【桜花賞2021】結果・動画/ソダシが白毛馬初のクラシック制覇

桜花賞2021 ソダシ

桜花賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の桜花賞の着順は1着:ソダシ、2着:サトノレイナス、3着:ファインルージュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

新たな伝説へ!2021年の桜花賞はソダシが白毛馬初のクラシック制覇

2021年4月11日(日) | 2回阪神6日 | 15:40 発走
第81回 桜花賞(GI)芝・右・外 1600m
Oka Sho(Japanese 1000 Guineas) (G1)

スポンサーリンク

2021年・桜花賞の動画

関連記事
昨年の桜花賞はデアリングタクトが制していた。
桜花賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の桜花賞の着順は1着:デアリングタクト、2着:レシステンシア、3着:スマイルカナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・桜花賞の結果

スポンサーリンク

1着:ソダシ
2着:サトノレイナス(クビ)
3着:ファインルージュ(1/2馬身)
4着:アカイトリノムスメ(クビ)
5着:アールドヴィーヴル(3馬身)
6着:ククナ
7着:ストゥーティ
8着:エンスージアズム
9着:ホウオウイクセル
10着:ミニーアイル
11着:ジネストラ
12着:ストライプ
13着:エリザベスタワー
14着:ブルーバード
15着:ソングライン
16着:シゲルピンクルビー
17着:ヨカヨカ
18着:メイケイエール

勝ちタイム:1.31.1(レコード
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

関連記事
G1・オークスをにぎわす馬は?
オークスは2021年5月23日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2021年で第82回を迎え、昨年はデアリングタクトが制した。オークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

桜花賞2021 ソダシ

1着 ソダシ(吉田隼人騎手)
「最高に気持ちいいです。プレッシャーはありました。話題だけで本当に強いのか?と見られていたので、見返してやろうと思っていましたし、実力をつけて馬が成長してくれていると思います。おりこうさんに競馬ができていて、今後のローテは未定ですが、先は無限大にあると思います。(クラシックは)ジョッキーになって挑戦することはありましたが、これだけの馬で挑めたのは光栄ですし、結果を出せたのは財産になります。これからも期待を裏切らないよう、人馬ともにがんばります」

2着 サトノレイナス(C.ルメール騎手)
「18番は厳しかったかもしれません。とても馬はいい競馬をしてくれました。でも仕方ありません。オークスで巻き返したいですね」

3着 ファインルージュ(福永祐一騎手)
「期待通りの走りでした。勝ち馬とは完成度の違いだと思います。この馬の伸びしろを感じました。その中で強い上位2頭を相手に僅差の競馬をしてくれたことで、将来性に期待を持てる走りでした。今後が本当に楽しみです」

4着 アカイトリノムスメ(横山武史騎手)
「ソダシより前の位置が欲しかったのですが、ポジションはある程度悪くない所につけられましたし、終いも良く伸びて頑張ってくれたと思います」

5着 アールドヴィーヴル(M.デムーロ騎手)
「頑張りました。スタートがとてもよく、良いところで運べました。直線はスムーズに外に出して、前の馬が止まって、一頭で上がっていく形になりましたが、前が止まりませんでした。まだ馬は成長中です。能力はあります。しかし一生懸命走っていたら疲れてしまいます。まだ経験が少ない馬ですからこの後もっと良くなってきそうです」

6着 ククナ(藤岡佑介騎手)
「出たなりで無駄な脚を使わないよう運んで、ラストはしっかり脚を使ってくれました。成長を感じました」

8着 エンスージアズム(岩田望来騎手)
「前走で1800メートルを使っていたぶん(流れが)忙しかったです。それでも追い出してから反応してくれて、最後まで踏ん張ってくれました。これから距離を延ばせば、もっと良さが出ると思います」

9着 ホウオウイクセル(丸田恭介騎手)
「道中の追走からして楽ではありませんでした。速い馬場の経験もなかったので」

10着 ミニーアイル(藤岡康太騎手)
「スタートを上手に出て、折り合いもスムーズでした。向こう正面で寄られた時もリズムを壊さず走れていましたが、最後に差し込んでくるほどの脚は使えませんでした」

11着 ジネストラ(北村宏司騎手)
「落ち着いて出来も良く感じました。ゲートの裏もスムーズで、出るとこもいい感じで、スピードに乗って道中も力まず、リズム良く運べました。それでも直線向くころには手応えが怪しくなりました。勝ち馬と共に動けませんでした。でもリズム良く走れたことは良かったので、これから楽しみです」

12着 ストライプ(田辺裕信騎手)
「時計の速い馬場を心配していましたが、流れが速くて脚を使わされました」

13着 エリザベスタワー(川田将雅騎手)
「3コーナーから左への張りが強く、曲がっていくのに精いっぱいでした。そのぶん早々と苦しくなってしまいました」

14着 ブルーバード(柴田大知騎手)
「よく頑張っているのですが現時点ではこれが精一杯です」

15着 ソングライン(池添謙一騎手)
「外めの枠からでもいいポジションが取れたと思ったところで(メイケイエールに)外から来られました。あれで気持ちが切れてしまった感じで、手応えがなくなりました」

16着 シゲルピンクルビー(和田竜二騎手)
「いいスタートだったけど、内に潜り込めなかったし、時計も速かった」

17着 ヨカヨカ(幸英明騎手)
「3~4コーナーでまくられたのを気にしたのか、そこから手応えが怪しくなりました」

18着 メイケイエール(横山典弘騎手)
「返し馬から気持ちが高ぶっていて、ゲートの中も悪かった。スタートも前回くらい出てくれたらと思っていたけど…」

勝ち馬プロフィール

桜花賞2021 ソダシ

ソダシ(Sodashi)牝3/白毛 須貝 尚介(栗東)
父:クロフネ 母:ブチコ 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:純粋、輝き(サンスクリット)

関連記事
ソダシは前走の阪神ジュベナイルフィリーズも制している。
阪神ジュベナイルフィリーズ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の阪神ジュベナイルフィリーズの着順は1着:ソダシ、2着:サトノレイナス、3着:ユーバーレーベンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。