【札幌記念2022】結果・動画/ジャックドールが接戦を制す

札幌記念2022 ジャックドール

札幌記念2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の札幌記念の着順は1着:ジャックドール、2着:パンサラッサ、3着:ウインマリリンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の札幌記念はジャックドールが接戦を制す

2022年8月21日(日) | 2回札幌4日 | 15:45 発走
第58回 札幌記念(GII)芝・右 2000m
Sapporo Kinen (G2)

スポンサーリンク

2022年・札幌記念の動画

関連記事
昨年の札幌記念はソダシが制していた。
札幌記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の札幌記念の着順は1着:ソダシ、2着:ラヴズオンリーユー、3着:ペルシアンナイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・札幌記念の結果

スポンサーリンク

1着:ジャックドール
2着:パンサラッサ(クビ)
3着:ウインマリリン(1-1/2馬身)
4着:アラタ(クビ)
5着:ソダシ(1-3/4馬身)
6着:グローリーヴェイズ
7着:アンティシペイト
8着:フィオリキアリ
9着:レッドガラン
10着:ハヤヤッコ
11着:ユーバーレーベン
12着:ユニコーンライオン
13着:サトノクロニクル
14着:ケイデンスコール
15着:アイスバブル
16着:マカヒキ

勝ちタイム:2.01.2
優勝騎手:藤岡 佑介
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2022年10月30日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2022年で第166回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。天皇賞秋の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

札幌記念2022 ジャックドール

1着 ジャックドール(藤岡佑介騎手)
「非常に注目を集めていたレースでしたし、秋に向けていい競馬ができて良かったです。パンサラッサが行くことはある程度想定していましたし、ユニコーンライオンの出方次第だと思っていました。ジャックドールが僕が思っていた以上に折り合ってくれた。それが一番の勝因です。一度出た首差を最後まで守って頑張ってくれました。いいメンバーでいいレースで勝てましたし、この馬にはG1という目標があります。十分勝てる素質はあると思うので、一緒に頑張っていきたいですね」

2着 パンサラッサ(吉田豊騎手)
「この馬なりに最後までらしさを出せて、ちょっと出られてからも最後まで食い下がりました。前走もそうですが、(前より)二の脚がなくて、今日も行くまでに苦労しました。タフな馬場は合っている。3、4コーナーでセーフティーリードを取れれば、また違ったと思います」

(矢作芳人調教師)
「どうにもダッシュが悪くなっている。前ほど行かなくなっている。馬がいい子になって荒々しさがなくなっているね。普通ならバテるところなのに踏ん張るから偉い馬だけど」

3着 ウインマリリン(松岡正海騎手)
「馬場が緩かった誤算はあったが、パンサラッサ、ジャックドールに対して、最後まで頑張ってくれました。苦しくなりながらも踏ん張る、この馬の競馬ができたのは、秋に向けて良かったと思います」

4着 アラタ(横山武史騎手)
「前走の敗因は馬場。今回の馬場の方がよかった。ただ、本当はもっといい馬場でやりたいです」

5着 ソダシ(吉田隼人騎手)
「よく頑張りましたが前が強かった。折り合いはついたし、状態も良かった。相手を誉めるしかない。完敗です」

(須貝尚介調教師)
「重量もあるかもしれないが、これで適性ははっきりした。1度放牧へ出して、マイルCSまでに1度たたくかどうかを決めたい」

6着 グローリーヴェイズ(C.ルメール騎手)
「休み明けだったね。3、4コーナーの反応が少し遅かったが、ゴールまでまた踏ん張ってくれた。コンディションはよく感じた。ただ、長い距離がいい」

7着 アンティシペイト(横山和生騎手)
「すごく強いメンバー、この厳しい(大外)枠でよく頑張った。去年より本当に具合がいい」

8着 フィオリキアリ(鮫島克駿騎手)
「牝馬でこの夏にオープンに上がったばかり。自分のやりたい競馬はできました。秋は楽しみ」

9着 レッドガラン(岩田康誠騎手)
「まだバランスの悪いところはありますが、よく走っています。内にもっとグッと入ってほしかったけど、最後までファイトしていました」

10着 ハヤヤッコ(池添謙一騎手)
「前走のダメージが残っていたんじゃないですかね。体のバランスが良くなかった。ずっと内にもたれている感じだった」

11着 ユーバーレーベン(M.デムーロ騎手)
「分からない。休み明けで気持ちがなかった」

12着 ユニコーンライオン(坂井瑠星騎手)
「2番手だったけど、リズムよく運べて、最後まで頑張っています。休み明けを使って、状態も上向いていました」

13着 サトノクロニクル(斎藤新騎手)
「函館記念より馬場がよくて、行きっぷりもよかった。強いメンバー相手に、自分の力はしっかり出してくれたと思います」

14着 ケイデンスコール(古川吉洋騎手)
「もっと硬い馬場の方がいいです」

15着 アイスバブル(水口優也騎手)
「内枠だったので、ポジションを取りに行った。いいポジションで流れに乗れましたが、相手が強かった」

16着 マカヒキ(武豊騎手)
「3コーナーから付いていけなかった。今なら、もう少し距離があった方が良さそう」

勝ち馬プロフィール

札幌記念2022 ジャックドール

ジャックドール(Jack d’Or)牡4/栗毛 藤岡 健一(栗東)
父:モーリス 母:ラヴァリーノ 母父:Unbridled s Song
馬名の由来:人名より+黄金(仏)

関連記事
ジャックドールは2022年の金鯱賞をレコードタイムで制していた
金鯱賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の金鯱賞の着順は1着:ジャックドール、2着:レイパパレ、3着:アカイイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。