【札幌記念2021】結果・動画/ソダシが早め先頭から押し切る

札幌記念2021 ソダシ

札幌記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の札幌記念の着順は1着:ソダシ、2着:ラヴズオンリーユー、3着:ペルシアンナイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

輝く白い馬体にファン歓喜!2021年の札幌記念はソダシが早め先頭から押し切る

2021年8月22日(日) | 2回札幌4日 | 15:45 発走
第57回 札幌記念(GII)芝・右 2000m
Sapporo Kinen (G2)

スポンサーリンク

2021年・札幌記念の動画

関連記事
昨年の札幌記念はノームコアが制していた。
札幌記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の札幌記念の着順は1着:ノームコア、2着:ペルシアンナイト、3着:ラッキーライラックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・札幌記念の結果

スポンサーリンク

1着:ソダシ
2着:ラヴズオンリーユー(3/4馬身)
3着:ペルシアンナイト(アタマ)
4着:マイネルウィルトス(1-3/4馬身)
5着:ブラストワンピース(3/4馬身)
6着:ユーキャンスマイル
7着:アイスバブル
8着:ディアマンミノル
9着:ウインキートス
10着:トーラスジェミニ
11着:サトノセシル
中止:ステイフーリッシュ
中止:バイオスパーク

勝ちタイム:1.59.5
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2021年10月31日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2021年で第164回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

札幌記念2021 ソダシ

1着 ソダシ(吉田隼人騎手)
「1番にホッとしています。折り合いはついていましたし、いつでも動けるというのが手綱から伝わっていました。前半のレースで前に行っても止まらない馬場だというのは分かっていたので、最後は自信を持って追い出しました。春のG1はオークスで悔しい思いをしましたが、復帰戦でソダシらしい競馬をしてくれたと思います」

2着 ラヴズオンリーユー(川田将雅騎手)
「馬の具合はとても良く、競馬を迎えることができました。ただ、レース中に起きたことを僕がうまくいなすことができず、それが最後に響いたことは間違いありません。馬にも、応援してくれた方々にも申し訳なかったです。馬は最後まで精一杯頑張ってくれています」

(矢作芳人調教師)
「勝った馬は強かったが、この馬自身が4コーナーを5番手で回るなど展開のあやもあった。川田騎手はバランスと走りは良くなっていると言っていたので、アメリカに向けて準備していく」

3着 ペルシアンナイト(横山武史騎手)
「ソダシをマークして行ったが、最後は同じ脚になった。まだ、緩い面があったので、次はもっと走れると思う」

4着 マイネルウィルトス(団野大成騎手)
「今日は具合がとても良いと聞いていましたし、返し馬の感触も良かったです。内枠だったので変に外に出さずに、ロスなく立ち回って位置取りも良い所でした。直線まで良い感じでしたが、最後は(上位は)さすがこのクラス、という感じでした。それでもよく頑張っています」

5着 ブラストワンピース(岩藤助手)
「前回より脚を使う時の反応速度が速くなっている。向正面を向かい風でくるのは大変だったと思う。見せ場は作ったし、ポジティブになれる内容だった」

6着 ユーキャンスマイル(藤岡佑介騎手)
「長く脚を使ってくれました。距離は2000mでも大丈夫です。休み明けで強い相手によく頑張って走ってくれました」

7着 アイスバブル(水口優也騎手)
「直線伸びているのですが、前にいた馬たちは強かったです。それでも差なく食らいついてくれました。GIIIやオープンなら良い勝負になるはずですし、良い経験になったと思います」

9着 ウインキートス(丹内祐次騎手)
「いいポジションを取れたけど、4コーナーの手前でついていけませんでした…」

10着 トーラスジェミニ(横山和生騎手)
「この馬の競馬をして勝負にいきましたが、ソダシがきたときのプレッシャーがすごかったですからね。これがいい経験になったと思うし、メンバーが弱くなればまたチャンスはくるはずです」

勝ち馬プロフィール

札幌記念2021 ソダシ

ソダシ(Sodashi)牝3/白毛 須貝 尚介(栗東)
父:クロフネ 母:ブチコ 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:純粋、輝き(サンスクリット)

関連記事
ソダシにとって桜花賞以来の勝利となった
桜花賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の桜花賞の着順は1着:ソダシ、2着:サトノレイナス、3着:ファインルージュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。