【皐月賞2023】追い切り/調教を見てわかる事

皐月賞2023 追い切り

皐月賞2023の追い切り・コメントの記事です。皐月賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2023年4月16日(日) | 3回中山8日 | 15:40 発走
第83回 皐月賞(GI)芝・右 2000m
Satsuki Sho(Japanese 2000 Guineas) (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・皐月賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
皐月賞は2024年4月14日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2024年で第84回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもアーリントンカップなどが開催される。
アーリントンカップ2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。アーリントンCは2023年4月15日に阪神競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第32回を迎え、昨年はダノンスコーピオンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
中山グランドジャンプは2024年4月13日に中山競馬場で行われる春の障害ビッグレース。中山GJは2024年で第26回を迎え、昨年はイロゴトシが制した。中山グランドジャンプの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

皐月賞2023の追い切りをチェック!

皐月賞2023 追い切り

皐月賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
アーリントンカップ2023の追い切り・コメントの記事です。アーリントンCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アンタレスステークス2023の追い切り・コメントの記事です。アンタレスSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
ウインオーディン

1週前追い切り
美浦・南W・良(三浦)
6F 83.6-67.3-51.7-37.4-11.6(馬なり)
スクルトゥーラ(馬なり)の内1.0秒追走・0.1秒先着

鹿戸調教師
「余裕がある動きで前走より全然いい。口向きの悪さや気性面は少しずつ改善してきている」

最終追い切り
美浦・南W・良(三浦)
6F 81.6-65.7-51.3-37.7-11.9(馬なり)
ライツオブキングス(馬なり)の外0.8秒先行・0.1秒先着

鹿戸調教師
「余裕のある動き。前走はスタートが良くなかったが、しまいはいい脚だった。体調はいいのでどこまで」
3枠6番について
水出助手
「いいところですね。偶数枠ですしね。ゲートは速くないので、内枠なのはいい。道悪は悪くなさそうな気がしますけど、馬場がどこまで悪くなるかですね」
グラニット

1週前追い切り
美浦・坂路・良(嶋田)
800m 54.8-39.9-25.5-12.4(馬なり)
ラブパイロー(馬なり)を0.3秒追走・同入

嶋田騎手
「無理せず、せかさずの指示。放牧に出した分、落ち着いていた。ためて切れるタイプではないので、積極的にこの馬の競馬をしたい」

最終追い切り
美浦・南W・良(嶋田)
5F 68.2-53.4-38.9-12.0(馬なり)
オメガオリーブ(末強め)の内0.3秒追走・0.1秒先着

大和田調教師
「前走後は短期でも放牧に出したことで、いい意味でガスも抜けた。ピークともいえる出来。やることは一つ。行ければ行きたい。自分から行くタイプではないので、促しながら積極的に運びたい」
7枠13番について
大和田調教師
「理想は偶数で内枠が欲しかったけどスタートもいいし二の脚も速いので枠は特に意識せず、やることはひとつなのでね。きょうは引き運動をやって変わらずいつも通りの雰囲気でした」
グリューネグリーン

1週前追い切り
美浦・南W・良(石川裕)
5F 67.6-52.7-37.9-11.2(強め)
プレシャスブルー(直強め)の内0.2秒追走・0.6秒先着

相沢調教師
「馬がしっかりしてきて動きは良かった。体調が上がっているし来週もビシビシやるつもり。積極的な競馬をしたい」

最終追い切り
美浦・南W・良(石川裕)
5F 66.6-51.8-37.7-11.5(G前仕掛け)
テラフォーミング(一杯)の外0.2秒追走・0.4秒先着

石川騎手
「抜け出してからの反応が良かった。2週続けて乗りましたが、レースに向けて状態が上がっているのを感じます」

相沢調教師
「体もすっきりした感じ。まだ緩い中でも動けるようになっている。馬は仕上がりましたね。中山は多分いいと思う。納得のいく競馬をしてほしい」

2枠3番について
相沢調教師
「偶数の方がよかった。それは仕方がない。出遅れた時に内枠だと後手を踏むから、うまくゲートを出してくれれば」
シャザーン

1週前追い切り
栗東・CW・良(岩田望)
7F 99.1-67.2-52.2-36.8-11.5(一杯)
レッドラディエンス(一杯)の外0.7秒先行・同入

友道調教師
「3頭併せでしっかり。相変わらず(ちょこちょこ)手前を替えていたがレースでマイナスにはなっていない。輸送は経験しているし問題ない」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.0-37.9-24.5-12.1(馬なり)

友道調教師
「しまいを伸ばす感じでサラッとやりました。動きは良かったと思います。気持ちの面でもテンションが上がっていないし、体も減っていないです。ここでも相手なりには走ってくれると思います」
6枠11番について
大江助手
「ゲートを出れば、うまく流れに乗っていけそう。一発あると思いますよ」
ショウナンバシット

1週前追い切り
栗東・CW・良(M.デムーロ)
5F 67.3-51.9-36.9-11.4(馬なり)
フリームファクシ(馬なり)の内0.5秒先行・同入

須貝調教師
「普段から乗り込んでいるので、そこまで負荷をかけず、予定通り」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.8-37.8-24.5-12.3(強め)
サトノラピス(末強め)を0.5秒追走・クビ先着

須貝調教師
「前走は苦しいポジションからよく伸びた。まだ緩い面はあるが、使いながら競馬を覚えて、1走ごとに良くなっているね」
2枠4番について
北村助手
「(僚馬のフリームファクシと)隣同士で良かった。極端に大外じゃなくて良かった」
ソールオリエンス

1週前追い切り
美浦・南W・良(横山武)
6F 80.8-64.9-50.3-36.2-11.1(直一杯)
ヴァーンフリート(一杯)の内0.2秒追走・0.6秒先着

横山武騎手
「1週前としては、動きはよかった。(前走から)大きく変わった部分は、あまりないのかなと思います。もともと完成するまで時間がかかるタイプと思っていますし、トモ(後肢)が甘いので、完成するのは秋以降と思います」

最終追い切り
美浦・南W・良(横山武)
6F 83.8-68.1-53.0-37.3-11.2(馬なり)
ヴァーンフリート(馬なり)の内1.0秒追走・0.1秒先着

横山武騎手
「今週は確認程度でさらっと。並んで併入の指示でしたが、直線は抑えられないくらい元気良く走ってくれていました。先週にしっかりやったことで、さらにもう一段階ピリッとして状態も上向いたかと思います」

手塚調教師
「先週よりも状態はさらにアップしているのではないかと思う。持てるポテンシャルを発揮できる状態と思っている」
「私が手掛けてきた数多くの有力馬たちと比べても、現時点の能力は遜色ない。前走のように(外に)膨らむことはないだろうし、馬場がある程度重くなってもこなせる。過去2戦とも少頭数だったが、精神的に強いのでカバーしてくれるはず。スピードがあり速いペースでも問題ない」

1枠1番について
平塚助手
「真ん中あたりが良かったけど、枠なりの競馬をするだけです。あとはジョッキーに任せます」
タスティエーラ

1週前追い切り
美浦・南W・良(松山)
5F 68.8-53.0-38.2-12.2(馬なり)
サクラソーレ(馬なり)の外0.5秒先行・0.4秒先着

松山騎手
「先週まで速い時計が出ているので、今日はそこまで負荷を掛けるような調教ではなかったけど終始、余裕のあるような形でした。気持ちの面でも気になるところはなかったです」

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 81.5-66.2-50.8-36.7-11.5(馬なり)
ヴァリドゥス(一杯)の外0.6秒先行・0.4秒先着

堀調教師
「在厩での続戦だったので疲れをとってから調整。この時期の若馬なのでフィジカルよりメンタルの課題に取り組んできて、先週までの調教を受けてブリンカーを試しました。動きの方はブリンカーが効きすぎて力んで走っている印象で、しまいまで引っ張り切りの形。力んでいたぶん(追い切り)直後の息は荒かったのですが、その後の息の入りは良かった。レースでの馬具については、クロスノーズバンドとリングビットは決まっていて、それ以外はジョッキー(松山騎手)と相談して決めたい」
7枠14番について
堀調教師
「決められた枠でジョッキーと相談していきたいと思います。ここまで順調に調整できているので、この馬の能力を出して、良い競馬ができれば」
タッチウッド

1週前追い切り
栗東・CW・良(武豊)
7F 97.2-65.4-51.0-36.3-11.6(一杯)
アリクテラー(一杯)の内1.6秒追走・1.0秒先着

武豊騎手
「前進気勢が旺盛なので自然と時計が出ますね。能力が高いのは分かっているけど難しい面もある。中山でフルゲート18頭になると決して楽ではない」

最終追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 53.6-39.0-25.2-12.5(馬なり)

武幸調教師
「順調に来て、今朝の追い切りもうまくいった。(前走は)寒い時季でもあり、前週の大雪で坂路しか乗れず調整が難しかった。暖かくなって代謝が良くなると思っていたし、状態は前走より上がっている」

南井助手
「かなりゲートの駐立練習をしてきたから、スタンド前からの発走でも大丈夫だと思います。前進気勢がすごく強いので、前半をうまくなだめて運べれば」

8枠16番について
南井助手
「枠がどうというより、スタートを決められるか。ゲート練習はみっちりとやってきました。追い切った後もいい意味で落ち着いています」
ダノンタッチダウン

1週前追い切り
栗東・CW・良(川田)
7F 99.7-68.4-53.9-38.3-11.7(G前仕掛け)
ジュビリーヘッド(馬なり)の内0.3秒追走・同入

安田隆調教師
「まだ緩いですね。(川田)ジョッキーもこれでよく走っているな、と言っている。来週に向けて1、2段階良くなってくれれば」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.8-39.7-25.1-12.0(馬なり)

安田隆調教師
「しまい12秒0で動きは良かったし、まだ余裕もあった。乗り手はまだ緩いというが、去年よりは良くなっている」
「しまい重点で無理はしなかった。前走より良くなっている。追い込み脚質だから、直線が短い中山がどうかというところはあるが、距離の融通性は利く」
6枠12番について
安田隆調教師
「道悪になりそうだし、枠は真ん中より外が良かった。折り合いはつくし、距離はこなせるんじゃないかな」
トップナイフ

1週前追い切り
栗東・CW・良(横山典)
6F 83.6-68.1-53.0-37.7-11.3(強め)
サードフォース(馬なり)の内0.6秒追走・0.2秒先着

昆助手
「典さん(横山典)の感覚に任せて感触は良さそうでした。前走は少しピリピリしていた部分があったが今回はリラックスしている。集中力が高まっていますね」

最終追い切り
栗東・CW・良(横山典)
6F 86.6-72.0-57.0-41.2-13.1(馬なり)

昆調教師
「ノリさん(横山典騎手)と課題を消しながらやってきた。(追い切りが軽かったのは)ノリさんがあまりやりたくなかったから。あとは気持ちのコントロールだけ。ノリさんは全てパーフェクトと言っていた」
4枠8番について
金浜助手
「逃げる馬がいますが、どんな競馬でもできますからね。あとは典さん(横山典)に任せるだけです。順調にきていますよ」
ファントムシーフ

1週前追い切り
栗東・CW・良(ルメール)
6F 80.3-65.1-50.8-36.2-11.5(稍一杯)
フルヴォート(直強め)の外0.6秒追走・0.5秒遅れ

ルメール騎手
「少し体が重たかったけどフットワーク、乗り味は良かった。来週で一段とコンディションは良くなる。G1でも大きなチャンスがある」

最終追い切り
栗東・CW・良(ルメール)
6F 83.6-67.4-52.1-36.6-11.2(馬なり)
シルヴァーデューク(馬なり)の内0.4秒追走・クビ先着

ルメール騎手
「2頭で(併せて)すごくいい。自分から動いてくれて、最後すごくいい脚を使ってくれた。馬の状態はベストになった。G3を勝ったけど、G1レベルのホース。とても楽しみ」
4枠7番について
梛木助手
「縁起がいいですね。内外を見ながら動かしやすそうな枠ですし、印象はすごくいいですよ」
フリームファクシ

1週前追い切り
栗東・CW・良(酒井学)
5F 66.8-51.6-36.7-11.4(馬なり)
ショウナンバシット(馬なり)の外0.5秒追走・同入

須貝調教師
「調教で折り合いがつくようになっている。これがレースにつながれば」

最終追い切り
栗東・坂路・良(酒井学)
800m 54.0-38.5-24.3-11.9(末強め)
ソダシ(馬なり)を1.0秒追走・クビ先着

須貝調教師
「当週だし、息を入れる程度。時計を気にせず、オーバーワークにならないように。精神面もしっかりしてきた」
「調教でも折り合いがつくようになった。スピードの絶対値が違うのでレースでは行きたがるけど、そのあたりはジョッキー(レーン)も分かってくれていると思う」
3枠5番について
北村助手
「先入れの奇数だけど特には気にしていない。隣(2枠4番)がウチ(同厩)のショウナンバシットなので安心感があるんじゃないでしょうか」
ベラジオオペラ

1週前追い切り
栗東・CW・良(田辺)
6F 82.8-68.3-53.7-38.2-11.6(馬なり)
モズリッキー(末強め)の内0.9秒追走・0.1秒先着

田辺騎手
「(自分の)感覚でやってほしいとのこと。乗りやすくて反応も良く、落ち着きがありました」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.3-68.9-53.7-38.8-11.8(馬なり)
マコトヴェリーキー(馬なり)の内0.7秒追走・アタマ遅れ

上村調教師
「操作性が良くセンスが抜群にいい馬。これまでとは違って今回は放牧を挟まずに在厩のまま調整してきたけど、いい状態でレースへ臨めそう」
「先週しっかりやっているので息を整える程度で、ラストは余裕のある11秒8。イメージ通りに1週前、当週ときている。一番の長所はレースセンスの良さ」
7枠15番について
上村調教師
「いいところなんじゃないですか。内が荒れているし、先行勢を見ながらいい位置につけられる枠ですね。土曜は雨の予報も出ているし、外が伸びる馬場になることもある。内(7枠13番)にグラニットがいるものいいですね」
ホウオウビスケッツ

1週前追い切り
美浦・南W・良(横山和)
5F 66.0-50.8-36.9-10.9(直強め)

奥村武調教師
「馬場が軽いので、時計は取り立てて特筆すべきものではない。中3週続きになるので慎重に判断したが、前走の疲れは抜けた感じ。全体的に悪くない」

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.9-51.7-37.1-11.8(馬なり)

奥村武調教師
「先週思ったより速い時計が出たので、速くなりすぎないようにやりました。先週は馬場が軽く、直線が追い風だったので、追い込んで出した時計だとは思っていません。前走は勝つことはできなかったけど、想像以上のレースをしてくれましたし、ゲートもデビュー2戦の飛び出す感じではなく、安心して見られる出方をしていました。まだまだこれからの馬、と思いつつ、内心期待しちゃうところがあります。いい状態で臨めるので、出る以上はチャンスがあると思っています」
5枠9番について
杉木助手
「今回はゲートが先入れなので、奇数でも変わらないです。極端ではないですし、立ち回りやすく、いい枠でしょう」
マイネルラウレア

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.7-37.8-24.2-12.0(強め)
アナザーエース(馬なり)を0.7秒追走・0.2秒先着

宮調教師
「ある程度やって動きは良かった。脚元の心配はないし、来週は軽めでいい。エンジンがかかってからの末脚は素晴らしい」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.3-38.4-24.6-12.2(馬なり)
アナザーエース(一杯)を0.5秒追走・0.1秒先着

宮調教師
「前の馬を追いかける時の姿勢が良かったです。思った通りの時計。馬が苦しがっていることもないし、順調に来ています」
8枠18番について
増井雅助手
「内に越したことはないけど、後ろから行く馬なので大外でも問題ない。仕上がりはいい。自分の形でどこまでやれるか」
メタルスピード

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 81.4-65.4-51.1-37.0-11.5(直強め)
ホウオウノーサイド(直強め)の外0.4秒先行・同入

斎藤誠調教師
「デビュー当初はバランスが悪かったけど改善されてきました。前走後、状態も上がっている。このメンバーに入って、どこまでやれるか楽しみですね」

最終追い切り
美浦・南W・良(津村)
6F 82.3-66.2-51.5-37.1-11.2(馬なり)
フルデプスリーダー(馬なり)の内1.1秒追走・0.1秒先着

津村騎手
「オープン馬2頭相手に一番手応えが楽でした。距離が延びても大丈夫そう。混戦ムードだし、一発狙っていきたいですね」
8枠17番について
相田助手
「思ったよりは外になったけれど、もともと枠は気にしていなかった。乗りやすい馬なので大丈夫でしょう。馬も良くなっていてジョッキー(津村)が好感触をつかんでくれているのは何より」
ラスハンメル

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 81.2-66.1-52.0-37.0-11.5(叩き一杯)
トランキリテ(一杯)の内0.8秒追走・0.1秒遅れ

松永幹調教師
「いい併せ馬ができたし動きも良かった。前走のようなスローにはならないと思うが今回もある程度、前で運びたい」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 97.3-66.4-52.2-37.5-11.7(一杯)
レッドブラスト(一杯)の内1.0秒追走・0.7秒先着

松永幹調教師
「先週、今週としっかりやった。以前に比べ、反応が良くなってきた。スタートは速くないが、行けたら行きたい」
5枠10番について
松永幹調教師
「外は嫌だと思っていたので、真ん中ぐらいでいいんじゃないですか。(戦法については)ある程度、行く気を見せて先行したいと思います」
ワンダイレクト

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
5F 65.7-50.6-35.9-11.2(一杯)
カリブルヌス(一杯)の外0.3秒先行・アタマ先着

藤岡調教師
「攻め馬は走る。権利を獲れたことで余裕を持って調整ができた。前走は外を回った分で力負けではない。チャンスはある」

最終追い切り
栗東・CW・良(藤岡佑)
5F 66.3-50.9-36.5-11.2(強め)
ジェットモーション(一杯)の内0.8秒追走・0.2秒先着

藤岡調教師
「いっぱいにやっていないけど、いい動き。好調キープというより、さらに上向いている感じ。いい脚を使えるので、あとは折り合い面が鍵になる。このメンバーでも力の差はないと思う」
1枠2番について
藤岡調教師
「凄いね。狙っていた通り。いいポジションで運びたいので内の偶数なら言うことない。状態は前走よりアップしている」

2023年・皐月賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 皐月賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・皐月賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はタッチウッドに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/20・4/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
天皇賞春は2024年4月28日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2024年で第168回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はジャスティンパレスが制した。天皇賞春の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
NHKマイルカップは2024年5月5日に東京競馬場で行われる三歳マイル王を決める一戦。NHKマイルCは2024年で第29回を迎え、昨年はシャンパンカラーが制した。NHKマイルカップの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。