、ひと際光る動きをしてくれた。先週からレースが近いことを察知して気合も入ってきた。できる限り負けないでいきたい。こんな世の中なので、少しでも明るい話題を」
サトノフラッグ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 63.8-49.0-36.2-11.9(強め)
中・タンタフエルサ(強め)を5Fで1秒3追走・1F併せで0秒4先着
外・オウケンスターダム(強め)を5Fで1秒9追走・1F併せで0秒4先着

国枝調教師
「走りが凄くいい。前走と比べても迫力があって元気いっぱい。これといった不安はない馬だから。あとは無事に皐月賞の週も競馬を開催できれば」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 66.0-50.8-37.2-12.2(馬也)
外・サトノラディウス(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入

国枝調教師
「先週それなりにやったので、しまいの手応えを確認する感じでサラッとやりましたけど、順調です。フットワークも馬の落ち着きも、望んでいたような感じです。準備としては、100に近いところにきている」
サリオス

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 66.1-51.2-37.7-11.6(直一杯)
外・フォルコメン(馬也)を5Fで1秒1追走・1F併せで0秒3先着

森助手
「先週までと比べて一段階負荷を強め、直線はシャープに伸ばした。抜け出して気を抜く面を出さないかの確認もしたが、そういった面も見せず、1週前としてはいい仕上がり」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.2-53.9-40.1-12.8(馬也)
中・ストロングレヴィン(馬也)を5Fで0秒4追走・4F併せで併入
外・カフェキング(馬也)を5Fで0秒6追走・4F併せで併入

上原助手
「幾分、朝日杯の前と比べると、のんびりしたところがあったので、気持ちのスイッチを入れたかった。狙いどおり、直線の反応は良かったですし、いい追い切りができたと思います。息の入りや心肺機能は常にモニタリングしているが、いい状態で競馬へ迎えます」
ダーリントンホール

1週前追い切り
美浦・南W・良
6F 84.7-68.5-53.5-39.2-12.0(馬也)
内・ネイザンロード(一杯)に6Fで0秒8先行・1F併せで併入

木村調教師
「共同通信杯は決してフロックではないと思う。馬の状態も上がっている」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.0-53.5-39.0-11.9(強め)
内・ペレ(強め)に5Fで0秒4先行・1F併せで0秒4先着
外・エクレランフィーユ(一杯)を5Fで0秒6追走・1F併せで0秒6先着

木村調教師
「しっかりハードワークをしたいのと、混み合った状況の中でも我慢してコントロールが利くように、それから最後までサボることなく走り抜くこと、この3点でしたが、うまくいったと思います」
テンピン

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 78.9-63.5-49.6-36.5-12.0(一杯)
外・メートルムナール(一杯)を6Fで0秒6追走・1F併せで0秒4先着

安田隆調教師
「挫石で延びたが、その後は順調。あとはこのメンバーでどうか」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.9-38.8-25.5-12.8(G強め)

安田隆調教師
「先週ビッシリやったので、今週は気持ち程度。この馬なりにいい状態です。速い脚がないので、土砂降りになってほしい。金曜、土曜と雨予報ですが、日曜までずれ込んでほしいです」
ディープボンド

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.7-38.0-24.6-12.5(一杯)

大久保調教師
「いい追い切りだった。間隔は詰まっているけど、休み明けを使ったことで動きが良くなってきた」
ビターエンダー

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 65.9-50.9-37.8-12.5(一杯)
外・プレシャスブルー(一杯)を5Fで0秒2追走・1F併せで併入

相沢調教師
「1週前としてはちょうどいい。馬がしっかりしてきた」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.0-53.4-40.0-12.2(G強め)
内・プレシャスブルー(強め)に5Fで1秒8先行・1F併せで0秒2先着

相沢調教師
「しまい重点。併せた馬が後ろから来てからもうひと伸びした。すごくよくなっているし動きもすごくいい。しっかりしてきた」
ブラックホール

1週前追い切り
美浦・坂路・良
800m 50.5-37.1-24.6-12.6(一杯)
外・アストロブレイク(馬也)と併せで併入

相沢調教師
「やれば動く馬。状態はいい。来週もしっかりやる予定」

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 54.1-39.4-25.5-12.4(G一杯)
外・アストロブレイク(馬也)と併せで併入

相沢調教師
「先週しっかりやっているんで、しまい重点で動きは良かった。めげないでよく耐えた。大体疲れてくるんだけど、タフな馬です。(前走の)弥生賞(4着)より状態はさらにいいと思う」
マイラプソディ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.4-65.4-50.8-37.0-12.0(馬也)
中・サヴォワールエメ(馬也)を6Fで0秒6追走・1F併せで併入
外・レッドアネモス(仕掛)を6Fで1秒追走・1F併せで0秒1遅れ

武豊騎手
「いい動きだった。前走の敗因が分からないが走り切っての着順ではないからね。本領を発揮できれば」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.4-39.6-25.6-12.9(一杯)
外・フライライクバード(馬也)と併せで併入

友道調教師
「今週は反応をチェックするため2ハロンほど追った。反応は良かったし、先週に比べて体がシャープになったと思う。エンジンのかかりが少し遅いところはあるけれど、エンジンがかかれば、すごい爆発力をだしてくれる」
ラインベック

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.4-67.3-53.1-38.8-12.2(一杯)
内・ジュンライトボルト(一杯)に6Fで0秒5先行・1F併せで0秒2遅れ

友道調教師
「競馬と一緒で、バテたかなと思ったが、よく踏ん張った。チークピーシズをつけてみたが、競馬でも着用するかも」

最終追い切り
栗東・芝・稍重
5F 64.6-50.0-36.7-12.1(強め)
内・メラーキ(一杯)に5Fで0秒3先行・4F併せで0秒6先着
外・デゼル(馬也)を5Fで0秒3追走・4F併せで併入

友道調教師
「体力はあるしバテないのが強み。ゲートも速くて先行力もある。逃げてどこまで粘り込めるか」
レクセランス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.7-66.8-52.1-38.2-12.1(強め)
内・サラキア(仕掛)に6Fで0秒6先行・3F併せで併入
外・グッドヘルスバイオ(馬也)を6Fで0秒6追走・3F併せで2秒4先着

北村友騎手
「(初めて騎乗して)思っていたよりも素軽かったし反応も良かった。トモが弱く、体を使い切れていない分、右に行くのかな…と思うが競馬に行っていいタイプなのかもしれない」

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 81.7-66.7-52.4-39.0-12.4(G強め)
外・マイエンフェルト(仕掛)を6Fで0秒8追走・1F併せで0秒1先着

北村友騎手
「動きが素軽い馬。無駄のない動きだった。内に馬がいなくても(課題とされた)もたれる面もなかった。手前も上手に替えて思ったより器用な感じ」
ヴェルトライゼンデ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.7-67.0-52.4-37.8-11.9(一杯)
外・バイマイサイド(一杯)を6Fで1秒追走・1F併せで0秒1先着

池添騎手
「抜け出してから、だいぶソラを使っていた(気を抜いた)のでゴール後も気合をつけた。これで変わってくると思う。(前走の)1800メートルは少し忙しかった。2000メートルになるのはいい」

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 84.4-68.0-53.3-39.4-12.0(一杯)
外・バイマイサイド(一杯)を6Fで0秒6追走・1F併せでクビ差先着

池江調教師
「上積みがありそうです。普段も素軽くなって、気持ちも入ってきましたね。ある程度の渋った馬場ならこなせると思います。良馬場で切れる馬が多いから渋った方がいいのかも」
関連記事
武豊騎手はマイラプソディに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/6・6/7)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
天皇賞春は2020年5月3日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2020年で第161回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はフィエールマンが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。
NHKマイルカップは2020年5月10日に東京競馬場で行われる3歳マイル王を決める一戦。NHKマイルカップは今年で第25回目を迎え、昨年はアドマイヤマーズが制した。NHKマイルカップの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。