【エリザベス女王杯2018】出走予定馬・騎手/主演女優賞を勝ち取る

エリザベス女王杯 2017 モズカッチャン

エリザベス女王杯2018の出走予定馬・想定騎手の情報です。18頭が出走登録を済ませています。出走予定馬にはモズカッチャンやノームコアなどが名を連ねています。秋の女王決定戦。主演女優賞を勝ち取るのは?

主演女優賞を勝ち取る

2018年11月11日(日) | 5回京都4日 | 15:40 発走
第43回 エリザベス女王杯(GI)芝・右・外 2200m
Queen Elizabeth II Cup (G1)

エリザベス女王杯・出走予定馬

2018年のエリザベス女王杯に18頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭となっています。

賞金上位馬
  • リスグラシュー(J.モレイラ)56.0kg
  • スマートレイアー(武豊)56.0kg
  • モズカッチャン(M.デムーロ)56.0kg
  • クロコスミア(岩田康誠)56.0kg
  • ミスパンテール(横山典弘)56.0kg
  • カンタービレ(C.デムーロ)54.0kg
  • アドマイヤリード(藤岡康太)56.0kg
  • レッドジェノヴァ(池添謙一)56.0kg
  • キンショーユキヒメ(秋山真一郎)56.0kg
  • エテルナミノル(四位洋文)56.0kg
  • フロンテアクイーン(蛯名正義)56.0kg
  • コルコバード(浜中俊)56.0kg
  • ノームコア(C.ルメール)54.0kg
  • ワンブレスアウェイ(津村明秀)56.0kg
  • ヴァフラーム(川又賢治)56.0kg
  • レイホーロマンス(福永祐一)56.0kg
  • ハッピーユニバンス(松若風馬)56.0kg
  • プリメラアスール(幸英明)56.0kg

出走予定馬・ピックアップ

京都競馬場で行われる芝G1「エリザベス女王杯」。
今年は18頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

モズカッチャン(Mozu Katchan)

エリザベス女王杯 2017 モズカッチャン

モズカッチャン・4歳牝馬
12戦4勝 [4-1-3-4]
父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:冠名+人名愛称
前走:札幌記念・3着(4番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

今年も私が女王「モズカッチャン」

昨年のエリザベス女王杯では5番人気と決して戦前の評価は高くなかったがクビ差差し切りうれしいG1初制覇を果たした。
今年の3戦はいずれも牡馬相手の戦いとなったが札幌記念3着や京都記念も僅差の4着と大きく負けていない。

札幌記念後に府中牝馬ステークスを使う予定だったが軽い熱発で回避したもののその後の調整は順調に進んでいる。
ささいなアクシデントは気にしない。
連覇で女王の座を不動のものに。

ピックアップレース
ノームコア(Normcore)

ノームコア

ノームコア・3歳牝馬
5戦3勝 [3-0-2-0]
父:ハービンジャー
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
馬名の由来:究極の普通
前走:紫苑ステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

鞍上の勢い、とどまることを知らぬ「ノームコア」

紫苑ステークスを制し重賞初制覇を果たしたノームコア。
秋華賞は疲労のため回避したが、エリザベス女王杯を目標に調整が進められてきた。

今回この馬が注目されるのには訳がある。
馬名は「究極の普通」だが、鞍上は究極の確変と言っていいほどの絶好調だからだ。
騎乗するルメール騎手は年間G1最多勝記録を更新する7勝&4週連続G1制覇と爆勝中。
今週もルメールマジック炸裂なるか?

ピックアップレース
リスグラシュー(Lys Gracieux)

【アルテミスステークス 2016】動画・結果/リスグラシューが直線抜け出し重賞初制覇を飾る

リスグラシュー・4歳牝馬
15戦3勝 [3-6-3-3]
父:ハーツクライ
母:リリサイド
母父:American Post
馬名の由来:優美な百合(仏)。母名より連想
前走:府中牝馬ステークス・2着(2番人気)
(鞍上予定:J.モレイラ)

惜敗続きにピリオドを「リスグラシュー」

ここまでG3を2勝しているもののG1タイトルにはあと一歩届いていない悲運の彼女。
今回は前回騎乗停止でコンビを組めなかったモレイラ騎手と初のタッグを組む。

2着はもう飽きた。
すっきり勝って優美に咲き誇れ。

ピックアップレース
レッドジェノヴァ(Red Genova)

ワールドオールスタージョッキーズ・第2戦 2018 レッドジェノヴァ

レッドジェノヴァ・4歳牝馬
14戦5勝 [5-3-2-4]
父:シンボリクリスエス
母:コロンバスサークル
母父:ホワイトマズル
馬名の由来:冠名+イタリアの都市名。母名より連想
前走:京都大賞典・2着(4番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

前走見せた強さは本物か「レッドジェノヴァ」

前走京都で行われた京都大賞典でサトノダイヤモンドに肉薄する2着といい競馬を見せた。
今の充実ぶりなら一気にG1にも手が届きそうだ。

ピックアップレース
スマートレイアー(Smart Layer)

京都大賞典 2017 スマートレイアー

スマートレイアー・8歳牝馬
33戦9勝 [9-5-2-17]
父:ディープインパクト
母:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
馬名の由来:冠名+層
前走:京都大賞典・8着(6番人気)
(鞍上予定:武豊)

彼女を良く知る名手にすべてを託す「スマートレイアー」

今年8歳になった彼女だが牡馬相手に果敢な挑戦を続けてきた。
今回は牝馬限定のG1戦&得意の京都とくれば楽しみは広がる。

鞍上は久々のコンビとなる武豊騎手が跨る。
思い出作りでは終わらせられない。

ピックアップレース
カンタービレ(Cantabile)

ローズステークス 2018 カンタービレ

カンタービレ・3歳牝馬
7戦3勝 [3-2-1-1]
父:ディープインパクト
母:シャンロッサ
母父:Galileo
馬名の由来:歌うように(音楽用語)
前走:秋華賞・3着(3番人気)
(鞍上予定:C.デムーロ)

絶対女王がいないなら「カンタービレ」

重賞2勝を挙げるも、G1ではいずれも三冠牝馬が先頭でゴール番を駆け抜けていた。
今回は憎き女王がいない舞台。
若さを武器に先輩牝馬に立ち向かう。

ピックアップレース
クロコスミア(Crocosmia)

府中牝馬ステークス 2017 クロコスミア

クロコスミア・5歳牝馬
24戦5勝 [5-2-3-14]
父:ステイゴールド
母:デヴェロッペ
母父:ボストンハーバー
馬名の由来:花の名。花言葉は気品ある精神
前走:府中牝馬ステークス・5着(6番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

昨年2着の悔しさをバネに「クロコスミア」

9番人気と低評価だった昨年は勝ち馬にクビ差敗れて2着と悔し涙をのんだ。
うまく番手を取れれば昨年の再現も。

ピックアップレース

他にも今年の阪神牝馬ステークスの勝ち馬「ミスパンテール」や重賞で善戦が続く「フロンテアクイーン」、2017年のヴィクトリアマイルを制した「アドマイヤリード」も出走を予定しています。

エリザベス女王杯は2018年11月11日(日)の15時40分発走予定です。

日程・賞金

エリザベス女王杯 2016 クイーンズリング

エリザベス女王杯

日程・発走予定時刻
2018年11月11日(日)15時40分発走予定

場所・距離
京都競馬場・芝・2200m


G1

1着賞金
1億500万円

プレイバック

2017年11月12日(日)エリザベス女王杯(GI)

1着:モズカッチャン
2着:クロコスミア(クビ)
3着:ミッキークイーン(アタマ)
4着:マキシマムドパリ(1-1/4馬身)
5着:ヴィブロス(3/4馬身)

勝ちタイム:2.14.3
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2017年・エリザベス女王杯

エリザベス女王杯 2017 モズカッチャン

【エリザベス女王杯 2017】動画・結果/モズカッチャンが接戦を制し新女王に輝く

「エリザベス女王杯 2017」の動画・結果です。エリザベス女王杯の結果は1着:モズカッチャン、2着:クロコスミア、3着:ミッキークイーン。「モズカッチャン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年のエリザベス女王杯は18頭での争いとなった。
前評判では春にドバイターフを制し、前走の府中牝馬ステークスでも2着に入ったヴィブロスが1番人気に支持された。

レースは、中団の前で進めた5番人気モズカッチャンが、直線で内から脚を伸ばして、早め先頭から粘る9番人気クロコスミアを捕らえ、これにクビ差をつけ優勝。さらにアタマ差の3着に3番人気ミッキークイーンが入った。

レース後のコメント
1着モズカッチャン(M.デムーロ騎手)
「とても嬉しいです。レース前の感じで状態が良いのは分かっていました。いつも一生懸命走る馬で前回も良く頑張りましたが悔しい負けでした。今日もいい競馬をしてくれて前をいくクロコスミアを交わしてくれて嬉しかったです。今日は秋華賞のリベンジが出来ました」

注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする