【JBCレディスクラシック2018】結果・動画/アンジュデジールが追い比べを制しダート女王に輝く

JBCレディスクラシック 2018 アンジュデジール

JBCレディスクラシック2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アンジュデジール、2着:ラビットラン、3着:ファッショニスタとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

昨年5着の雪辱果たす!2018年のJBCレディスクラシックはアンジュデジールが追い比べを制しダート女王に輝く

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | 16:25発走
第8回 JBCレディスクラシック(Jpn1)ダート・右 1800m
JBC Ladies’ Classic (Jpn1)

動画

関連記事

結果

1着:アンジュデジール
2着:ラビットラン(アタマ)
3着:ファッショニスタ(1/2馬身)
4着:クイーンマンボ(1/2馬身)
5着:アンデスクイーン(2-1/2馬身)
6着:ビスカリア
7着:フォンターナリーリ
8着:アイアンテーラー
9着:ジュエルクイーン
10着:プリンシアコメータ
11着:ブランシェクール
12着:サルサディオーネ
13着:リエノテソーロ
14着:ラインハート
15着:ディアマルコ
16着:カワキタエンカ

勝ちタイム:1.50.4
優勝騎手:横山 典弘
馬場:良

レース後のコメント

JBCレディスクラシック 2018 アンジュデジール2

1着 アンジュデジール(横山典弘騎手)
「行く馬が何頭かいて、離されないようにと考えていた。一番いいところに入れた。関東のジョッキーもここにいるぞー!」

2着 ラビットラン(M.デムーロ騎手)
「惜しかったですね。昨日(京王杯2歳Sのアウィルアウェイ)も今日も(僅差の)2着。でも、すごく頑張ってくれたし、いい競馬はしている」

3着 ファッショニスタ(大野拓弥騎手)
「思っていたより位置が後ろになりましたが、4コーナーの感触がよかったですからね。このメンバーで差のない競馬。力を見せてくれましたね」

4着 クイーンマンボ(C.ルメール騎手)
「状態は完璧でしたし、いい感じで運べた。ただ、前の馬が止まらなかった。仕方ないですね」

5着 アンデスクイーン(松若風馬騎手)
「ペースが流れた分いつもより位置が後ろになりましたが、馬のリズムで運びました。3~4コーナー、外を回りながらも最後までしっかりと伸びました」

6着 ビスカリア(森泰斗騎手)
「終いにかける競馬で、良い脚を使いました。3~4コーナーで前がゴチャゴチャして、外を回すことになって、そこを上手く立ち回れていれば、上位もあったかもしれません」

7着 フォンターナリーリ(C.デムーロ騎手)
「スタートは出たのですが、周りを強い馬に囲まれて、厳しいレースになってしまいました」

8着 アイアンテーラー(浜中俊騎手)
「内枠だったので行こうと思いましたが、同型馬がいました。行く馬の宿命です。これを良い経験にしたいと思います」

10着 プリンシアコメータ(武豊騎手)
「ゲート入りが悪かったです。気難しい所があります。4コーナーで狭い所に入って、急に減速してしまいました。難しいですね。すんなりだったら走ると思うのですが...」

16着 カワキタエンカ(池添謙一騎手)
「パワーのある馬だから、ダートが向くかと思っていました。2コーナーから向正面に入っていく時はハミが抜けたのですが、丸山騎手の馬に来られてからきつくなりました。芝の方が良いかと思います」

関連記事

勝ち馬プロフィール

アンジュデジール(Ange Desir)牝4/黒鹿毛 昆 貢(栗東)
父:ディープインパクト 母:ティックルピンク 母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:天使の欲望(仏)