【エリザベス女王杯2020】結果・動画/ラッキーライラックが抜け出し連覇達成

エリザベス女王杯2020 ラッキーライラック

エリザベス女王杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のエリザベス女王杯の着順は1着:ラッキーライラック、2着:サラキア、3着:ラヴズオンリーユーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のエリザベス女王杯はラッキーライラックが抜け出し連覇達成

2020年11月15日(日) | 5回阪神4日 | 15:40 発走
第45回 エリザベス女王杯(GI)芝・右 2200m
Queen Elizabeth II Cup (G1)

スポンサーリンク

2020年・エリザベス女王杯の動画

関連記事

昨年のエリザベス女王杯はラッキーライラックが制していた。

エリザベス女王杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のエリザベス女王杯の着順は1着:ラッキーライラック、2着:クロコスミア、3着:ラヴズオンリーユーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・エリザベス女王杯の結果

スポンサーリンク

1着:ラッキーライラック
2着:サラキア(クビ)
3着:ラヴズオンリーユー(クビ)
4着:ウインマリリン(1-3/4馬身)
5着:センテリュオ(3/4馬身)
6着:ソフトフルート
7着:リアアメリア
8着:シャドウディーヴァ
9着:サムシングジャスト
10着:ミスニューヨーク
11着:サトノガーネット
12着:リュヌルージュ
13着:ウラヌスチャーム
14着:ウインマイティー
15着:ロサグラウカ
16着:ノームコア
17着:エスポワール
18着:カーロバンビーナ

勝ちタイム:2.10.3
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・ジャパンカップをにぎわす馬は?
ジャパンカップは2020年11月29日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2020年で第40回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はスワーヴリチャードが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

エリザベス女王杯2020 ラッキーライラック

1着 ラッキーライラック(C.ルメール騎手)
「強い馬です。今回は勝つ自信がありました。18番枠は結構きついと思っていましたが、馬が冷静に走ってくれたので、最後はいつものいい脚を使ってくれました。大外枠だったので、すぐ(コースロスを)カバーしようとトライして、スムーズなレースができました。3コーナーで大外からポジションを上げてきた馬がいましたが、僕もうまく位置を上げて行くことができた。(直線は)早めに先頭に立ちましたが、彼女は強いから、最後まで頑張ってくれました」

2着 サラキア(北村友一騎手)
「この距離でもかかることなく、有力馬の後ろでリラックスして運べました。勝負どころで勝ち馬が動いたのは見えていましたが、まだ早いと思って我慢しました。ラストはいい脚で来てくれましたが、この馬の特性を考えて乗ったレースなので悔いはないです」

3着 ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手)
「頑張ったけど、3コーナーをもう少しスムーズにいきたかった。クリストフ(ルメール騎手)が先に動いた時は、いい感じだと思ったんだけど…」

4着 ウインマリリン(横山武史騎手)
「テンションが高く、不安もありましたが、内にこだわったのが良かったのかもしれません。この馬の力は見せられました」

5着 センテリュオ(戸崎圭太騎手)
「ゲートは出たけど、その後が…。後ろからでもラストはスムーズに伸びてくれた。ポジションの差が出た感じ」

6着 ソフトフルート(福永祐一騎手)
「スタートが良く、楽にいい位置が取れて、リズムよく進められた。直線もスペースをみつけて伸びているけど、じりじりという感じだった」

7着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「とてもスムーズに、いい走りをしてくれました。全力で走り切ってくれましたし、来年に向けてのいい経験になれば」

8着 シャドウディーヴァ(内田博幸騎手)
「強い相手によく頑張っている。どうかと言われていた右回りも大丈夫だった」

9着 サムシングジャスト(松山弘平騎手)
「前半はいい位置で流れに乗れましたが、3コーナーでごちゃついて、窮屈になってしまいました」

10着 ミスニューヨーク(加藤祥太騎手)
「高速馬場と外枠が心配でしたが、いいポジションで運べました。最後は切れ負けしました」

11着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「上位3頭を見ながら運んで、しっかり脚を使って最後まで頑張ってくれました」

12着 リュヌルージュ(団野大成騎手)
「ゲートで遅れて、思っていたのと違う形のレースになりました。3コーナー手前からついていけなくなりましたが、長く脚を使っています」

13着 ウラヌスチャーム(斎藤新騎手)
「特性を考えて、あの位置から。この馬のレースはできたと思います」

14着 ウインマイティー(和田竜二騎手)
「ゲートを出ていいところを取れたが、外から来られた時に反応がなかった」

15着 ロサグラウカ(幸英明騎手)
「前で競馬するつもりだったのが、(ゲートを)うまく出せませんでした」

16着 ノームコア(横山典弘騎手)
「ハナに行くのは、この馬の武器だと思っていた。初めてのコースの割に、最初のコーナーまではゆっくり入れたけど、そこから気負ったのが…。休み明けのぶんもあったかな」

17着 エスポワール(武豊騎手)
「思い通りのポジションで、思い通りのレースはできたんだけど…。ペースが上がった時につらくなった」

勝ち馬プロフィール

エリザベス女王杯2020 ラッキーライラック

ラッキーライラック(Lucky Lilac)牝5/栗毛 松永 幹夫(栗東)
父:オルフェーヴル 母:ライラックスアンドレース 母父:Flower Alley
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)

関連記事
ラッキーライラックは今年の大阪杯以来のG1制覇となり、通算G1・4勝目となった。
大阪杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の大阪杯の着順は1着:ラッキーライラック、2着:クロノジェネシス、3着:ダノンキングリーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。