【札幌記念2023】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

札幌記念2023 追い切り

札幌記念2023の追い切り・コメントの記事です。札幌記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年8月20日(日) | 2回札幌4日 | 15:45 発走
第59回 札幌記念(GII)芝・右 2000m
Sapporo Kinen (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・札幌記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
札幌記念は2023年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2023年で第59回を迎え、昨年はジャックドールが制した。札幌記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも北九州記念が開催される。
北九州記念2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。北九州記念は2023年8月20日に小倉競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第58回を迎え、昨年はボンボヤージが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

札幌記念2023の追い切りをチェック!

札幌記念2023 追い切り

札幌記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
北九州記念2023の追い切り・コメントの記事です。北九州記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アフリカンゴールド

1週前追い切り
札幌・ダート・良(助手)
5F 65.7-52.0-38.9-12.3(一杯)

山本助手
「久々だからしっかりやった。もともと動く馬だし、息遣いも問題ない。(札幌は)初めての場所なので戸惑うところも見せているけど、前日よりきょうの方が雰囲気は良かったね」

平田助手
「この年齢ですけど滞在は初めてなので環境の変化に戸惑っていたが、昨日よりも今日の方が落ち着いていた。体はできている。理想はハナなので、展開面がカギ」

最終追い切り
札幌・ダート・良(助手)
6F 81.3-65.8-51.3-38.4-12.5(一杯)

山本助手
「稽古での手応えがいいし、前走より追い切りの動きがいい。この馬の形で良さが生きる競馬ができれば」
「心房細動の影響はない。ここも自分の形を貫くだけ」
イズジョーノキセキ

最終追い切り
札幌・芝・良(岩田康)
5F 67.9-51.9-36.3-11.2(馬なり)

岩田康騎手
「パワフルで、すごい落ち着いてもいました。先週に(調教で)乗った時よりも歩様は柔らかかったし、すごくいい感じ」
「前回は進路取りの失敗。馬は充実している」

土屋助手
「僕が担当するのは今回から。引っ掛かる馬と聞いていたけど、そんなところも見せないし、1回使って良くなっているのかもしれない。前回は57キロを背負って直線でも前が詰まっての5着。今回は斤量が軽くなるし、いいんじゃないかな」

ウインマイティー

1週前追い切り
札幌・ダート・稍重(助手)
6F 80.1-65.6-52.3-39.7-13.2(馬なり)

山本助手
「いつも余裕の手応えで動く。栗東でも2本やってきたし、もう強い負荷をかけることもない。状態を維持していければいい」

最終追い切り
札幌・ダート・良(助手)
5F 68.3-52.1-38.8-12.5(馬なり)

山本助手
「前走はよく頑張った。有馬記念で強豪を相手に6着に来ているし、その経験が生きていると思う。滞在でせわしくない環境も合う。いい感じだよ」
ウインマリリン

1週前追い切り
札幌・芝・良(松岡)
5F 61.6-48.5-35.2-11.7(強め)
イッツオンリーユー(馬なり)の外0.8秒追走・0.1秒遅れ

松岡騎手
「だいぶバランスが良くなって体を起こして走れるようになってきた。休み明けの立ち上げとしては背中の緩さがあった昨年の大阪杯のときよりはいいですね」

最終追い切り
札幌・ダート・良(松岡)
5F 71.6-56.4-40.5-11.9(G前仕掛け)

松岡騎手
「緩急をつけつつ、最後は流す感じです。だいぶ良くなっています。(馬体の)幅とか張りはもうひとつだけど、競馬の負荷は競馬じゃないとかけられない。その下地はできつつある」
ジャックドール

1週前追い切り
函館・ウッド・良(助手)
5F 65.9-52.1-38.4-12.3(強め)
テーオーヴァイナー(一杯)の内1.2秒追走・1.0秒先着

藤岡調教師
「暑いけれど元気いっぱい。調子は昨年の同時期よりもいい。今年はまた違った形で強いメンバーがそろっているが、その中でどういった競馬ができるか」

仲田助手
「1週前なのでしっかりやろうと思っていました。時計もプラン通り。いつも調教はよく動いてくれますが、好調時と変わらずいい雰囲気です。(僚馬に)取り付く時の脚がすごく良かったですね」

最終追い切り
函館・芝・重(武豊)
5F 68.9-53.3-39.6-12.1(馬なり)

武豊騎手
「動きはすごくいい。さすがだなと思った。一流馬の動きですよ。安田記念(5着)は馬が仕上がりすぎていたかな。今日はいい感じ。あの子のいいリズムで走らせたいですね」

仲田助手
「変わりなく順調。函館の空気が合うのか落ち着きがある」

シャフリヤール

1週前追い切り
函館・芝・良(横山武)
5F 64.1-48.9-36.2-11.5(強め)
テンプロファイター(強め)の内1.3秒追走・0.4秒先着

横山武騎手
「いい馬ですけどもう一段、(フォームが)沈んだところで走れそう。まだ完全に把握し切れていないけど、また来週乗って変化を確認できれば。厩舎サイドと話をすり合わせながら、いい雰囲気に持っていけたら」

藤原助手
「今のところ順調。入厩したときは体に余裕があったけど、ちょうどフレッシュな感じ。洋芝も、小回りコースも大丈夫そう」

最終追い切り
函館・芝・重(横山武)
5F 65.9-50.3-37.1-11.8(一杯)
トウカイカグラ(強め)の内0.9秒追走・0.3秒先着

横山武騎手
「今日は早めに抜け出さないようにと、ムチを入れての反応がテーマでした。先週よりも反応が良かったですし、いい部分が見られた。でも本来ならもう一段階、動けると思う。それが(実戦で)出せれば」

藤原助手
「現状の力は出せる態勢。あとは良馬場でやりたい」

ソーヴァリアント

1週前追い切り
函館・芝・良(荻野琢)
5F 63.5-49.8-35.1-11.4(馬なり)
ラフシー(強め)の外0.2秒追走・0.1秒先着

大竹調教師
「芝のかたまりが飛ぶような緩い馬場でも、気にせず走れていた。時計も出ているし、順調にきています。こっち(函館)に来ていつもよりも気持ちが落ちついている。(前走の大敗については)馬の状態面かな。毛づやは前回と比べて断然、今回の方がいい」

最終追い切り
函館・芝・重(荻野琢)
4F 49.3-36.7-11.6(馬なり)
ラフシー(強め)の内0.8秒追走・0.3秒先着

大竹調教師
「今日は直線に入って、手前をスムーズに替えられた。気持ちも入っていたし、リズム重視で思い通り。ポテンシャルは信じているので、冷静に走ってくれれば」
「ハミを替えたことでいいフォームで走れている。冷静に走れれば」
ダノンベルーガ

1週前追い切り
函館・芝・稍重(助手)
5F 65.5-49.2-35.9-11.4(強め)
ヒシイグアス(強め)の内0.4秒追走・同入

堀調教師
「両前脚のさばきに硬さがあり、ウィークポイントの右トモ(後肢)もケアしながらの調整。まだ乗り込み不足で緩く、1週前も反応が鈍く、しぶい感じでした」

最終追い切り
函館・芝・重(助手)
5F 66.9-51.0-37.4-12.2(馬なり)
サトノバトラー(馬なり)の内0.2秒追走・0.1秒先着

堀調教師
「秋の天皇賞の前にひと叩きできるかどうかを、比較的涼しい函館で見極めてきた。当初は乗り込み不足で息が悪く、硬さなどいろいろあって仕上がりが遅れていたが、さすがオープン馬で、直前のひと追いでグンと良化。ピリッとして整ってきた印象」
トップナイフ

1週前追い切り
札幌・芝・良(古川吉)
6F 74.6-61.1-48.7-35.5-11.7(馬なり)
マテンロウレオ(末強め)の内0.6秒追走・同入

昆調教師
「今日やって、競馬が近いのが分かってきてくるかどうか状態をみて、週末、来週と、どうするか考えていく」

最終追い切り
札幌・芝・良(横山和)
5F 66.6-52.0-37.5-11.5(馬なり)
マテンロウレオ(馬なり)の内0.6秒追走・同入

昆調教師
「ひと踏ん張りする追い切りをしてほしいと指示。馬がそれに応えてほぼ完璧なメニューをこなせた。古馬にチャレンジすることが、秋の3歳同士の戦いに生きれば」
「この先GⅠを勝つ馬とやっていくなら、ここでひと皮むけてほしい」
ヒシイグアス

1週前追い切り
函館・芝・稍重(助手)
5F 65.9-49.6-36.3-11.4(強め)
ダノンベルーガ(強め)の外0.4秒先行・同入

堀調教師
「牧場(ノーザンファームしがらき)で立て直し、ダノンベルーガと一緒に美浦でワンクッションを置き、函館競馬場に移動。昨年の宝塚記念に比べれば順調に仕上がっています」

最終追い切り
函館・芝・重(助手)
5F 67.5-51.1-38.4-12.8(馬なり)
サングラデーション(馬なり)の外0.4秒先行・同入

堀調教師
「少しずつ整ってきた。函館入厩後の健康状態が良く、暑い中でも活気があってフレッシュ。追い切りの乗り手の感触はいまいちだったが、馬場が緩くノメって気にしていたぶんもある。全体的にいい印象を持っている」
プログノーシス

1週前追い切り
栗東・CW・良(調教師)
6F 84.9-69.2-53.3-37.6-11.4(馬なり)

福永助手
「海外遠征の影響は見られず、予定通りに調整を進めることができています」

最終追い切り
函館・芝・重(助手)
5F 65.0-49.9-37.0-12.1(馬なり)
ダノンジャッカル(強め)の内2.0秒追走・同入

清山助手
「少し休み明け感があったので、最後は併せようかという指示。いい動きだった。海外から帰ってきてドッシリした」
マテンロウレオ

1週前追い切り
札幌・芝・良(横山典)
6F 75.2-61.5-49.1-35.9-11.7(G前仕掛け)
トップナイフ(馬なり)の外0.6秒先行・同入

昆調教師
「涼しい北海道で立ち上げて、レースを使った方が馬にはいい。1週前の段階でまだ太いので調整していきたい」

最終追い切り
札幌・芝・良(横山典)
5F 67.2-52.5-37.8-11.5(馬なり)
トップナイフ(馬なり)の外0.6秒先行・同入

昆調教師
「調教ではアピールするほど走らないが、やってほしいことはできている。先週しっかりやったことで体も引き締まってきたね」
「精神的な難しさがなくなり、取りたい位置が取れるようになった」
ヤマニンサルバム

1週前追い切り
札幌・ダート・良(助手)
3F 44.2-13.3(馬なり)

中村調教師
「スピード勝負になると分が悪いので、力の要る洋芝の方がいいかもしれません」

最終追い切り
札幌・芝・稍重(大久保)
6F 83.6-67.6-52.3-37.8-12.0(馬なり)

土屋助手
「太いかと思ったけど、(雨が降った)今日の馬場を考えれば動けている。あとはメンバーが強いから、どれだけやれるか」
ユニコーンライオン

1週前追い切り
函館・ウッド・良(助手)
5F 66.8-50.9-37.1-12.4(G前一杯追)
クワイエットドーン(馬なり)の内1.0秒追走・同入

福岡助手
「前と離れていましたが追いつきました。ある程度しっかりやろうと思っていましたし、息遣いも函館記念(前走)の1週前よりも良かったです。暑さもこたえていませんし、体調を崩すこともないです。体力がありますね」

最終追い切り
函館・ウッド・重(助手)
4F 56.2-40.6-12.5(強め)
スマートヴィーヴル(馬なり)の外・同入

福岡助手
「後ろから併せていく形。終始、手応えが良く、いい動き。思った通りの併せ馬ができました。ゲートセンスの良さが武器だと思います」
「強い同型はいますが、こちらも行くしかないので。ゲートセンスを生かせれば」
ラーグルフ

1週前追い切り
函館・ウッド・良(助手)
5F 69.3-53.9-39.2-13.3(強め)
トウシンマカオ(馬なり)の外0.8秒先行・1.0秒遅れ

玉舎助手
「(追い切りでの遅れについては)調教パートナーを聞いた時から、こうなるのは想定していました。トモ(後肢)の感じは悪くなかった。無理はしていないし、うちの厩舎自体も時計を出す厩舎ではないから。このひと追いで、気持ちがもう少し乗ってきてほしい」

最終追い切り
函館・ウッド・重(助手)
5F 68.6-53.4-38.7-12.7(一杯)
ナランフレグ(馬なり)の外0.4秒先行・0.4秒遅れ

玉舎助手
「思ったより早くナランフレグ(7歳オープン)に離されてしまいましたが、動き自体は先週より良くなっているので悲観はしていない。順調に来ていますよ」
「能力が高い馬なので強い相手にどこまでやれるか楽しみ」

2023年・札幌記念の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 札幌記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・札幌記念の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はジャックドールに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/20・4/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
紫苑ステークスは2023年9月9日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2023年で第8回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
セントウルステークスは2023年9月10日に阪神競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2023年で第37回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はメイケイエールが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。